このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
寝室のカーテンの選び方。風水でおすすめの色やコーディネートも公開

寝室のカーテンの選び方。風水でおすすめの色やコーディネートも公開

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年3月19日

寝室などのくつろぐ空間は、カーテンや布団などのファブリックを慎重に選ぶことがおすすめだ。とくに寝室のカーテンは色彩心理や風水を取り入れると、良いエネルギーをチャージができるだろう。今回は寝室のカーテンの選び方を紹介する。インテリアに馴染みやすい色や、基本的なコーディネートの仕方など、カーテン選びに迷っている場合は参考にしてみよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 寝室のコーディネートの仕方

おしゃれな寝室にコーディネートするコツは色の配分をイメージすることだ。家具やインテリア含め、ベースカラー70%、メインカラー25%、アクセントカラーの3つに分けてコーディネートするといい。ベースカラーは壁紙や床など部屋の大部分の色を指し、メインカラーは家具やカーテンの色を指す。

メインカラーによっては部屋の雰囲気が変わるので、カーテンの色選びも理想の空間づくりに欠かせないポイントだ。アクセントカラーは照明や雑貨類に使うことが多い。メインカラーの補色の関係にある色を使うとバランスよく部屋をコーディネートできるだろう。

2. 寝室におすすめのカーテンの色

寝室は心身ともにリラックスできる空間にしたい。色がもつ心理的効果を上手く取り入れると、より理想的なくつろぎの空間づくりができるだろう。ここでは寝室におすすめのカーテンの色を紹介する。寝室では注意すべき色も一緒にチェックしてみよう。

「寒色系」や「ベージュ系」がおすすめ

寝室のカーテンは、心を落ち着かせる効果が期待できる寒色系の色を選んでみよう。自然を連想させるグリーンや、鎮静作用があるブルーのカーテンがおすすめだ。寝室の家具に合わせやすい色にしたい場合は、ベージュやアイボリーなど落ち着いたマイルドな色を選んでもよいだろう。

寝室で避けた方がいい色は「暖色系」

赤やピンク、イエローなどの色は興奮作があり、寝室では避けた方がよい色である。どうしても暖色系を取り入れたい場合は、アクセントカラーとしてクッションや小物で合わせることをおすすめする。

3. 寝室にグレーのカーテンを取りつけるなら?

男性的で生活感を感じさせないグレーのカーテンが人気を集めている。落ち着いた雰囲気に見えるので、クールでスタイリッシュな寝室にしたい人にもおすすめだ。和室・洋室のどちらにも相性がよく、幅広いインテリアに合わせやすいのもグレーのいいところだ。

風水では、グレーは仕事運や金運アップの色としても有名である。相性のいい白と合わせると金運がアップし、北西の窓につけると運気が安定するとされている。家庭運、健康運に関係する南西の窓につけることもおすすめだ。一方、恋愛運や結婚運に関係する東南は、黒やグレーと相性が悪い方角なのでカーテンを取りつける際は注意しよう。

4. 寝室は布団カバーで「陰」「陽」のバランスをとる

寝室ではカーテンと布団カバーのコーディネートも慎重に考えたい。見た目の印象も重要だが、風水的な面でみたときも、カーテンと布団カバーのバランスは意外と重要なのだ。たとえば布団カバーが派手な柄の場合、カーテンは無地のものにして「陰陽」のバランスをとるとよい。

また、人間が寝ているときには水の気をもつと言われている。水と相性がいい「木の気」のコットンや天然素材の布団カバーを選ぶと風水的によいとされる。カーテンや布団カバーなど、メインカラーの色や柄の組み合わせに迷ったときには、風水の視点でファブリックを選んでみよう。

結論

カーテンはおしゃれな見た目も重要だが、寝室用のものは風水でよいという「心身が休まる空間」にしてみてもよいだろう。とくに、窓際は気の流れが激しく、良い気が外に流れやすい。対策として、厚手のカーテンにする方法や、カーテンを二重にするなどして良い気が外に逃げないように工夫してみよう。

二重にする場合は、相性のいい色同士を組み合わせて、風水上で無難な白を選ぶとよいだろう。豊富な種類があるカーテンを選ぶのは難しいが、部屋の方角や壁の色を参考にしてみてほしい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ