このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
エアコンのおすすめの選び方!寝室やリビングに適した形式も解説

エアコンのおすすめの選び方!寝室やリビングに適した形式も解説

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年3月20日

夏や冬も快適に過ごせるエアコンは、どの規格・形式を選べばいいのだろうか?たくさんのメーカーや商品があるが、自分の部屋に適したものを選ばなければせっかく購入しても性能を発揮できない。そこで今回は、部屋の畳面積や部屋別におすすめの商品を紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. エアコンは6畳なら8畳用と上の規格を選ぶ

エアコンは、使用する部屋が何畳あるかによって商品の規格が変わってくるため、確認するべき部分は商品情報に書かれている8畳用といった畳数である。6畳の部屋なら6畳用のエアコンをと思いがちだが、6畳の部屋にエアコンを設置する際は8畳用の商品が望ましい。

目安畳数ギリギリのものを購入すると、能力が低いためフル稼働しないと部屋全体がなかなか冷えなかったり温まらなかったりするのだ。部屋の畳数はあくまでも目安であり、家がある立地環境や地域によっても変わるので、なおさら少し余裕があるほうがよいだろう。

エアコンを設置する部屋が台所の場合は料理中に火を使うと暑くなるため、スムーズに台所を冷やせるよう実際の畳数よりさらに上の規格を選択しよう。8畳の台所なら12畳用が好ましい。

また、商品情報の畳数を確認するうえで気をつけたいことがある。それはエアコンを設置する建物構造の違いである。8畳用といっても家の造りが木造建築か鉄筋コンクリートかによって冷房・暖房具合が変わるからだ。目安の畳数が7~10畳というように幅があるものは、木造住宅なら7畳で鉄筋だと10畳ということを表している。さらに、冷房と暖房別に目安となる畳数が記載されているときは、冬に使う暖房用の目安で判断するとよい。

2. リビングには最上位のハイスペックエアコンがよい

家族が集まり利用頻度が高いリビングには、各メーカーからでている最上位タイプの商品が適している。最上位のものには省エネ効果が高いものや人感センサー搭載タイプなど機能面も優れているため、冷房・暖房能力だけではなくそういったプラスの機能も気にして決めると使い勝手がよく、いい買い物ができるはずだ。

エアコンに追加されている機能は各社で違うが、なかでも人感センサー搭載の商品は、室内にいる人数や人の出入りにあわせて反応するため効率よくエアコンを使用できる。人感センサー以外におすすめなのはにおい対策機能だ。リビングは人の出入りが多いため、さまざまなにおいも気になるが、におい対策機能が備わっていれば家族と快適にリビングを使えるのではないだろうか。

さらに、ハイスペックな商品ほど風の出方にも工夫がなされている。エアコンを使用しているとよくある悩みに、風が直接身体にあたり冷えすぎてしまうことがあげられるが、この悩みを高性能な形式のエアコンは、風の流れを制御したり人が暑い寒いと感じているか判断できるシステムが入っていたりするのだ。長く使うエアコンに高性能形式を選択することは、使いやすさから見ても決して高すぎる買い物ではないだろう。

3. 寝室のエアコンは空気清浄機能がおすすめ

毎日の疲れを癒す寝室には、形式の中でも標準タイプの性能を持つエアコンがおすすめだ。寝室はリビングほどの高性能タイプでなくても事足りるが、それでもあると便利なのは空気清浄機能である。ホコリが多いところで眠れば夜中にむせて目覚める可能性もあるし、何より健康にもよくない。季節によっては花粉が干した布団につき、アレルギーで辛くなるときもあるだろう。最近は空気清浄機能がある商品も多いので、ペットの毛対応空気清浄機など商品選びにこだわりがとくになければ、寝室用に新しく空気清浄機を購入しなくても済むのだ。

ほかには、フィルターを自動で掃除してくれる機能もおすすめである。定期的な掃除の必要性がわかっていてもついサボりがちになり、気づいたときには汚れだらけになっていることも多々ある。とくに仕事や家庭のことで忙しいときは掃除を後回しにしやすい。もちろん時間のあるときにしっかり掃除することは必要だが、フィルターの自動掃除機能があれば、勝手に掃除してくれるのでとても助かるのではないだろうか。

結論

エアコンは機能面と部屋の畳数に必要な規格のバランスを見て決めるのがおすすめだ。また、意外と忘れてならないのは使える専用コンセントの有無や形、電気容量である。取り付け工事も夏や冬の時期は予約でいっぱいになることもあるので、なるべく季節をずらして設置し、エアコンを使用してみてはいかがだろうか。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ