このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
リビングでテレビを快適に見られる?配線を片付けすっきりさせよう

リビングでテレビを快適に見られる?配線を片付けすっきりさせよう

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年12月 8日

リビングに置いた座り心地のよいソファに座って、時にはゆっくり映画でも見たいと思っても、テレビの配置が悪く、更にテレビ周辺が乱雑になっていては、ゆったりとした気分に浸れないであろう。そんな時「あともう少しなんとかなればなあ」と漠然と感じることはないだろうか。そこで今回は、リビングのテレビの配置を決める際の注意点と、テレビ周辺の配線をすっきりさせる方法について紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 意外と難しいリビングのテレビ配置

リビングに家具や家電を配置しようとした時、最も頭を悩ますのがテレビの配置ではないだろうか。たとえば、窓の多いリビングは理想ではあるが、あまりに窓が多すぎて、テレビの後ろに窓があるようでは、日中の陽が入る時間帯は光が反射してテレビが見づらい。

テレビと壁面のテレビジャックが離れていると、配線がリビングのフローリングの隅に沿って延長されることになり生活感がにじみ出る。もちろん掃除の際も邪魔になり、ホコリも溜まりやすい。

更に、ソファでテレビを見る配置の場合、テレビとソファの間を家族が頻繁に通るようでは落ち着かないので、人の通り道を避けるよう配置する必要がある。かといってソファとテレビの位置を近付けると今度はテレビが見にくくなる。ちなみに、テレビと目までの最適距離は、テレビの画面サイズの3倍で、それだけの距離があれば目が疲れにくいといわれている。

このようにリビングの家具や家電の配置を考えようとした時、頭を悩ますのがテレビの位置である。つまり、リビングの家具や家電の配置を考える際には、上記のことに注意して、まず、テレビの配置を決めるとよいだろう。

2. リビングのテレビ裏の配線をスッキリさせるコツ

リビングのテレビ周辺、特にテレビ裏の配線はとかく乱雑になりがちだ。テレビの電源線から、アンテナ線、ビデオがつないであればビデオ線、ゲームをするならゲーム用の配線、ケーブルテレビをつないでいればケーブルテレビ用の配線など数本では収まらないほどのおびただしい数の配線が絡まり合う。特にリビングは家族が集まる場所であり、それぞれの欲求を満たす必要があるため、リビングのテレビ裏の配線はとかく数が多くなりがちだ。

100均のワイヤーネットを利用する方法

リビングのテレビ裏の配線をすっきりさせるのに、おすすめの方法は、100均のワイヤーネットを利用してテレビの裏に配線をまとめ、固定する方法だ。固定する場所は、テレビをのせたテレビ台の裏でも、テレビ本体の裏でもよい。まとめ方は簡単だ。まずは100均のワイヤーネットを、粘着フックなどを利用しテレビかテレビ台の裏にしっかりと固定する。その後、それぞれの配線を100均のマジックテープでまとめる。更にワイヤーネットに沿わせてマジックテープを使って固定すれば完成だ。ワイヤーネットを使うことで、長短いろいろな長さの配線が床の上に放置されている状態に比べ格段にすっきりするだろう。近くに掃除用のハンディーモップを用意しておけば、ホコリの溜まりやすい電源周辺が安全に使用できるようにもなるだろう。

3. リビングのテレビ裏にコードを収納した際の注意点

テレビ裏にワイヤーネットを使いコードを収納した際に注意することは、きつく巻き過ぎたり、強く縛ったりしないことである。配線のコードの中にある芯線は無理な負荷がかかると断線しやすい。あくまでも、バラバラの配線同士を絡まらない程度まとめるといい。コンパクトにしたいからといって、決してきつく巻いた収納をしないことをおすすめする。ワイヤーネットを使った収納方法は、ケースに配線を押し込んで収納する場合に比べ配線に負荷がかかりにくく、熱もこもりにくい。そのうえ、配線の状態を目で確認しやすいので安全面でも、おすすめだ。なお、電源タップを利用している場合は電源タップもワイヤーネットに固定し、それぞれのコンセント部分にラベルを付けておくと抜き差しの際分かりやすい。但し、電源タップを使用する際、コンセント1か所当たりのワット数は決まっているので、その上限を超えないように注意しよう。

結論

リビングのテレビの配置とテレビ周辺の配線をすっきりさせる方法について紹介した。テレビの配置はゆっくりくつろぐ時間を持つためには重要なポイントだ。更に、テレビ裏の配線は片付いていないと気になるものだ。リビングのテレビをゲーム場所としている家庭では、子どもが小学校高学年にもなれば、勝手に配線し、気づくと乱雑さがさらに悪化している場合もあるだろう。そのような場合は、今回紹介した内容を参考に、安全面にも配慮しながらテレビ周辺のすっきり配線に挑戦して、リビングで快適にテレビを見て欲しい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ