このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
おすすめのエアコンのタイプはコレ!【部屋別のおすすめを紹介】

おすすめのエアコンのタイプはコレ!【部屋別のおすすめを紹介】

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年3月27日

エアコンを買い替えたいが、あまりに種類が多いのでどれを購入したらよいのか迷ってしまう人は多いのではないだろうか?エアコンは使用する部屋によって、おすすめするタイプが異なる。ここでは、リビングや寝室におすすめのエアコンや、エアコンのさまざまな機能について紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. リビングにおすすめのエアコン

エアコンには最上位モデル、スタンダードモデル、その間の中位モデルの3つのタイプがある。リビングには、最上位モデルのエアコンをおすすめする。

最上位モデルのエアコンは本体価格が高いため、スタンダードモデルと10万以上の価格差がある。しかし最上位モデルのエアコンは、優れた省エネ機能を搭載しているものが多い。メーカーや機種によって内容に差はあるが、最上位モデルとスタンダードモデルでは、年間の電気代に1万円以上の違いが発生する。

エアコンの一般的な製品寿命は10年、買い替えも10~13年くらいが多いといわれているので、トータルでかかるエアコンの費用は最上位モデルの方が安くてすむのだ。

また、最上位モデルのエアコンには、快適に過ごせるさまざまな機能が搭載されている。リビングは人の出入りが多く、部屋の温度が変わりやすい。最上位モデルのエアコンには部屋の温度を感知して、一定に保つ機能がついている製品もある。リビングには快適で、最終的には費用が安くなる最上位モデルのエアコンをおすすめする。

2. 寝室におすすめのエアコン

寝室は人の出入りが少なく、寝る時だけ使うことが多い。そのため、リビングのように最上位モデルのエアコンである必要はない。寝室には、次の機能を搭載したエアコンを選ぶとよい。

静音性が高い

ぐっすり眠るためには、静かなエアコンが必要だ。エアコンには広さに適した出力があり、〇畳用と使用に適した畳数が表示されている。対応の畳数、もしくはひとつ上の畳数のエアコンを選ぶと出力に余裕ができて音が静かになる。

省エネ

寝室のエアコンは、睡眠時間中つけることになる。省エネ機能が搭載されたものを選ぶと、家計にも優しい。

空気清浄

アレルギーがある場合や子供がいる場合、寝ている間にダニや花粉、ハウスダストを吸い込まないために空気清浄機能があるものを選ぼう。

タイマー機能

寝ている間は体温の調節がしにくくなるので、クーラーが効きすぎて風邪をひいたり体調を崩したりしないように、タイマー機能がついているものを選ぶとよい。

3. エアコンはメーカーによって機能が異なる

エアコンは、上位モデルになるほど、メーカーによって機能が異なる。エアコンの機能にはさまざまなものがあるので、ニーズに合ったものを選ぼう。

おすすめの機能には次のようなものがある。自分がほしい機能に特化したメーカーを選ぶといいだろう。

部屋の温度を一定にする

この機能がついているエアコンは、部屋の部分別の温度を感知し、室温を一定に保つことができる。人それぞれに快適な温度の気流をあてる、という機能をつけているメーカーもある。

急速冷房

急速冷房機能があると、帰宅時など部屋が暑い時に一気に部屋を冷やすことができる。帰宅時に家族がいないことが多い人におすすめの機能だ。

自動掃除

エアコンのフィルターや内部が汚れていると、部屋が冷えにくくなる。また、内部に発生したホコリやカビを部屋に噴出してしまうことになってしまう。自動掃除機能は、エアコンの掃除をこまめにするのが面倒な場合におすすめだ。

その他にも、スマートフォンで外から操作が可能な機種や、湿度をコントロールする機能を搭載している機種もあるので、購入の際に詳しく確認するとよい。

結論

エアコンには、最上位、中位、スタンダードの3つの種類がある。人が集まるリビングには、購入時の価格は高いが、優れた省エネ機能を備えている最上位のものをおすすめする。寝室は最上位の機能は必要ないが、静音性、省エネ、空気清浄機能を備えたエアコンを購入しよう。また、エアコンはメーカーによって搭載している機能が異なる。ニーズに合ったエアコンを購入し、快適な生活を送ろう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >