このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
石膏ボードの補修を自分でする方法!業者に依頼したときの費用目安も

石膏ボードの補修を自分でする方法!業者に依頼したときの費用目安も

投稿者:ライター 渡辺恵司(わたなべけいじ)

2020年3月25日

家具や家電の搬入の際などに、うっかり石膏ボードを破損してしまったことはないだろうか?とくに賃貸物件にお住まいの方は、退去時のことを考えるとヒヤヒヤものだ。今回は、石膏ボードを自分で補修する方法と、業者にお願いしたときの費用の目安などを解説する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 石膏ボードの補修は自分でできる

耐火性や断熱性にすぐれる石膏ボードは、壁や天井などによく用いられる建材のひとつだ。ただ「面」にかかる力にはそこそこ耐えられるが「点」でかかる力には弱いという特徴がある。テレビやタンス、冷蔵庫などを搬入する際に角をぶつけてしまうと、簡単に穴があくことがある。

石膏ボードは自分で補修可能

もちろん程度にもよるが、穴があいてしまった石膏ボードはある程度なら自分で補修できる。補修について詳しくは後述するが、ネット通販やホームセンターなどで補修キットが販売されているので、お金をかけずに直したいという方はぜひ、セルフ補修にチャレンジしてみよう。

ただし賃貸物件にお住まいの方は、自分で石膏ボードを補修したとしても退去時に分かってしまうおそれがある。そもそも、勝手に手を加えることは契約違反にもなりかねない。

トラブルを防ぐためにも、正直に大家や管理会社に報告したほうがいいだろう。

2. 石膏ボードを張り替えずに補修する方法

まずは、石膏ボードの破損が軽微だった場合の補修方法からお伝えする。

ネジあと

石膏ボードのネジあと程度なら、ペンタイプの補修材で埋めれば修復できる。クロスの破れがあればカットし、穴の周囲が表面に盛り上がっていれば固いモノで押し戻して平らにしておこう。準備が済んだら補修材を流し込み、ヘラなどでならしてからドライヤーで乾かせば完了だ。

クラック

石膏ボードにクラック(ヒビ割れ)が入ってしまったときは、コーキング剤を使って補修できる。ネジ穴と同じように、クロスの破れやクラックの縁に盛り上がりがあればあらかじめカットするなり押し戻すなりしておこう。

次に、コーキング剤をクラックの奥までしっかり入り込むように塗っていき、ヘラで平らにならす。最後に、水に濡らして軽く絞ったスポンジで余分なコーキング剤を拭き取る。これで石膏ボードの軽微なクラックは補修できるはずだ。

小さな穴

用意するモノは、いずれもネット通販やホームセンターなどで簡単に手に入る「補修用のプレート」「補修用のパテ」「パテベラ」「80番くらいのサンドペーパー」「乾いた布」だ。

1.凸があれば押し戻し、サンドペーパーで平らにならす
2.補修プレートを貼り、乾いた布で上から擦って密着させる
3.「2」のプレートの上に補修用のパテを塗っていく
4.パテベラを使ってパテを均一に伸ばしていく(段差をなくすのがキレイに仕上げるコツ)
5.パテが完全に乾くまで待つ(数時間〜モノによっては1日程度)
6.サンドペーパーで平らにならす

ネジあとやクラックは簡単だが「穴」があいてしまうとこのように少々手間がかかる。ただし、業者に修理をお願いするよりは費用を大きく抑えられるので、覚えておくと役に立つだろう。

3. 石膏ボードごとを張り替えてしまう補修方法

補修用のプレートではどうしても凹凸が残ってしまう、もっとキレイに補修したい、という方には石膏ボードを張り替える方法をおすすめしたい。

用意するモノ

・石膏ボード
・石膏ボードビス
・補修用のメッシュテープ
・補修用のパテ
・パテベラ
・80番くらいのサンドペーパー
・マスキングテープ
・木材
・定規
・カッター
・ボード用のノコギリ
・電動ドライバー

石膏ボードは、既存の壁や天井と同じ厚みのモノを選ぼう。また、木材は石膏ボードの奥にジョイントとして取り付けるものなので、ビスが刺さりさえすれば何でも構わない。

石膏ボードの張り替え手順

1.穴を中心に「四角」に線を引く(マスキングテープを貼る)
2.「1」に沿ってノコギリでカットする
3.切り残しやバリなどをカッターでキレイにする
4.四角のサイズを測り、石膏ボードをカットする
5.石膏ボードの四辺や穴の周囲をサンドペーパーで平らにする
6.木材を穴の幅よりやや長めにカットする(本数は穴の大きさに応じて調整)
7.穴に木材を差しこみ、ビスで留める(既存の石膏ボードと木材を固定する)
8.張り替え用の石膏ボードを穴にはめ、木材がある場所にビスを打ち込む
9.四辺にメッシュテープを貼る(テープ同士が重ならないように)
10.四辺にパテを塗り、パテベラで均一に伸ばす
11.パテが完全に乾いたら、サンドペーパーで擦って凹凸をなくす

石膏ボードの穴の基本的な補修方法は以上。あとは壁紙を貼るなどして仕上げよう。

4. 石膏ボードを業者に補修してもらうときの費用

石膏ボードの破損が大きすぎて自分では手に負えない、DIYによる石膏ボードの補修には不安がある、きちんと直したいという場合は、業者に石膏ボードを補修してもらおう。その際の費用の目安を最後にお伝えする。

業者にお願いする際の費用の目安

・ネジあとやクラック:15,000〜20,000円程度
・小さめの穴:20,000〜30,000円程度
・大きめの穴:250,000〜40,000円程度

補修費用は業者によって料金が異なるほか、破損の程度によっても変わってくるが、おおよその目安として覚えておこう。なお、壁紙の張り替えを依頼する際は1平方メートルあたり1,000円程度が目安になる。

結論

石膏ボードのある程度の破損なら、今回お伝えしたやり方で補修すことは可能だ。ただ、どうしても凹凸が残ってしまったり、補修箇所が目立ってしまったりすることも少なくない。キレイな見た目に仕上げたいのであれば、最初から業者に依頼したほうがいいだろう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >