このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

オリーブの果実はつけられる?オリーブの栽培方法とお手入れのコツ

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年12月22日

イタリアンに欠かせないオリーブオイルは、オリーブの果実から作られている。オリーブの果実は、正しい栽培方法を知っていれば自宅でも作ることができる。オリーブの栽培方法と、お手入れのコツを知って、オリーブの木に果実を実らせよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. オリーブ栽培のコツ

オリーブは地中海沿岸部原産の植物だ。オリーブ栽培のコツは、地中海沿岸部の温暖な環境に近づけることである。オリーブは日当たりのよい暖かい場所を好む。寒さにもある程度まで耐えられるが、霜や雪の降る寒冷地では室内での栽培がおすすめだ。オリーブは寒い時期を乗り越えた春から初夏にかけて開花するので、室内で栽培する場合は温度管理に注意が必要だ。寒いからといって部屋を温めすぎると、次の春に花を咲かせなくなる可能性もある。

また、オリーブは酸性の土壌が苦手とされている。日本の土壌は酸性のことが多いので、庭にオリーブを植える際は土壌に苦土石灰を混ぜ、pH6.5〜7.0になるように調整するとよいだろう。鉢植えにする場合は、オリーブ用の土や果樹用の培養土などの水はけがよい土を選ぶのがコツだ。

鉢植えで栽培する際は、根づまりを防ぐために定期的に植え替えを行うのがコツである。植え替えをする時は鉢から根っこごと取り出し、根っこを軽くほぐそう。今までの鉢より一回り大きいサイズの鉢に鉢底ネット、鉢底石、土を入れ、オリーブを植えつける。土は鉢いっぱいに入れるのではなく、上から3cmほど余裕を持たせて、水がたまるスペースを確保するのがコツだ。

2. オリーブに果実をつける栽培方法

オリーブは自家受粉しない品種が多く、果実をつけるには受粉用の株を同時に栽培する必要がある。自然に受粉するのを待っていてもよいが、花が咲いたタイミングで人工受粉させると果実がつきやすいだろう。

オリーブの人工授粉

オリーブの人工受粉の方法を説明しよう。まず受粉用の花粉をコップに集めるために、花の下でコップを持ち、筆や耳かきなどで花粉を落とすようにして採集しよう。そして集めた花粉を別の株のめしべにつけて受粉させよう。午前中のほうが花粉が出やすいので、タイミングを見計らって受粉させよう。

果実が実る年と実らない年を繰り返す現象を隔年結果と呼ぶ。オリーブは品種によって隔年結果を起こしやすいものもあるが、正しく摘果することによって隔年結果を防ぐことができる。摘果とは、果実を選別して余分な果実を取り除くことで、オリーブの場合は果実一つ辺りに8〜10枚の歯がつくように摘果するとよいだろう。だいたい一つの枝に果実が3〜4個つくイメージだ。

オリーブの果実は10〜11月頃に収穫時期を迎え、果実が大きくなり緑色が薄くなったら収穫できるようになる。硬めの食感を楽しみたい場合は緑色の果実を、柔らかい食感で風味を楽しみたい場合は紫色になってから果実を収穫するとよい。完熟すると果実が黒く柔らかくなり、オリーブオイルを取れるようになる。収穫時期で変わる味や食感を楽しもう。

3. オリーブのお手入れ方法

オリーブは比較的生長が早い植物である。お手入れせずに放置していると枝が密集し、日当たりや風通しが悪くなってしまう。3〜4月頃と9〜10月頃の気候が落ち着いている時期には剪定作業を行おう。

剪定する枝は「古い枝」「交差している枝」「真下や真上を向いている枝」「内側に伸びている枝」などだ。新しい枝は翌年に花をつけるので、できるだけ剪定せずに残しておくとよい。剪定した切り口から病害虫が侵入することもあるので、切り口が大きい場合は癒合剤を塗ってお手入れをしてあげよう。

オリーブの花は枝の先端から中間にかけて咲く。枝が長く伸びすぎている場合は切っても問題ないが、きりすぎると花が咲かなくなってしまうので注意しよう。木の根本から生えてくる「ひこばえ」という枝も、栄養が分散してしまうので剪定しておくとよい。正しく剪定してお手入れができていれば、オリーブの木が健康になり、果実をつけやすくなる。

剪定した枝は挿し木をして増やすこともできる。湿度が高い6〜7月頃に状態のよい枝を切り落とし、10cm程度に切り分ける。挿し木にする枝はできるだけまっすぐ伸びている枝が望ましい。切り口をナイフなどで斜めに切り、鉢に間隔を開けて挿しておくと一ヶ月ほどで新芽が出る。土が乾いていると挿し木しづらいので、水で土を湿らせておくとよいだろう。オリーブの樹を増やしたい人は挿し木に挑戦してみよう。

結論

オリーブは正しくお手入れしてやると長く生きる植物だ。室内で栽培する場合は温度管理に注意して、ある程度育ったら植え替えをしてやるとよいだろう。適切に剪定や摘果を行い、お手入れすることで美味しい果実を収穫できる。正しい栽培方法でオリーブの木を楽しもう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ