このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ビジネスマンが心掛けたい腕時計のマナー!スマホがNGの訳は?

ビジネスマンが心掛けたい腕時計のマナー!スマホがNGの訳は?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年12月22日

ビジネスマンがビジネスマナーを守りながら仕事をすることは基本である。ビジネスシーンでは時間を確認することが非常に多いので腕時計は必須のアイテムだが、腕時計にも注意点やビジネスマナーがある。これを守らないと、取引先に不快感を与えたり、失礼と判断されてしまう場合もある。ここで腕時計についての注意点やビジネスマナーを紹介していこう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ビジネスマンがデジタル腕時計やスマホを選んではいけない理由

まずはビジネスマンが時計を選ぶ際に注意して欲しいことを紹介しよう。腕時計には大きく分けてアナログとデジタルがある。アナログ時計は針と文字盤の数字で時間を知らせ、デジタル時計は数字で時間を知らせてくれる。アナログとデジタルでは見た目が大きく異なるが、ビジネスマンはデジタル時計をチョイスしないようにしよう。理由としてデジタル腕時計はアナログ時計よりもカジュアルな印象を相手に与える可能性があるからだ。ビジネスマンが仕事で使う腕時計としては、デジタル時計はマッチしないと考えられる。

一方、ビジネスマンの中にはスマートフォンの時計機能で時間が確認できるといった理由で、仕事で腕時計を身に着ける必要はないと考える人がいる。しかし、ビジネスマンが仕事で打ち合わせ中にポケットに手を突っ込んでスマートフォンを取り出し、時間を確認することはあまりスマートではない。相手によっては、ビジネスマナーのなっていない失礼な動作だと判断されてしまう可能性もある。よっぽどの理由がない限り、ビジネスマンはアナログ腕時計を身に着けるのが無難だろう。

2. ビジネスマンにふさわしいアナログ腕時計の種類やベルト、値段は?

時計店に行くと色々なカラーやデザインのアナログ時計があり、購入する際に迷う事がある。ここではビジネスマン向けのアナログ時計の選び方を紹介しよう。ビジネスマンにふさわしいアナログ腕時計として、白無地盤の3針タイプのものがおすすめだ。また、アナログ腕時計にはメタルベルトと革ベルトがあるが、ビジネスマンにふさわしいベルトは黒の革ベルトである。このように、シンプルなアナログ時計がビジネスマンにふさわしい。

アナログ時計を購入する際は値段も重要である。ビジネスマンにふさわしいアナログ時計の値段について、年代別に目安があるので紹介しよう。

  • 20代は50,000円以内
  • 30代は100,000円以内
  • 40代からは100,000円以上
ビジネスマンのアナログ時計はこの価格帯を意識して選ぶことが望ましい。ビジネスマンであれば腕時計の値段も気にするようにしよう。

3. ビジネスマンのアナログ腕時計は機械式かクオーツか

アナログ腕時計は、構造の違いからクオーツと機械式の2種類に分かれるので選ぶ際に注意しておきたい。それぞれのアナログ時計にメリットとデメリットがあるので紹介する。

クオーツのメリット・デメリット

メリット・・・精度が高い、リーズナブル
デメリット・・・寿命が比較的短い

機械式のメリット・デメリット

メリット・・・機械部品を交換すれば故障しても長く使える
デメリット・・・クオーツと比較して精度が低い、高価アナログ腕時計を選ぶ際はこのようなメリットとデメリットを考えて、クオーツにするか、機械式にするか決めて欲しい。

結論

時間はスマートフォンで確認するので腕時計はいらないという考えは、最近では一般的になりつつある。しかし、そうは思わない人も一定数いることを考えると、ビジネスマナーとして無難ではない。腕時計を選ぶ際は、できるだけアナログのもので、白無地盤・3針・黒革ベルトの条件を意識するようにしよう。アナログ時計を選ぶ際も、機械式とクオーツのデメリットとメリットをしっかり理解した上で選んで欲しい。仕事に使う腕時計は年齢に合わせてアップグレードすることもおすすめする。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >