このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
葬式でヒゲはマナー違反になることがある!?ポイントは清潔感

葬式でヒゲはマナー違反になることがある!?ポイントは清潔感

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年12月23日

ヒゲをファッションとして楽しんでいる人もいるだろう。しかし、葬式に参列することになったとき、ヒゲを生やしたままでも大丈夫か不安になる人もいるのではないだろうか。不安な気持ちで参列しなくてもいいように、ヒゲのマナーを確認しておこう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. きれいに整えたヒゲなら葬式でも問題ない

ヒゲを生やしている人は、葬式に参列することになったとき、ヒゲを生やしたまま参列するのは失礼にあたらないか心配になるかもしれない。ヒゲが葬式でマナー違反になるかどうかだが、「葬式ではヒゲを剃るのがマナーだ」という意見もあれば、「きれいに整えたヒゲなら問題ない」という意見もある。本来なら剃って清潔感ある身だしなみに整えるのがいいのだろうが、きれいに生やしている大事なヒゲを葬式のために剃る必要もないという見方が多い。

ヒゲといっても自然に伸びてきた無精ヒゲと、意志を持って伸ばしているヒゲがある。前者ならフォーマルな場に出るときは当然剃るべきだが、後者の場合はきれいに整えられていたら問題はないだろう。

たとえば年配の方で立派なヒゲの場合は、もはやトレードマークのようになっていることもあるだろう。そのようなヒゲを葬式に参列するからといって剃る必要はない。若い人のヒゲも長すぎず、きれいに整えたヒゲは清潔感を損なわないので不快感を与えることは少ない。

このように葬式のヒゲのマナーは、一概にマナー違反というわけではなく、その人の一部になっているようなヒゲや清潔感があるヒゲは認められることが多い。ヒゲを残しておきたいなら、きれいに整えて清潔感があるヒゲにしておこう。

2. 葬式に無精ヒゲはNG!親族や他の参列者を不快にするマナー違反

葬式は清潔感がある身だしなみで参列するのがマナーだ。たとえ服装や髪型が完璧でも、無精ひげが生えていると清潔感を損なってしまう。無精ヒゲとは、剃らずに伸びたヒゲのことだ。身だしなみに気を遣わず、伸びたヒゲを剃りもしないのは葬式の場にふさわしくない。親族や他の参列者を不快にさせてしまうだろう。

ちなみに1日に伸びるヒゲの長さは0.2ミリ~0.4ミリである。ほんのわずかなようだが、朝剃って夕方には目立つ人もいる。とくに葬式に参列する日は丁寧に剃っておこう。仕事の帰りにお通夜に参列することもあるかもしれないが、ヒゲが伸びるのが早い人はシェーバーを持っておくと安心だ。

また、自分ではきれいに整えているつもりのヒゲでも、親族に不快感を与えている可能性がある。そのため差し支えなければ剃ってしまうのが一番無難ではある。しかし、残しておきたいという場合は、葬式の前に理容店で整えてもらうことがおすすめである。きれいにカットし、不要な部分は剃っておくことで、清潔感が出るだろう。仕事柄ヒゲを剃れない人や、ヒゲを残しておきたい人は、親族や他の参列者が不快にならないよう、普段以上に清潔感のあるヒゲに整えてから葬儀会場に向かおう。

3. ヒゲで悩んでいるなら脱毛も一つの手

冠婚葬祭のときだけでなく、身だしなみを整えるのは、社会人としてのマナーだ。ヒゲが濃すぎるというコンプレックスがある人や、毎日ヒゲを剃るのが面倒だという人は、ヒゲ脱毛を検討するのも一つの手だろう。

ヒゲ脱毛の主な種類

ヒゲ脱毛は主に3種類ある。効果や料金、痛みなどに差があるための、自分に合う脱毛を選ぼう。
・レーザー脱毛
レーザー脱毛は医療機関でしかおこなうことができない脱毛方法だ。毛根をレーザーで焼き切るので、約5~10回で完了し、効果は永続する。脱毛時に痛みを感じることがあるが、医療機関なので麻酔を使って脱毛してもらうことも可能だ。

・フラッシュ脱毛
エステサロンで施術されるフラッシュ脱毛は、黒い色素に反応する光を照射することで、毛が抜け落ちるという仕組みだ。施術を重ねることによって、徐々に毛が少なくなっていくが、レーザー脱毛のように出力が高くないため、回数もおよそ10~20回かかる。永久脱毛はできないが、この3種類の脱毛方法の中で最も痛みが少ないので、痛みに弱い人におすすめだ。

・ニードル脱毛
ニードル脱毛とは1本1本の毛に針を通し、電気を流して脱毛する。そのため痛みは強く、時間もかかるが効果は高い。1本ずつ脱毛するため、デザイン性のあるヒゲを楽しむための脱毛に向いている。

結論

葬式のためにヒゲを剃れるなら、剃ってしまうのが最も無難であろう。しかし、せっかくきれいに整えたヒゲを剃るのが惜しい人も少なくないはずだ。ヒゲを生やしたまま葬式に参列するなら、理容店できれいに整えてもらうことをおすすめする。マナーを守って清潔感があるヒゲを目指そう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >