このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

結婚式にふさわしいネクタイの選び方。NGの色・柄もあるので注意!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年12月 8日

男性は結婚式に出席する際、ネクタイを着用するが、色や柄のマナーがあることをご存じだろうか?結婚式にふさわしいネクタイの色や柄、そして絶対に避けるべき色や柄もあるのできちんと知っておきたい。今回は結婚式にふさわしいネクタイの色や柄選びのポイントを紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 結婚式にゲストとして出席するときのネクタイの色

結婚式に出席するとき、男性ゲストが気をつけておくべきことの一つにネクタイの色のマナーがある。フォーマルでありながら、華やかさも必要な結婚式にふさわしいネクタイの色と、結婚式ではNGとされている色について解説しよう。

結婚式のネクタイにふさわしい色

フォーマル感があって結婚式にふさわしいネクタイの色は、白やシルバー、シルバーグレーである。一昔前までは、結婚式のネクタイといえば白だったが、最近はシルバーやシルバーグレーが主流になっている。今では白のネクタイを選ぶのは、どちらかというと年配の人に多い傾向にある。若い世代の人たちには、淡いピンクやブルーなどのカラーネクタイがも人気がある。淡いピンクやブルーなどのカラーネクタイは、シルク素材などの光沢感のあるパステルカラーを選べば、華やかで高級感フォーマル感も出るのでより結婚式にふさわしくなる。

結婚式のネクタイにNGな色

結婚式に黒のネクタイはふさわしくない。黒のネクタイは弔事用であり、喪服を連想させてしまうので、結婚式に着用するのは絶対に避けるべきである。たとえ柄が入っているとしても、ベースが黒のネクタイは結婚式にふさわしくないので気をつけよう。また、結婚式では新郎新婦より目立つ服装はNGであり、派手な色のネクタイは避ける必要がある。

2. 結婚式にゲストとして出席するときのネクタイの柄

結婚式にゲストとして出席するときに着用するネクタイは、無地でなくてもよい。ただし柄のネクタイを選ぶ場合は、結婚式にふさわしいものにしよう。また、結婚式ではNGな柄もあるので気をつけておきたい。ネクタイの柄選びのポイントを以下に紹介する。

結婚式のネクタイにふさわしい柄

結婚式に柄のネクタイをする場合は、小さなドットや小紋柄、ストライプなど、定番の柄で派手すぎないものを選ぼう。ドットや小紋柄は、大きな柄だとカジュアルな印象になってしまうため、小さな柄を選んだ方が無難だろう。

また、ストライプはビジネス感が強いの印象にが強いものもあるので、同系色のストライプで光沢感があるものを選ぶとよい。光沢感のあるネクタイはフォーマル感があって結婚式にとても向いている。チェック柄はカジュアルな印象があるので、ホテルなどの格式が高い結婚式には不向きだが、同じく光沢感があるものを選べば高級感が出てレストランウェディングや二次会で着用してもよいだろう。

結婚式のネクタイにNGな柄

柄によっては結婚式にふさわしくないネクタイの柄もあるので注意してほしい。アニマル柄は殺生をイメージさせるため、結婚式にはふさわしくない。また、派手すぎる柄は新郎新婦より目立ってしまったり、下品な印象を与えかねないので避けておくべきだ。フォーマルな場にふさわしい上品で控えめな柄を選ぶようにしよう。

3. 結婚式の二次会はネクタイ無しでも大丈夫?

会場にもよるが、結婚式の二次会は披露宴よりもカジュアル寄りでゲストの服装も自由度が高くなる。招待状には「平服でお越しください」と書かれていることも多いので、かえって服装に悩むものだが、会場の雰囲気に合わせた服装であれば問題ないだろう。

二次会がホテルや高級レストランで行おこなわれる場合は、会場の雰囲気にふさわしいフォーマルなスーツやネクタイを選ぶといよい。披露宴結婚式に出席した人は、ネクタイやチーフだけ華やかな色に変えたり、また少し遊び心のある柄に変えるのもいいだろう。

レストランやダイニングバーが会場なら、スーツにネクタイ着用が基本だが、堅苦しくない雰囲気なので、ネクタイ選びの色やデザインの選択肢は広がる。また、居酒屋などカジュアルな会場であれば、ネクタイ無しでもOKだろう。ただし、ネクタイ無しの場合はジャケットに襟付きのシャツを着用するなどしてし、カジュアルになりすぎないように気をつけよう。

結婚式の二次会は、披露宴のようなかしこまった雰囲気はなくより自由度が高く、特別なマナーもないので、かえって服装やネクタイ選び、ネクタイの有無に迷うだろう。しかし、二次会といってもあくまでもフォーマルシーンに合うスタイルであることが基本だ。自分だけフォーマルすぎて浮くのも困るが、カジュアルすぎて浮くのはもっと避けたい。ネクタイ無しのファッションで出席するとしても、念のためネクタイを用意しておくと安心だだろう。

結論

結婚式に着用するネクタイのマナーを知らないとければ、自分が恥をかくだけでなく、新郎新婦や親族に対しても失礼である。今回紹介したネクタイ選びのポイントを参考に会場にふさわしいネクタイを選んでほしい。また、シルバーのネクタイはフォーマルにもカジュアルスタイルにも活躍する万能型なので1本持っておくとよいだろう。ビジネス用のネクタイは結婚式にふさわしくないため、フォーマルで華やかさがあるネクタイを用意しておくと安心だ。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ