このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ネジが取れないときの対処法!ネジ穴がつぶれたときにはどうする?

ネジが取れないときの対処法!ネジ穴がつぶれたときにはどうする?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年12月 9日

家具の組み立てをするときに、うっかりネジ頭の溝をつぶして回せなくなってしまった経験はないだろうか。ネジ頭は思っている以上にやわらかいので、焦ってやればやるほどネジ穴がつぶれて、外すのに苦労することになる。そこで今回は、ネジ穴がつぶれて取れないときに知っていると役立つ対処法を解説する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ネジ穴のつぶれが軽度なら輪ゴムや滑り止め液を使う

ネジを回すときに軸がぶれてしまったり、サイズの合わないドライバーを使ったりすると、ネジ穴がつぶれて取り外せなくなることがある。とくにプラスネジの十字穴はつぶれやすいので、苦労した経験がある人も多いのではないだろうか。

「ネジ穴がつぶれそう」と感じたら、無理に回そうとせずいったん作業を中断しよう。ネジ穴が完全につぶれる前の軽度の段階なら、家にあるものでお金をかけずに解決できるかもしれない。

ネジ穴に輪ゴムを当ててドライバーで回す

最も簡単で手軽に試せる方法として、ネジ穴の上に輪ゴムを当てて、その上からドライバーを差し込んで回すという方法がある。ネジとドライバーの間に輪ゴムを挟むことで摩擦を大きくすることができるので、軽いものならこの方法で外せるだろう。輪ゴムは幅広のタイプを使用し、力を入れてゆっくりと回すのがコツだ。

ネジ穴に滑り止め液を垂らす

ネジ穴のつぶれが軽度の場合は、ネジ穴に垂らして使う専用の滑り止め液も役に立つだろう。ネジ穴に1、2滴の滑り止め液を垂らすだけで、とがった粒子がネジとドライバーの摩擦を高めてくれる。

ネジ穴がつぶれたとき以外にも、ドライバーのサイズが合わないときの応急対策や、固い材質のネジを締めるときなどにも使えるので、DIYをする機会が多い人はひとつ持っていると重宝するだろう。

2. ネジ頭がつかめる場合はペンチを使って回す

ネジ穴がつぶれてドライバーで回せなくなったとしても、ネジ頭がつかめるくらいとび出している状態ならペンチやプライヤーなどの工具を使って回すことができる。

ネジを回すためのペンチを使う

通常のペンチやプライヤーは横方向に溝が入っているのに対し、ネジを回すためのペンチは縦方向に溝が入っている。そのためつぶれたネジでもしっかりとつかんで回すことができるのだ。古くなってさびたネジを取り外すときなどにも使える便利なツールである。

ただし、垂直に挟む必要があるため、ネジ頭の周りにスペースがないとペンチが滑ってつかめないこともあるだろう。その場合は次で紹介するネジ穴を復活させる方法を試してみよう。

なぜネジ穴はつぶれるのか

ネジ穴がつぶれてしまう原因のひとつが「カムアウト」という現象である。ネジを回すときにドライバーの先端が浮き上がってネジの外に逃げてしまうのだ。プラスネジの場合はとくに、先端に向かって形状が細くなっているためカムアウトが起こりやすく、気を付けていてもネジ穴がつぶれやすい。これを防ぐためには、
  • 回す力30%に対し70%の力で押しながら回す
  • 軸がぶれないように垂直にドライバーを差し込む
  • ネジ穴に合ったサイズのドライバーを使う
などの点に注意してネジを回すようにしよう。

3. ネジ穴が完全につぶれたときはネジ穴を復活させる

ネジ穴が完全につぶれ、ペンチでネジ頭をつかむのも難しい状態なら、ネジ取り専用の工具を使って新しいネジ穴を復活させよう。ネジ取り用のビットを電動ドライバーに取り付けて使う方法や、インパクトドライバーを使う方法などがある。

電動ドライバーにネジ取り用のビットを取り付けてネジ穴を復活させる

電動ドライバーを持っている人にはネジ取り用のビットがおすすめだ。ネジ頭にドリルで下穴をあけてネジ穴を復活させ、ビットを付け替えて逆回転でネジを回して抜き取るという方法である。ドリルで穴があく素材のネジであれば使用可能だ。

ネジ取り用インパクトドライバーをハンマーで叩いてネジ穴を復活させる

電動ドライバーを持っていない人には、ハンマーで叩いて回すタイプのインパクトドライバーがおすすめだ。まずネジ穴にビットを当て、ドライバーの後端をハンマーで叩いて新しい溝をつくる。ビットを付け替えて溝にくい込ませた状態でもう一度ハンマーで叩くと、ネジが回転してゆるむという仕組みだ。

結論

今回はネジが取れないときの対処法について解説した。ネジのつぶれが軽度の場合は輪ゴムや滑り止め液で対処できる場合もあるが、完全にネジ穴をつぶしてしまったときには専用のペンチやドライバーなどが必要になるだろう。外せなくてあきらめていたネジがあったらぜひ試してみてほしい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ