このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
寝室にピッタリの冷蔵庫のタイプとは?選び方のポイントを紹介!

寝室にピッタリの冷蔵庫のタイプとは?選び方のポイントを紹介!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年2月 6日

「布団に入ってからわざわざキッチンまで飲みものを取りに行くのは面倒…」と、思っている人も多いだろう。そんな人におすすめしたいのが、寝室用冷蔵庫だ。寝る前にも、途中で目覚めたときにも、スムーズに水分補給ができとても便利である。そこで今回は、寝室に最適な冷蔵庫とおさえておきたいポイントを紹介していこう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 寝室におすすめの冷蔵庫とは?

一口に冷蔵庫といっても、大きさや機能性などさまざまだ。では、寝室におすすめな冷蔵庫とは、どのようなタイプのものだろうか。寝室に置く冷蔵庫は、飲みものを入れられる程度の1ドア式(50L以下)の小型タイプがおすすめである。冷凍庫を備えた2ドア式は、横幅も高さもあり、スペースを取ってしまうため、狭いスペースにはおすすめできない。また、狭い寝室に置く場合は、本体サイズとは別に放熱距離も考慮して選ぶようにしたい。冷蔵庫と壁の間は、ピッタリとつけずに少し隙間※を空けたほうが放熱されやすく、節電効果も上がるのだ。
※冷蔵庫と壁の推奨されている距離は、メーカーによって異なる。


ほかにも、ベッドから手を伸ばして飲みものを取るとき、扉が逆開きだと不便なため、扉の開閉方向の確認も必須だ。そして何より、生活感あふれるデザインのものは避けたほうがいい。生活感のある冷蔵庫は、オシャレな寝室も台なしにしてしまう。ナチュラルなものやポップなものなど、さまざまなデザインのものがあるので、寝室のインテリアや雰囲気に合うデザインの小型冷蔵庫を選ぼう。冷蔵庫をナイトテーブルと使うもよし、ウォールステッカーなどを冷蔵庫の表面に貼りつけて、自分好みにリメイクするのもおすすめだ。

2. 寝室に設置するなら静音タイプがベスト

冷蔵庫の音は、昼間は気づきにくいものだが、夜になって静かになると気になるという人もいるのではないだろうか。音が気になって眠れないという人は、静音タイプがおすすめである。冷蔵庫の音レベルは冷却方法によって異なり、小型冷蔵庫の冷却方法はペルチェ式と直冷式が一般的である。では、どちらが寝室に最適なのか、それぞれの音レベルや特徴をみていこう。

・ペルチェ式

ペルチェ式は、ホテルや病院など静音が求められる場所で利用されている。運転音や振動音が小さいというメリットがある反面、値段が若干高めである。

・直冷式

直冷式は冷却効果が高く、値段も手頃。しかし、霜がつきやすいというデメリットがある。霜の存在は電気代にも影響を与える。

寝室に置くなら、冷蔵庫は静音性重視だ、という人はペルチェ式、冷却能力重視だ、という人は直冷式がいいだろう。両者ともにメリット、デメリットがあるが、何を重要視するかをよく考え、寝室に置く冷蔵庫を選んでほしい。自動的に霜取りをしてくれる間接式(ファン式)もあるが、小型冷蔵庫でファン式はほとんどないのが現状だ。

3. 寝室に置きたいけど電気代っていくらかかるの?

冷蔵庫はずっと電気を入れっぱなしの状態になるため小型サイズとはいえ、もう1台増やすとなると電気代が心配、という人も多いだろう。では、1年を通してどれくらいの電気代がかかっているのだろうか。年間の電気代は、以下の方法で計算できる。

年間消費電力×契約している電気料金プランの1kWhあたりの電力量料金単価=年間電気代(目安)

<一例>
容量50Lの1ドア冷蔵庫の年間消費電力量※1を120kwh、1kWhあたりの電力料※2を27円とした場合
120kWh×27円=年間約3,240円

年間3,240円、月々約270円になる。昔と比べ、高性能になり、消費電力量も省エネになっている。例えば401〜450Lの冷蔵庫の場合、年間消費電力量は10年前と比較すると約49%※3と約半分になっている。ただし、冷蔵庫の使い方によっても電気代が変わってくるため、電気代をおさえるためには、正しい使い方をすることが何より大切だ。とくに1ドアタイプの小型冷蔵庫は、一度扉を開けると庫内の温度が一気に上がり、再度冷やすために多くの電力を必要とするので、無駄な開閉は極力控えるように心がけたい。

※1 冷蔵庫に記載。メーカーや製造年月日などで変わる。 
※2 契約している電気料金プランによって、電力量単価は異なる。
※3 定格内容積401~450Lの10年前冷蔵庫と最新冷蔵庫の比較
  • このデータは特定冷蔵庫の年間消費電力量を示したものではない。
  • 各年度毎に定格内容積401~450Lの冷蔵庫の年間消費電力量を推定した目安であり、幅をもたせて表示。
出典:一般社団法人 日本電機工業会

結論

寝室の冷蔵庫選びは、「1ドア小型タイプのもの」「使い勝手のよい扉の開閉方向のもの」「デザイン性のあるもの」「静音のもの」というポイントをおさえると失敗しないだろう。寝室の雰囲気に合う最適な冷蔵庫を選んで、快適な寝室ライフを手に入れてはいかがだろうか。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ