このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
スキレットにシーズニングは不可欠!理由や方法、お手入れ方法も!

スキレットにシーズニングは不可欠!理由や方法、お手入れ方法も!

投稿者:ライター 渡辺恵司(わたなべけいじ)

2020年2月14日

男らしい無骨さとずっしりした重み、調理した料理の美味しさなど魅力たっぷりのスキレット。長く使っていくにはシーズニングや毎回のお手入れが欠かせない。今回は、初心者の方にも分かるように、シーズニングの手順や気をつけたいポイントなどをまとめて解説する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. スキレットにシーズニングが必要なワケとは

「Skillet=スキレット」はそのままの意味ではフライパンだが、日本ではその中でも「鋳鉄製のフライパン」を指すことが多い。熱伝導性や蓄熱性にすぐれており、ふっくらした美味しい料理が作れるため、キャンプなどアウトドアでも大人気のアイテムだ。そんなスキレットに欠かせないのが「シーズニング」である。

シーズニングとは?

スキレットの使い始めに行う「ならし」のことをシーズニングと言う。具体的なやり方は後述するが、鉄鍋や中華鍋、ダッチオーブンなどと同じように、スキレットも使い始めにはシーズニングが欠かせない。なぜ、スキレットは他のフライパンと違ってシーズニングが必要なのだろうか?

シーズニングの必要性

店頭に並んでいるスキレットには、防錆目的のオイルやワックスが塗布されているので、そのまま食品を調理して口にすることができない。そのため、使い始めにオイルやワックスを流す必要がある。これがシーズニングだ。

ただし、単にオイルやワックスを洗い流すだけがシーズニングではない。スキレットの具体的なシーズニング方法について見ていこう。

2. 初心者にもできる!スキレットをシーズニングする方法

スキレットを使うのが初めてという方でも、シーズニングは簡単にできるので覚えておこう。

シーズニングの目的

前述のように、スキレットに塗布されている防錆目的のオイルやワックスを洗い流すこと、そしてスキレットに新たに油を馴染ませ、焦げ付きや錆びを防ぐことがシーズニングの目的だ。

シーズニングに必要なモノ

  • 食器用洗剤
  • たわし
  • 鍋つかみ(革の手袋)
  • オリーブオイル
  • キッチンペーパー
  • 菜箸
  • 野菜のくず
以上を揃えておこう。スキレットは取っ手まで熱くなるため、鍋つかみや革の手袋は必須だ。油はオリーブオイルでなくても構わないが、錆防止のため塩分が含まれていないものを選ぼう。

シーズニングの手順

  • スキレットを洗剤で洗う
  • 水分を飛ばすためスキレットを空焚きする
  • スキレットを十分に冷ます
  • オリーブオイルを全体的に満遍なく塗る
  • 再度、空焚きをする
  • オリーブオイルがなくなったら火を止めて冷ます
  • 「4」「5」「6」を何度か繰り返す
  • 野菜のくずを炒める
  • 水を入れて沸騰させる
  • オリーブオイルを満遍なく塗る
以上がシーズニングの一般的な流れだ。手順が多いと感じるかもしれないが、やることは単純なので難しくないだろう。注意したいのは、スキレットを冷やす際に急激に冷やさないこと。「9」の水を入れる際もそうだ。ヒビ割れなどを起こすともう元に戻らないので、気をつけてほしい。

オリーブオイルは取っ手や縁も含めて文字通り「全体」に満遍なく塗ってほしい。また、野菜は鉄臭を取り除くためのものなので、ネギ、玉ねぎなど香りがあるものがいいだろう。

シーズニングが終わったあと、スキレットが黒々として艶っぽくなっていれば完璧だ。

3. スキレットはシーズニング後のひと手間も大切!

シーズニングが無事に済んだら、スキレットで思う存分美味しい料理を楽しんでほしい。ただ、スキレットは使ったあとも毎回お手入れが欠かせないので、一緒に覚えておこう。やり方はシーズニングとほぼ同じだが、工程は少なくて済む。少し面倒かもしれないが、スキレットを長く使うためには必ず行おう。

スキレットをお手入れする方法

  • お湯を流しながらたわしで汚れを洗い落とす
  • 空焚きをして水分を飛ばす
  • オリーブオイルを満遍なく塗る
  • 十分に冷ましてから湿気のない場所で保管する
お湯ではなく水でも構わないが、急激に冷やさないように気をつけよう。また、ガンコな汚れがこびりついているときは一度沸騰させて浮かせると落としやすくなる。

あとはシーズニングでやったようにオリーブオイルを塗り、湿度が低い場所に保管しておこう。長期間使わないときは新聞紙に包んでおけば、余計な水分を吸収してくれるので錆びにくくなる。

4. シーズニング不要のスキレットも人気!

長々とシーズニングについて解説しておいて申し訳ないが、実はシーズニングの必要がないスキレットも販売されている。最後にそのスキレットを3つ紹介しよう。

ユニフレーム「スキレット 10インチ」

鋳鉄ではなく黒皮鉄板製のスキレットだ。使いやすいフライパン形状で、シーズニングや使用後のケアも簡単なので初心者に向いている。

キャプテンスタッグ「スキレット(ミニ)」

ひと回り小さめのスキレットなので、調理したまま食卓に並べられる。少人数でのアウトドアや、ご家庭でスキレット料理を味わいたいときなどにピッタリだ。

ロッジ「スキレット10 1/4インチ」

スキレットと言えばロッジ。アメリカ発のブランドだが日本でも人気が高い。IHに対応しているので、ご家庭で使うこともできる。

結論

スキレットで作る料理は格別だ。アウトドアでもそうだが、週末にスキレットで作った料理をご家庭で楽しむのもいいだろう。シーズニングは手順こそ多いが、長く使っていくために欠かせない最初の一歩なので、丁寧に行ってほしい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >