このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
オーガスタの育て方を紹介!水やりの頻度や注意点を解説!

オーガスタの育て方を紹介!水やりの頻度や注意点を解説!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年2月12日

南国気分が味わえる大きな葉が魅力的なオーガスタは、初心者にも育てやすいと人気の観葉植物だ。オーガスタは主にマダガスカルが原産で、特別な手入れをしなくとも原産地では10mほどの大きさにまで成長するものもある。生命力が強いために初心者でも気軽に剪定や植え替えをすることができるのもオーガスタの魅力である。今回は、オーガスタの水やり頻度や太陽光の当て方など、基本の育て方を解説する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. オーガスタへの水やりの頻度

マダガスカルが原産のオーガスタは乾燥に強い。そのため、土は乾燥気味にして育てるのがポイントだ。ただし、土の表面が白っぽく見えるほど乾いてきたら、鉢の下から水が出てくるまでたっぷりと水を与えよう。その際、受け皿に溜まった水は根腐れの原因となるため、忘れずに捨てることも大切だ。

また、オーガスタの冬場の水やりは控えめでいい。生育期に比べて成長が緩慢になるため、それほど水を必要としないのだ。タイミングとしては土の表面が乾いてから2~3日後に水やりをするといいだろう。乾燥気味に育てることで根腐れを防ぎ、また耐寒性を高めることができるのだ。

そのほか、夏も冬も積極的に行ってほしいのが葉水である。葉水とは、葉の裏と表に霧吹きなどで水を吹きつけることである。葉水の効果は葉を乾燥から守ってみずみずしさを保ち、害虫予防にもなるのだ。オーガスタを美しく丈夫に育てるためにも、毎日忘れずに葉水を行うといいだろう。

2. オーガスタに太陽光は必要?日陰でも育つのか

元来日差しの強い場所で育つオーガスタを美しく育てるためには、適度な太陽光が必要だ。オーガスタには耐陰性があるため、日陰でも育てることはできる。しかし、長期的に日に当てないと茎が細長く伸びたり、葉の色が悪くなってしまうので注意が必要だ。

オーガスタを元気に育てるには太陽の光が当たる場所に置くといい。しかし、直射日光には弱く葉焼けを起こす可能性もあるので、屋外で育てる場合には太陽光を和らげるための遮光ネットをかけたり、半日陰に置こう。室内であればレースカーテン越しに日光浴をさせよう。

3. 室内でオーガスタを育てる際の注意点

室内でオーガスタを育てる場合、屋外で育てるときとは異なる配慮が必要になる。その注意点としては以下のものが挙げられる。

1.エアコンの風が直接当たらない場所に置く

オーガスタは乾燥に強い観葉植物であるが、エアコンの風を当て続けると葉が傷み変色してしまうので注意が必要だ。また葉が乾燥すると害虫がつきやすくなり、最悪の場合には枯れてしまう。オーガスタはエアコンの風が直接当たらない場所に置くようにしよう。

2.冬場は5℃を下回る場所に置かない

マダガスカルが原産のオーガスタは暑さには強いが寒さには弱い。そのため、オーガスタを室内で育てる場合、室温は常に5℃以上に保つようにしよう。冬場は室内であっても窓辺の温度は0℃以下になる地域もあるので温度管理には十分気をつけたい。

3.置く場所に合わせて定期的に剪定をする

オーガスタは大きい上に成長が早いため、定期的な剪定をおすすめする。葉が茂り過ぎたり、あらゆる方向に広がって見栄えが悪くなったらバランスよく整えてあげるといい。枯れたり、変色してしまった葉や割れてしまった葉は、思い切って根元から切り落としてしまおう。剪定にはよく切れる剪定バサミを使い、葉と葉の間の風通しがよくなるよう、全体のバランスを見て剪定するといい。

4.根詰まりしないように定期的に植え替える

オーガスタは根もよく伸びる植物であるため、根詰まりをしないよう、1~2年に1回程度のペースで植え替えをする必要がある。根が鉢の穴から出てきたり、水はけが悪いと感じたら、植え替えの準備をしよう。植え替えはオーガスタの生育期である5~7月に行おう。

結論

大きな葉が圧倒的な存在感を放ち、一株置くだけでトロピカルなムードを作り出してくれるオーガスタは、インテリアグリーンとして人気の高い観葉植物である。今回紹介したオーガスタを育てる際の注意点をしっかりおさえておけば、オーガスタを美しく丈夫に育てることができるだろう。オーガスタを飾って、南国リゾートのような非日常的な空間を演出してみてはいかがだろうか。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ