このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

ケンチャヤシの育て方とは?室内でもちゃんと育つ?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年2月 1日

初心者でも育てやすく、手軽に南国気分を味わえるインテリアグリーンとして高い人気を誇っているのがケンチャヤシだ。ケンチャヤシはヤシ科の大型観葉植物で、比較的寒さにも暑さにも強いのが特徴である。噴水のように大きく広がった葉はバツグンの存在感がある。今回は、そんなケンチャヤシへの水やり頻度や太陽光への当て方といった基本的な育て方や注意点を解説する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ケンチャヤシへの水やりの頻度

ケンチャヤシは、水切れを起こすと葉が変色し枯れる恐れがある。こまめに土の表面が乾いているかどうかをチェックし、乾いていたらたっぷりと水を与えよう。水は鉢の下から出てくるまで与えるのが理想的だが、受け皿に溜まった水は根腐れの原因となるため、毎回水を捨てることも重要だ。

また、ケンチャヤシの水やりだが冬は控えめでいい。冬場は土が乾いてから2~3日の間は水やりをしなくてよい。乾燥気味に育てることでケンチャヤシの耐寒性を高めることができるのだ。

そのほか、空気の乾燥で葉を傷めやすいケンチャヤシは四季を問わず葉水を積極的に行ってほしい。葉水は、葉全体に霧吹きなどで水を吹きつけることがポイントだ。葉水をすることで葉をみずみずしく保ったり害虫予防となる。ケンチャヤシを丈夫に美しく育てるために、水やりだけでなく定期的に葉水を行うといい。

2. ケンチャヤシに太陽光は必要?日陰でも育つのか

ケンチャヤシは明るい半日陰を好む植物である。耐陰性があるので玄関などの日陰でも育てることは可能といわれているが、ケンチャヤシを健康的に育てるためには適度な太陽光も必要なのだ。あまりにも太陽の光に当てないと、ヒョロヒョロと細長く伸びたり、葉が垂れてくるなど不健康な見た目になることもある。

ケンチャヤシの生育期である5月~9月にかけては、午前中はやわらかな太陽の光が当たる場所に置き、午後は日陰に移動するといいだろう。ただし、ケンチャヤシは直射日光に弱く、室内で育てていたものを突然、屋外に出して直射日光に当てると葉焼けを起こしやすいので注意しよう。屋外で育てる場合には遮光ネットをかけたり、室内であればレースカーテン越しに日光浴をさせてあげるといいだろう。

3. 室内でケンチャヤシを育てる際の注意点

室内でケンチャヤシを育てる場合には、屋外で育てるときとは異なる配慮が必要になる。その注意点としては以下のものが挙げられる。

1.エアコンの風が直接当たらない場所に置く

乾燥に弱いケンチャヤシにとってエアコンの風は大敵である。エアコンの風が当たり続けると、ケンチャヤシの葉が乾燥して枯れたり、害虫がつきやすくなる。ケンチャヤシをインテリアグリーンとして楽しみたいのであれば、エアコンの風が直接当たらない場所に置くことが大切だ。

2.日陰に飾る場合、午前中は日光浴をさせる

室内の日の当たらない場所にケンチャヤシを置く場合は、美しい樹形を保つためにも午前中はレースカーテン越しに日光浴をさせてあげるといい。しかし、大きなケンチャヤシの鉢をその都度移動するのはとても大変である。ケンチャヤシは午前中だけ日が差すような場所を選んで置くのが理想的だ。

3.冬場は霜に当たるような場所には置かない

耐寒性の強いケンチャヤシであるが、霜に当たると弱ってしまうのだ。室内であっても冬場の窓辺は0℃以下になる地域もあるので、温度管理には十分注意しよう。

4.定期的に植え替えをする

ケンチャヤシを室内で育てるのであれば、根詰まりをしないように2年に1回ほどのペースで植え替えをする必要がある。根詰まりが起こると、葉先が茶色くなったり、枯れる原因になってしまうのだ。植え替えはケンチャヤシの生命力がより強まる5月~7月頃に行うとよいだろう。

結論

耐寒性・耐暑性・耐陰性のいずれも優れているケンチャヤシは、初心者でも気軽に育てやすいと人気の観葉植物だ。今回紹介したケンチャヤシの水やりや太陽光への当て方の注意点をしっかりおさえておけば、元気に育てることができるだろう。ケンチャヤシを生活の中に取り入れ、南国リゾート気分を味わってみてはいかがだろうか。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ