このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【オーガスタ】肥料をあげて葉を大きく!おすすめの錠剤や液剤は?

【オーガスタ】肥料をあげて葉を大きく!おすすめの錠剤や液剤は?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年3月26日

バナナの葉に似た大きな葉が特徴的なオーガスタは、手軽に南国リゾート気分を味わえると人気の観葉植物だ。うまく育てれば白く美しい花を咲かせることから「天国の白い鳥」とも呼ばれている。枯れにくく育てやすいオーガスタだが、その美しさを長く楽しむためには適度に肥料を与える必要がある。今回はオーガスタにおすすめの錠剤タイプの肥料や液剤タイプの肥料、100均で手に入る肥料を紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. オーガスタを美しく育てるためにおすすめの錠剤タイプの肥料

オーガスタの葉をより鮮やかに、艶やかに育てるためにはオーガスタの生育期である春から秋にかけて定期的に肥料を与える必要がある。ただし、生育期であっても肥料の与えすぎや休眠期である冬に肥料をあげると養分過多で肥料焼けを起こす恐れがあるので注意が必要だ。

オーガスタに錠剤タイプの肥料を与える場合は、緩効性化成肥料がおすすめである。緩効性化成肥料とは、肥料の成分がゆっくりとしみわたり、1~2か月の間効果が持続する肥料だ。また、においもほとんどないので室内で育てるときも安心して使える。オーガスタは大きく美しい葉が魅力の植物であるため、窒素の値が大きいもの、もしくは窒素・リン酸・カリウムの比率が同じものを選ぶとよいだろう。以下にオーガスタにおすすめの緩効性化成肥料を紹介しよう。

1.ハイポネックス 「ハイポネックス錠剤肥料 置くだけカンタン! 観葉植物用」
葉の育成に有効な窒素が多めに含まれているため、オーガスタの葉をより丈夫に、美しく育てるのに最適である。においが少ないハート型の錠剤はインテリア性の高さもポイントだ。

2.花ごころ 「IBのチカラグリーンそだちEX」
植物の育成に欠かせない窒素・リン酸・カリウムの3成分がバランスよく配合された無臭タイプの肥料だ。葉だけではなく花づきもよくなり、茎や根を丈夫に育ててくれる。

3.瀬戸ヶ原花苑 「ガーデンマスター置くだけ肥料」
元肥や追肥として幅広く使える肥料だ。無臭なため肥料のにおいが気になる方に最適である。植物が必要とする窒素、リン酸、カリウムをバランスよく配合し、さらにマグネシウムも含まれており、葉を鮮やかな緑色にする効果が期待できる。

2. オーガスタを美しく育てるためにおすすめの液剤タイプの肥料

オーガスタに与える肥料には錠剤タイプのほかに液剤タイプもある。液剤タイプは、効果が早いが肥料を与える頻度は高くなる。春から秋にかけて、1週間から10日に1回ほどのペースで与えるといいだろう。

液剤タイプの肥料には水で薄めて使う原液タイプとそのまま使えるストレートタイプがある。原液タイプの場合、希釈倍率を間違えてしまうと肥料焼けを起こしてオーガスタを枯らしてしまう可能性があるので注意したい。以下にオーガスタにおすすめの液剤タイプの肥料を紹介しよう。

1.ハイポネックス 「ハイポネックスハイグレード観葉植物」
オーガスタの葉をより大きく、美しく育てたいときにおすすめの薄めて使う肥料だ。葉面からも吸収されやすい速効性のある窒素を豊富に含んでいるのがポイントだ。1000倍に薄めた液をオーガスタの葉に散布すると葉の色をより鮮やかに保つことができる。

2.ハイポネックス 「ハイポネックスストレート液肥 観葉植物用」
窒素・リン酸・カリウムの3つの成分が0.2:0.1:0.1の割合で配合された、そのまま使える肥料だ。根から素早く吸収され効き目が早いのが特徴だ。葉色を鮮やかな緑にし、株を丈夫に育ててくれる。

3. 100均の肥料でオーガスタを美しく育てられるか?

オーガスタに与える肥料は、100均で販売されているものを利用してもいい。100均にはさまざまな肥料が販売されているのでどれを選べばよいか迷う方も多いだろう。以下に観葉植物の育成におすすめの100均の肥料を紹介するので参考にしてほしい。

1.ダイソー 「化成肥料」
植物の生育に欠かせない窒素・リン酸・カリウムをバランスよく配合。土に混ぜて元肥や、また置き肥として使うこともでき幅広く利用できる。

2.Can Do(キャンドゥ) 「花と野菜の化成肥料」
製造元は土づくりのエキスパートとして安心安全で高品質の肥料を自社生産している瀬戸ヶ原花苑だ。ほぼ無臭であるため、オーガスタをインテリアグリーンとして楽しみたい方にもおすすめだ。

結論

丈夫で育てやすいオーガスタであるが、元気で美しい姿をいつまでも楽しむためには適度に肥料を与える必要がある。肥料には今回紹介したような錠剤タイプや液剤タイプなどがあるので、自身の性格やライフスタイルに合わせて選ぶといいだろう。インテリア性の高いオーガスタを育てて、緑のある暮らしを楽しんでみてはいかがだろうか。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ