このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ペットボトルを再利用する方法と注意点。お米入れやパスタ入れにも?

ペットボトルを再利用する方法と注意点。お米入れやパスタ入れにも?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年12月 8日

ペットボトルを捨てずに、再利用することを考える人もいるだろう。しかし、実際はアイデアが思い浮かばず捨ててしまうことも多い。また、一度口をつけたものになるため、菌が繁殖している可能性もある。そこで今回はペットボトルに菌は発生するかを解説し、キレイにする洗い方や再利用のアイデアもあわせて紹介していこう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ペットボトルに菌は発生するのか?

ペットボトルに入った飲み物を、一度で飲みきらない人も多い。ここで気になるのは、一度口をつけたペットボトルに菌は発生しないかということだ。また、暑い時期になると飲み物を持ち歩くことが多くなると予想され、清潔かどうかもわからない。

実は、口をつけたペットボトルには、口の中の細菌が中身に移る。口をつけてから時間が経過するほど細菌の数は増加し、数十倍にもなっていく。細菌が繁殖しやすい温度は30度前後であるため、特に夏場は注意が必要だ。菌が発生したペットボトルを使い続けていると、食中毒の危険があり、腹痛や下痢が起こる可能性もある。

菌の繁殖に対してとれる防止策は「ペットボトルに口をつけない」ことも有効だ。ペットボトルの飲み物を飲むとき、すぐに飲みきれない場合はコップに移すようにする。そうすれば、口の中にある細菌がペットボトルに入るのを防ぐことができる。そして、飲み残しがある場合は冷蔵庫で保管し、できるだけ早めに飲みきるようにしよう。

2. ペットボトルを再利用するための洗い方

一度使用したペットボトルを水筒代わりにして再利用する人もいるだろう。しかし、口をつけてしまったペットボトルの場合、細菌が繁殖し、衛生的状態が悪い。ここからは、清潔な状態を保つためにペットボトルの洗い方を紹介していこう。

内部をキレイに洗う

ペットボトルをキレイにするうえで、難しいのはボトルの内部を洗い方である。ペットボトルの内部を洗うための専用アイテムも販売されており、そういったものを活用することで簡単にキレイにできる。洗い方はペットボトルの中に、水と一緒に入れて振るだけだ。手軽に使え、ペットボトルの中をキレイにすることができるので、ペットボトルを水筒代わりにする人はぜひ実践してみよう。

3. ペットボトルの再利用アイデア

ペットボトルは便利なアイテムなので、捨てずに再利用しよう!しかし、どのように再利用すればよいのだろうか。ここからは、ペットボトルを再利用するアイデアについて紹介していこう。

お米入れ

ペットボトルにお米を入れ、蓋を閉め置いておけるため、虫が発生しにくい環境で保存できる。使用する分を取り出しやすく、使い勝手もよくなるので、おすすめのアイデアといえる。

パスタ入れ

パスタの保存容器として、ペットボトルを再利用する方法もおすすめのアイデアだ。お米入れと同様に、蓋を閉めておけるので保存容器として便利である。パスタを取り出す際に、ペットボトルの口から出た量はおよそ1人分になるため、計量する手間も省け、使い勝手も抜群である。

結論

現代では、ペットボトルは身近なものであり、多くの人が日々利用するものである。一度口をつけたペットボトルをそのまま使い続けると、口の中に潜む細菌が移り、場合によっては食中毒を引き起こす原因になるため注意が必要だ。水筒代わりにペットボトルを使う際は、内部を洗える専用のグッズが販売されているため、きちんと洗ってキレイにすることを心がけよう。また、ペットボトルは家の中で活用できるアイテムにも再利用できる。ちょっとしたアイデアでエコにもなるため、自分なりの使い方を探してみよう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >