このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
結婚式でネクタイ無しは基本的にマナー違反。許されるのはどんな時?

結婚式でネクタイ無しは基本的にマナー違反。許されるのはどんな時?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年12月16日

男性は結婚式に出席する時、新郎新婦とどのような関係であってもネクタイをしていくのがマナーだ。しかし、結婚式の雰囲気によっては、ネクタイ無しでも許されるケースもある。ノーネクタイが許されるケースについて紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 結婚式ではネクタイを着用するのがマナー

結婚式の服装にはマナーがあるのをご存じだろうか。結婚式へ招待されたら、新郎新婦に失礼にならないよう、マナーを守った服装で出席してほしい。

男性のゲストの場合、ネクタイを着用するのがマナーである。昔は結婚式のネクタイといえば白が定番だったが、最近はシルバーやシルバーグレーが主流だ。ネクタイの色に関してはマナーも変わってきていて、明るいパステルカラーのネクタイもマナーで許容されている。どちらかというと白のネクタイは年配の人に多く、若い人には淡いブルーやピンクなど、派手ではないが華やかさがあるパステルカラーが人気だ。

ネクタイの色を選ぶ時は、新郎新婦との関係や、式場の雰囲気を考慮するとよいだろう。たとえば親族であれば白やシルバーなど、フォーマル感がある色がよい。新郎新婦の上司であれば、シルバーやシャンパンゴールド、友人や年齢が近い同僚なら明るい色のネクタイを選ぶのもよいだろう。カジュアルなレストランウェディングならネクタイの自由度も高いが、式場が格式の高いホテルなら、フォーマルなシルバーや白を選んだ方が無難だ。

一方で、結婚式のネクタイには、ふさわしくない色もある。黒のネクタイは葬儀を連想させるので、結婚式には着用しないのがマナーだ。そのほかにも、派手な色や柄、アニマル柄などは結婚式にはふさわしくない。また、結婚式はフォーマルな場なので、ネクタイ無しもNGである。おめでたい日にマナー違反をして新郎新婦や親族に不快な思いをさせないよう、結婚式にふさわしいネクタイを選ぼう。

2. 会社がクールビズでも夏の結婚式でネクタイ無しはNG

近頃は会社でもクールビズが実施され、夏にはジャケット無し、ネクタイ無し、半袖シャツのみの姿で仕事をしている人も多いだろう。真夏の結婚式に招待された時は、どこまでクールビズが許されるのか気になる人もいるのではないだろうか。

たとえ会社ではネクタイ無しが許される季節だとしても、結婚式はフォーマルな場である。ネクタイは必ず着用しなくてはマナー違反だ。また、結婚式ではジャケット無しもマナー違反になる。Yシャツは下着と同様とみなされるため、いくら暑くても、ジャケットを着用していないのは失礼にあたる。また、会社では半袖シャツを着ているかもしれないが、結婚式は真夏でも長袖シャツを着なくてはならない。

結婚式でクールビズは通用しないので、夏だからといってもネクタイ無しや、半袖シャツを着用するのはやめておこう。また、ジャケットを着用するから半袖シャツを着ていてもわからないだろうというのは間違いだ。ジャケットの袖からシャツのカフが少し見えるのが正しい着方となる。

ビジネスの場ではクールビズが採用されても、フォーマルな場では夏も冬も関係ない。たとえ真夏でも、結婚式に参列する時は長袖シャツにネクタイを締め、フォーマルな着こなしを崩さないようにしよう。

3. ネクタイ無しでもOK?友人のカジュアルな結婚式や二次会

これまで述べてきたように、結婚式にはネクタイをして参列するのがマナーである。しかし、結婚式にはさまざまなスタイルがあり、友人をメインに招待したカジュアルなパーティー形式の場合、ネクタイ無しでもよい場合がある。ドレスコードでカジュアルを指定されている場合は、ネクタイ無しでOKの可能性があるが、念のためほかの友人がどのような服装で出席するか確認しておいた方がよいだろう。

友人の結婚式の二次会では、招待状に「平服でお越しください」と書かれていることもある。平服といっても普段着のことではないので注意が必要だ。二次会の会場がホテルなど、格式が高い場所で行われる場合は、平服と書かれていてもダークカラーのスーツで出席するのがふさわしい。その場合、披露宴の時よりもシャツやネクタイの色を少し華やかにするくらいなら問題ない。

二次会がカジュアルな会場であれば、ネクタイ無しでも許される。その場合は、シャツの色やポケットチーフで華やかさを出すとよいだろう。ただし、胸元が開きすぎると下品な印象になるので、シャツのボタンは開けすぎないように注意が必要だ。たとえネクタイ無しにするとしても、ジャケットは着用してカジュアルになりすぎないようにしておこう。

結論

結婚式は基本的にネクタイ着用がマナーだが、結婚式のスタイルや二次会の会場によってはネクタイ無しでも許されることがある。二次会といってもカジュアルすぎる服装はふさわしくないので、TPOを意識して服装やネクタイの有無を決めるようにしよう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >