このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
戸車の交換は簡単にできる!ただし「レール」のチェックはお忘れなく

戸車の交換は簡単にできる!ただし「レール」のチェックはお忘れなく

投稿者:ライター 渡辺恵司(わたなべけいじ)

2020年3月21日

引き戸に欠かせない戸車。使うほど劣化が進み、やがて壊れるなどしてしまう。そうなる前に交換しておきたいところだろう。そこで今回は、戸車の簡単な交換手順を紹介する。交換前のチェックポイントなどもお伝えするので、あわせて参考にしてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 戸車を交換したほうがいいケース

一般的に、戸車の交換目安(寿命)は3〜4年ほどと言われている。もちろん開閉の頻度や使い方などによって前後するが、おおよそ、それくらいだと思っておこう。また、寿命以外にも戸車を交換したほうがいいケースがあるので、あわせて覚えておこう。

戸車のこんな症状は交換のサイン

・ガタつくようになった
・引っかかるようになった
・重くなった
・引き戸が床に付いてしまっている

引き戸を開閉するたびに「ガタつく」「引っかかる感じがする」「重い」といった場合、戸車の交換時期が近づいていると考えられる。引き戸が床に付いている場合も、戸車の擦り減りなどが疑われるため、やはり交換を検討したほうがいいだろう。

時間をかけて少しずつ劣化していくためなかなか気づきにくいのだが、いざ交換してみると「こんなに開閉しやすい引き戸だったのか」と感動を覚えるかもしれない。

ただし!戸車が原因ではないことも

「ガタつく」「引っかかる」「重い」といった症状は、戸車が原因の場合とそうでない場合がある。戸車以外に考えられる原因としてはレールの歪みだ。開閉のたびに少しずつ摩耗したりネジが緩くなったりすることが原因で、戸車がガタついたり引っかかったりしていることも考えられる。

レールに歪みが生じている場合、戸車だけを交換しても解消しない可能性があるため、戸車を交換する際は一緒にレールもチェックしておこう。

2. 戸車を交換する前のチェックポイント

戸車を交換する前に、レールに歪みなどが生じていないか確認してほしいとお伝えしたが、それ以外にもチェックポイントがある。場合によっては戸車を交換せずに済むかもしれないので、レールとあわせて忘れずにチェックしておこう。

ゴミのチェック&注油

戸車の動きが悪いのは、単純にゴミが詰まっているだけかもしれない。戸車にホコリ、糸クズ、髪の毛などが絡まっていたり、レールにゴミが溜まっていたりすれば、当然動きは悪くなってしまう。交換する前に、ゴミのチェックをしておこう。

また、ゴミを取り除いたあとも動きが改善しなければ、一度注油してみるのもおすすめだ。とくに金属製の戸車は経年劣化によるサビが発生しやすい。潤滑油を差して様子を見てみよう。

戸車の種類のチェック

戸車と言っても種類がある。たとえば甲丸レール(こうまるレール=かまぼこのような形のレール)には丸型の戸車、角レールには角型の戸車、敷居には平型の戸車、V字のレールにはV型の戸車といった具合だ。交換の前に、まずはどのレールおよび戸車なのかを見ておこう。

また、素材も「鉄」「ステンレス」「樹脂(ナイロン)」「ゴム」などさまざまだ。強度があるがサビやすいのが「鉄」、サビに強く耐久性も高いのが「ステンレス」、軽くて湿気に強いのが「樹脂」、音が静かだが耐久性に劣るのが「ゴム」など、それぞれ特徴がある。

さらに、高さが調節できない「固定戸車」と調整できる「調整戸車」、引き戸の枠としっかり密着させることができる「エアタイト戸車」、戸車が連なっている「2連(4連)戸車」などがある。

交換する際は、まずレールと戸車の形状を確認し、素材やその他の機能などを選んでいくといいだろう。

サイズのチェックも重要

「サイズ」も重要だ。サイズが合わなければせっかく買い替えても交換できない。心配なときは、先に戸車を外してホームセンターなどに持っていき、店員さんに見せて探してもらおう。

3. 戸車の交換手順

最後に、戸車の簡単な交換手順を紹介する。ただし細かい手順やネジの位置などは、メーカーや型番、引き戸の種類などによって異なる場合がある。下記とあわせて、取扱説明書も確認しながら作業にあたってほしい。

戸車の交換手順

1.引き戸を外す
2.戸車を留めているネジを外して戸車を取り外す
3.ホコリなどを除いてキレイにする
4.新しい戸車をセットしてネジで取り付ける
5.引き戸をもとに戻す
6.動作確認をして問題がなければ完了

以上が、戸車を交換する際の基本的な流れだ。転倒などのリスクを想定し、できれば2人で行ってほしい。とくにガラスが使われている引き戸などは、ケガに細心の注意を払いながらの作業をお願いしたい。

また、自分で交換するのが不安な方は決してムリをせず、専門家にお願いすることも検討しよう。ホームセンターで購入する際などに、店員さんに「どこにお願いすればいいか」確認しておくと安心だ。

結論

引き戸の調子が悪いと感じたら、戸車かレール、またはその両方が劣化している可能性がある。まずは戸車やレールを目視でチェックしたりホコリを取り除いたり、油を差したりしてみよう。それでも解消しなければ、お伝えしたやり方や専門家に依頼しての交換をおすすめしたい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >