このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
結婚式のときカバンはどうするべき?男性向け持ち物のマナーを解説

結婚式のときカバンはどうするべき?男性向け持ち物のマナーを解説

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年12月21日

結婚式に出席するとき、カバンはどうするべきか困ったことはないだろうか?スーツだからといってビジネスバッグを持っていくのはマナー違反になるので、いざというときに慌てないようにここで確認しておこう。結婚式に持っていくべきカバンの中身なども解説するので参考にしてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 男性は結婚式でカバンを持たない?

結婚式の式場に大きなカバンを持って入るのはマナー違反とされている。そのため女性は小さめのパーティーバッグなどを持って会場に入り、男性は手ぶらで参列するのが一般的ではないだろうか。

しかし男性は手ぶらで入らなければいけないという決まりがあるわけではない。荷物が多くてスーツに入りきらないようなら、無理してスーツのポケットに詰め込まずカバンを持参しよう。ただしスーツに合わせるからといって、ビジネスバッグを持ち込むのは失礼にあたる。フォーマルなシーンにふさわしいカバンをひとつ用意しておくのがおすすめだ。

結婚式にはフォーマルな革製クラッチバッグがおすすめ

男性が結婚式場に持ち込むカバンとしておすすめなのがクラッチバッグだ。クラッチバッグとは持ち手やショルダーベルトなどが付いていないバッグのことである。だいたいA4サイズくらいまでのサイズの薄型のクラッチバッグで、革製の素材のものならフォーマルなシーンにもなじむだろう。

大きい荷物はクロークに預ける

遠方からの参列で宿泊する必要がある場合など、どうしても大きいバッグが必要な場合には、結婚式場のクロークで荷物を預かってもらうことができる。

2. 結婚式のときのカバンの中身は?

結婚式場に持ち込むカバンの中身はどのようなものを入れておけばいいだろうか。式当日に慌てることがないように確認しておこう。

招待状

結婚式の受付で招待状を提示する必要はないが、招待状には式場の住所や連絡先、開始時間などが書かれているので、万が一何かあったときに確認できるよう、カバンの中身に入れておこう。

ご祝儀

ご祝儀は新札で用意するのがマナーなので、銀行や郵便局があいている平日のうちに両替しておこう。ご祝儀は直にバッグから取り出すのはマナー違反とされている。赤やオレンジなどの暖色系の袱紗に包んだ状態でバッグに入れて持参しよう。

財布

分厚い財布ではクラッチバッグに入れたとき不格好になってしまうことも。薄くて小さめの財布をひとつ準備し、結婚式では最低限の中身だけを入れて持ちあるくとスマートだ。

スマートフォン

会場の場所を調べたり、人と連絡をとったりと、結婚式でも欠かせないスマートフォン。新郎新婦の晴れ姿や、久しぶりに再会した友人たちとの記念写真など、スマホで写真を撮る機会も多いだろう。途中で充電切れにならないように、念のためモバイルバッテリーも準備しておくと安心だ。

ハンカチ・ティッシュ

ハンカチとティッシュは最低限持っておくのがエチケットである。結婚式に持っていくハンカチはあまり派手すぎる柄ものや、カジュアルなタオルハンカチなどは避けたほうがよい。

3. 結婚式の二次会のカバンのマナー

最後に結婚式の二次会のみ招待された場合の、カバンや服装のマナーも確認しておこう。結婚式に比べるとカジュアルなイメージのある二次会だが、出席するときの服装はスーツが基本である。「平服で」といわれた場合でも、カジュアルな私服で参加していいというわけではないので注意してほしい。

二次会といっても結婚式と同じ建物で行う比較的フォーマルな二次会から、場所を変えてレストランや居酒屋などで行うカジュアルなものまでさまざまだ。結婚式場で行う二次会の場合は、結婚式に参列するときと同じようにブラックスーツで手ぶら、またはフォーマルなクラッチバッグなどがふさわしいだろう。大きいバッグはクロークに預けるのがよい。

居酒屋で行うカジュアルな二次会で平服指定の場合は、ビジネススーツやジャケパン(違う素材や色のジャケットとパンツを合わせるスタイル)でも問題ないだろう。カフェや居酒屋の場合、荷物を預かってもらえない可能性もあるので、最小限の荷物をポケットに入れて手ぶらで行くか、小さめのクラッチバッグを持っていくのがおすすめだ。どうしても荷物が大きくなってしまいそうなときは駅のコインロッカーを利用することも検討したほうがいいだろう。

結論

今回は結婚式に出席する男性向けのカバンのマナーをご紹介した。持ち物をすべてポケットの中に入れ手ぶらで参列するのが一般的だが、ポケットに荷物が入りきらないときにはフォーマルなクラッチバッグなどを持つのがふさわしいだろう。大きいバッグを持ち込むのはマナー違反になるので、結婚式場の場合はクロークに預け、二次会の場合はコインロッカーなどを利用しよう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ