このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
タオルハンガーとは?メリットや使い方アイデア、おすすめ商品を紹介!

タオルハンガーとは?メリットや使い方アイデア、おすすめ商品を紹介!

投稿者:ライター 渡辺恵司(わたなべけいじ)

2020年2月27日

タオルハンガーは、タオルを掛ける器具がない場所に後付けできるアイテムだ。タオルはもちろん、アイデア次第で便利な収納アイテムにもなる。今回は、タオルハンガーの選び方を解説するとともに、使い方のアイデアやおすすめタオルハンガーも紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. タオルハンガーとは?

タオルハンガーは、一般的な住宅であればキッチンや浴室、トイレ、洗面所などに設置されている。タオルを衛生的に使うには欠かせないアイテムだ。

ここでは、そうした備え付けではなく後付けできるタオルハンガーについて、種類や選び方のポイント、タオルハンガーとして以外にも使えるアイデアを紹介する。

タオルハンガーを取り付けるメリット

タオルをよく使う場所にタオルハンガーを取り付けておけば、その都度取りに行く必要がなくなる。また、濡れたタオルをポンと置いておくよりも通気性がいいため衛生面でもメリットがある。デザイン性の高いタオルハンガーならオシャレに見える、ステンレス製なら丈夫で長持ちするといった点もメリットだろう。

タオルハンガーの種類

タオルハンガーには、フェイスタオルが掛けられるサイズのものや、バスタオルが掛けられるサイズのものなどがある。また、吸盤やマグネットで手軽に脱着できるもの、強力な粘着テープで貼りつけるもの、ネジで固定するものまで取り付け方法もさまざまだ。

素材やデザインもいろいろある。たとえば素材はプラスチック製からスチール製、ステンレス製、メッキ加工が施されているもの、タオルを掛ける部分に木材が使用されているものまである。デザインも一般的な壁に固定するタイプのタオルハンガーから自立式のもの、吊り戸棚などの棚板に差し込むもの、シンク下などのドアに掛けるフック式のものなどがある。

2. タオルハンガーの選び方

タオルハンガーは種類が豊富だ。選ぶ際のポイントは大きく「サイズ」「取り付け方法」の2つ。それぞれ詳しく見ていこう。

サイズ

フェイスタオル、スポーツタオル、バスタオルなどタオルにもいろいろな種類がある。フェイスタオル用のタオルハンガーなら横幅35cm程度、スポーツタオルなら40cm程度(二つ折りにする場合は20cm程度)を目安に選んでいこう。

バスタオルは、一般的なサイズから大判、ビーチ向けなどで大きさが異なる。いわゆる一般的なバスタオルなら幅60〜70cm程度、大判なら80cm前後、ビーチ向けなら90cm程度を目安に選ぼう。

取り付け方法

吸盤で取り付けるタオルハンガーはタイルや大理石、金属面などに向いている。手軽だが吸着力によってはずり落ちることがある。マグネットも手軽さが魅力だが、金属面に限られる。洗濯機や冷蔵庫の横などが一般的だろう。

浴室などでしっかり固定したいのであれば、ネジや強力な粘着テープのものがおすすめ。ただし、ネジで固定するタイプは穴をあける必要があり、取り外したときに穴が残る。粘着テープは、穴は残らないが剥がしたあとが残ることがある。取り付け場所は慎重に選びたい。

フックタイプや棚板に差し込むタイプは、住宅の設備を傷つけないため気軽に設置できる。一方、ドアや棚など設置できる場所が限られてくる。設置場所を固定しないのであれば、移動も可能な自立式のタオルハンガーはどうだろう?

3. タオルハンガーの使い方アイデア

タオルハンガーは、アイデア次第でさまざまな用途に使える。一例を紹介しよう。

スリッパ掛け

タオルハンガーに、タオルではなくバブーシュなどのスリッパを掛けるアイデアだ。床に近いところから縦に2〜3段など取り付ければ、家族のほかお客様用のスリッパも掛けられる。

カーテンポール

ちょっとしたオープンスペースを隠したいときがある。対面する壁などがなく、つっぱり棒が使えないといった場合は、タオルハンガーを棚板の上部に取り付け、カーテンポール代わりにすることができる。

小物の落下防止

小ビンなど落下すると危険な小物が置いてある場所に、落下防止柵としてタオルハンガーを設置する方法もある。

グラスホルダー

タオルハンガーを2本用意し、キッチンの吊り戸棚や天井などに取り付けると、あっという間にオシャレなグラスホルダーが完成する。1本しかない場合でも、S字フックを掛ければマグカップなど持ち手つきの食器を収納できる。

4. おすすめのタオルハンガー

最後はおすすめタオルハンガーを紹介する

ニトリ「タオルハンガー(ダークブラウン)」

天然木とスチールが一体になったオシャレなタオルハンガー。有効幅33cmなので、フェイスタオルがちょうどいい。天然木の上にはちょっとした小物を並べておけるのも便利だ。

山崎実業「戸棚下布巾ハンガー タワー」

キッチンなどの吊戸棚に差し込むタイプのタオルハンガーだ。タオルを掛けられるバーが3本付いており、そのうち2本は回転するためタオルと布巾など分けて掛けることもできる。

100均のタオルハンガーも十分使える

タオルハンガーは100均にも売っている。たとえばマグネットタイプならダイソーの「磁石タオルバー」、扉に掛けるタイプならセリアの「キッチンワイヤーフリーバー」などがある。とくにセリアはオシャレなものが多い。「木製タオルハンガー」は木材と黒いワイヤーが一体化したもので、上部にハンガーのようなフックも付いているため、吊るして収納することもできる。同じくセリアの「アイアンウォールバー」はネジで取り付けるタイプ。DIYパーツのラブリコを使って取り付けたり、2本並べて棚板に取り付けてグラスホルダーにしたりなど、タオルハンガー以外にも幅広く使えるため、DIY好きの方におすすめだ。

結論

タオルハンガーについて詳しく解説してきた。さまざまなデザインのタオルハンガーが販売されているので、選ぶ楽しさもあるのではないだろうか?ネジを使うものでも、取り付け面が木などの柔らかい素材ならそこまで難しくはないので、DIY入門編としてもおすすめだ。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >