このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
パキラの育て方を紹介!水やりの頻度は?室内でも育てられる?

パキラの育て方を紹介!水やりの頻度は?室内でも育てられる?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年2月 4日

パキラは初心者にも育てやすいということで人気の観葉植物だ。放射状に広がる細長く艶やかな葉はインテリアグリーンとして多くの人に愛されている。観葉植物として園芸店などで販売されているパキラは大きなもので2mほどに成長するが、樹形や大きさをコントロールしやすいために初心者でも育てやすい。今回は、パキラの育て方のポイントやパキラを室内で育てる際の注意点を解説する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. パキラへの水やりの頻度

パキラへの水やりは土の表面が乾いているかどうかを見て行おう。水やりのポイントは、鉢の下から水が出てくるまでたっぷりと与えることだ。ただし、受け皿に溜まった水は根腐れの原因となるため、毎回水を捨てることも大切だ。

日当たりがよくない場所や日陰でパキラを育てている場合、水やりは控えめにしよう。あまりにも水が多すぎると根腐れを起こしかねないのだ。また、夏場と冬場とで水やりの頻度を調整する必要がある。冬場は生育期ほど水を必要としなので水やりの回数を減らし、乾燥気味に保つようにしたい。そうすることで根腐れを防いだり、パキラの耐寒性を高めることもできるのだ。

そのほか、夏も冬も積極的に行ってほしいのが葉水だ。葉の表と裏に霧吹きなどで水を吹きつけることによって、葉をみずみずしく保ったり、害虫予防にもなるのだ。パキラを美しく丈夫に育てるためにも葉水を定期的にしてあげよう。

2. パキラに太陽光は必要?日陰でも育つのか

パキラには適度な太陽光が必要だ。パキラには耐陰性があるため日陰でも育てることができるが、あまりにも太陽の光に当てないと葉が落ちたり、間延びしてしまったりと見た目のバランスも悪くなる。とくに、5月から7月にかけてはパキラの生育期であるため、太陽光がよく当たる場所に置いてあげよう。

注意したい点は、日当たりを好むパキラだが直射日光には弱いということだ。直射日光に当て続けると、葉焼けを起こしてしまうのだ。そのため、屋外で育てる場合には遮光ネットをかけ、室内で育てるのであればレースカーテン越しに日光浴をさせてあげよう。

3. 室内でパキラを育てる際の注意点

室内でインテリアグリーンとしてパキラを育てる場合、屋外で育てるときとは異なる配慮が必要になる。注意点を以下に挙げよう。

1.エアコンの風が直接当たらない場所に置く

冷房でも暖房でも、エアコンの風はパキラにとって大敵だ。エアコンの風が当たり続けると、パキラの葉が乾燥し、葉が傷んだり枯れる原因になってしまうのだ。また、乾燥を好むハダニなどの害虫もつきやすくなる。パキラはエアコンの風が直接当たらない場所に置いてあげよう。

2.日陰に飾る場合、3~4時間日光浴をさせる

室内の日の当たらない場所にパキラを置いているのであれば、毎朝3~4時間はレースカーテン越しに日光浴をさせてあげるといい。耐陰性があっても適度に日に当てることで元気に丈夫に育つことができるのだ。

3.冬場は5℃以下になる場所に置かない

パキラは寒さに弱く、5℃以下になると葉が落ち、最悪枯れてしまうこともある。そのような事態を防ぐためにも、冬場は暖かい室内にパキラを移してあげよう。室内でも真冬の夜の窓辺は5℃以下になる可能性もあるので、温度管理には十分気をつけよう。

4.置く場所に合わせて定期的に剪定をする

パキラは成長が早いため、定期的な剪定が必要だ。うっそうと葉が茂ったパキラはインテリアを損ねてしまうだけでなく、風通しが悪くなり害虫がつきやすくなる。剪定は5月から7月の生育期に行うのが最適だ。この時期はパキラの生命力が強いため、新しい芽も出やすいのだ。剪定にはよく切れる剪定バサミを使い、葉と葉の間の風通しがよくなるように、そして形を整えながら切るといいだろう。

結論

パキラは初心者でも育てやすく、また、手を広げたように広がる葉が美しいということで人気の高い観葉植物だ。今回紹介したパキラの水やり頻度や太陽光への当て方、パキラを室内で育てる際の注意点をしっかりおさえておけば、パキラを美しく丈夫に育てることができるだろう。オシャレなパキラを室内に取り入れ、緑あふれるインテリアを楽しんでみてはいかがだろうか。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ