このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

寝室のインテリアは照明から!寝室をもっとおしゃれに居心地よく

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年12月11日

寝室の雰囲気をもっと素敵に居心地よくしたいと考えているのであれば、照明器具を変えてみることをおすすめする。家具などを変える以上に、大きく環境を変えることができるだろう。しかしどのような照明器具をどの程度取り入れればいいのか、迷うところかもしれない。しかも照明器具を変えるとなると、賃貸物件では無理なのではないかと諦めてしまう人もいるだろう。そこで今回は、寝室の照明器具の取り入れ方のポイントや、賃貸物件でも安心で手軽に取り入れられるおすすめの照明器具などを紹介していく。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 寝室を照明でおしゃれに!ポイントは「一室多灯」

寝室をおしゃれに居心地よくしたいと思っても、なかなか上手くいかないと思っていないだろうか。実は部屋の雰囲気を変えるには、家具やファブリックなどのインテリアを変えるだけでなく、照明器具について考えることも大切である。寝室を素敵な雰囲気に彩る照明のポイントは、「一室多灯」である。

近年の日本の家屋において一般的な照明は、シーリングライトで部屋全体を明るく照らすものが多いだろう。部屋の隅々まで明るいので、何か行動をする時には便利だが、煌々と明るいシーリングライトは寝室には実は向いていないといわれている。そこでシーリングライト1つで部屋を照らすのではなく、一室多灯、つまりいくつかの灯りで部屋を照らす方法を試してみるのはいかがだろうか。

元々一室多灯は、瞳の色が薄い欧米人が明るい照明を眩しく感じるために生まれた機能的なカルチャーで、夜でも部屋が少し薄暗いくらいの明るさになるよう、間接照明などいくつかの照明を組み合わせるというスタイルである。シーリングライトで均一にすべてを照らすとのっぺりとしてしまう部屋も、いくつかの照明を組み合わせることにより、陰影が出てインテリアや部屋に立体感がうまれ、独特の雰囲気も醸し出してくれる。これが部屋をおしゃれで洗練された空間にし、リラックスできる温かさも生み出す。

一室多灯は寝室をおしゃれな空間にするだけでなく、眠りを促すためにぴったりの照明だ。というのも部屋の照明はすべての部屋、すべての時間で同じにするのではなく、何をする部屋なのか、あるいは時間帯によって変えることが本来は必要だといわれている。太陽の光が昼から夜にかけて沈み柔らかくなっていくように、家の照明も活動的な日中の強く明るい光から、段々とリラックスしくつろぐための夕日のような光に変えていくと心も体も自然と落ち着き、安心して眠りにつくことができるだろう。

2. 賃貸物件でも大丈夫!おすすめの寝室の照明器具と取り替え方

寝室の照明器具を一室多灯にすると、部屋の雰囲気がグッと洗練され癒される空間になる。しかし照明器具を変えるのは持ち家ならば好きなようにできるが、賃貸物件に住んでいる場合はそう簡単にはいかないかもしれない。最初からシーリングライトが部屋に取り付けられているケースも多いだろう。

賃貸でも簡単に取り入れられる一室多灯にできる照明器具は、スタンドタイプや床置きなどのものがある。ベッドのサイドテーブルにスタンドランプやアーティスティックな間接照明を置くだけで部屋の雰囲気が大きく変わるだろう。しかし天井に大きなシーリングライトが付いたままでは、せっかくの雰囲気が台無しになってしまうかもしれない。

そこで、可能であれば賃貸物件でもシーシリングライトを外して、その代わりにおしゃれなペンダントライトなどで差し替えてみることをおすすめする。シンプルなものからアーティスティックなものまでペンダントライトはさまざまな種類があるので、ぜひシーリングライトから素敵なペンダントライトに変えて、スタンドライトや間接照明などの一室多灯のコンビネーションを楽しんでみよう。

シーリングライトを変える際に注意するポイントは、天井に照明器具の取り付け口が設置されている場合、主な種類はシーリングタイプとローゼットタイプの2種類となっていることが多い。2つの特徴は以下となるので、取り付け口の種類を確認してから、照明器具を選ぶようにしよう。
  • シーリングタイプ:3kgくらいまでの照明器具を取り付けられる。
  • ローゼットタイプ:重めの照明器具を固定するためのネジがある。3〜7kgくらいまでの照明器具を取り付けられる。
おしゃれなペンダントライトなどは重たい場合もあるので、自宅の寝室の取り付け口をよく確認してみよう。なお7kgを超える重さの照明器具は電気屋さんなどに頼み天井に直接取り付ける必要があるため、賃貸物件には向かない可能性が高い。

3. 照明器具の宝庫ニトリで探す、寝室にぴったりの照明器具

家具や収納などの日用品の種類が豊富でリーズナブルな価格なニトリは、照明器具の種類も多い。中でも寝室におすすめのタイプの人気照明器具を紹介する。

ニトリのスポットライト

ニトリのシーリングライトには、スポットライトタイプのものがある。取り付けは簡単でシーリングタイプでもローゼットタイプのものでも差し込むだけだ。スポットライトはダクトレールがないと取り付けられないと思われがちだが、こちらは取り付け口に差し込むだけで手軽である。また、2〜4つのスポットライトがバーに並んで設置してあり、1つ1つが可動式なので思い思いの方向に灯を向けられる。値段は1万円前後のものが中心だ。

ニトリのペンダントライト

シンプルなデザインのものが多い印象のあるニトリであるが、ペンダントライトのデザインは実にさまざまだ。電球の灯りがそのまま見えるメタリックなフレームタイプ、北欧調デザインはスタイリッシュでモダンな寝室にぴったりだ。紙や麻を用いた球形のペンダントライトは、和風の温かみのある雰囲気を部屋に加えられるだろう。寝室の雰囲気に合わせてペンダントライトを選んでみよう。普段は取り入れないようなアーティスティックな遊び心のあるデザインでも、ライティングであれば家具やファブリックよりも手軽に取り入れられるだろう。値段は500円代〜3万円以上するものまで幅広い。

ニトリのフロアスタンドライト

寝室にぜひ置いて欲しいのがニトリのフロアスタンドライトである。自立式のスタイリッシュなスタンドライトは、一室多灯にする際の1つの照明器具として便利だ。賃貸物件だとしてもシーリングの取り付け口を気にする必要もなく、ベッドサイドにほっそりと収まり場所も取らない。値段もシーリングライトやペンダントライトに比べて手頃なものが中心で、3千円〜5千円程度のものが多い。

結論

日本では照明器具からインテリアを考えることはまだまだ馴染みが少ないかもしれない。すべての部屋が同じようなシーリングライト1つで均一の明るさになっている家も多いだろう。しかし1日の疲れを癒し心身ともにリラックスしたい場所である寝室だけでも照明器具にこだわってみよう。よりおしゃれにより居心地のよい寝室が、意外と手軽に取り入れられる。賃貸物件だとしても照明を選べば心配ないので、ぜひいつものシーリングライト1つから、一室多灯の照明文化を取り入れてみよう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ