このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ズボンプレッサーを使いこなしてピシッと決めよう!おすすめも紹介!

ズボンプレッサーを使いこなしてピシッと決めよう!おすすめも紹介!

投稿者:ライター 渡辺恵司(わたなべけいじ)

2020年3月23日

出張先のホテルなどで見かけるズボンプレッサー、使いこなせているだろうか?もし「使ったことがない」という方がいれば、ぜひこの機会に覚えて使えるようになろう。ズボンプレッサーの効果や注意点などとあわせて解説していく。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 使わなきゃ損!ズボンプレッサーとは?

ズボンプレッサーは、文字通りズボンをプレスする機械。一家に一台とまではいかないが、ビジネスホテルであれば、フロントに言えばたいがい貸し出してもらえる(または部屋に備えてある)。出張の多いビジネスマンなら、使いこなせるようになっておいて損はないはずだ。

ズボンプレッサーを使いこなせたほうがいい理由

・アイロンよりも手軽にズボンのシワを伸ばせる
・素材へのダメージが少ない
・除菌や消臭効果も得られる
・時間がくると自動でオフになる機能もある

実は、ズボンプレッサーを使うとアイロンよりも簡単にシワが伸ばせる。セットしてスタートさせれば、あとはズボンプレッサーが勝手にシワを伸ばしてくれるからだ。しかも、終わったあとは自動でオフになるのも安心だし、素材へのダメージも少なくて済むのもうれしい。

それに除菌や消臭効果もあるので、夏場に営業で歩き回ったあとのズボンのお手入れにもズボンプレッサーはピッタリだ。

シワが伸びてピシッと決まったスーツを着ると、気持ちが引き締まるだけでなく相手からの印象もいい。ビジネスマンならとくに、ズボンプレッサーを使いこなせるようになっておこう。

2. ズボンプレッサーの使用方法と注意点

ズボンプレッサーには縦型と横型があるが、基本的な使用方法は同じだ。

ズボンプレッサーの基本的な使用方法

1.ズボンの「折り目」を確認して揃える
2.ズボンをピンと張った状態にしてズボンプレッサーに挟み込む
3.ズボンプレッサーをオンにする
4.終わったら取り出してハンガーに掛ける

ズボンプレッサーにもよるが、開いたときに半透明のようなシートが1枚または2枚挟まれていることがある。1枚だったときは左右の足の間に、2枚あったときは左右の足を挟み込むようにしてシートを当てよう。

あらかじめコースが設定されているズボンプレッサーもあるが、ないときは手動で時間設定することになる。夏モノ15分、冬モノ30分を目安にしよう。また、スーツのズボンではなくデニムなど厚手の生地だった場合、30分程度で様子を見よう。

なお、ズボンプレッサーを使っても股下やお尻などのシワを取ることはできない(そもそもプレスされないため)。その部分が気になる際は、スチームアイロンなどでシワを伸ばしておこう。

ズボンプレッサー使用時の注意点

・取り出す際、熱くなっていることがあるため火傷に気をつける
・ズボンが乾いた状態でかける(もちろん霧吹きなどもNG)
・ウールといったデリケートな素材のズボンは使用を控える

ズボンプレッサーは、プレスが終わった直後は熱くなっている可能性がある。取り出す際は十分気をつけよう。また、アイロンと違ってズボンが濡れていると生地が傷んだり故障の原因になったりするおそれがある。かならず乾いた状態でプレスしよう。

ウールのズボンは素材を傷める可能性が高いためスチームアイロンを使ったほうが賢明だろう。

3. ズボンプレッサーの選び方とおすすめ3選

ズボンプレッサーにもいろいろな種類がある。最後に自宅用を選ぶ際のポイントや、迷ったときの参考になるよう、ズボンプレッサーのおすすめを3つ紹介しよう。

ズボンプレッサーを選ぶ際のポイント

・シワ伸ばし重視なら横型
・省スペースで使用するなら縦型
・より安全に使いたいならタイマー機能搭載型
・汗のニオイなども消したいなら除菌・消臭機能搭載型

横型は、上からしっかりプレスしてくれるので、よりシワが伸びやすい。ただし使用中はそれなりにスペースを圧迫するため、省スペースで使用するのが前提なら縦型を検討しよう。

またタイマー機能が搭載されているものなら、万が一寝てしまっても(安全のためにも起きていてほしいが)自動でオフになるので安心だ。汗、食べ物などのニオイが染み付いてしまったときのために、除菌や消臭機能を備えたものもおすすめ。

ツインバード「パンツプレスSA-4625BL」

シワを防ぐプレスシートと、セットしたときのヨレなどをチェックできる2段ロック機能がついたズボンプレッサー。スマホ、財布、カギなどの小物をまとめて置ける収納付きだ。

東芝「ズボンプレッサー HIP-L36」

こちらは横型なので、折り目をきっちりつけたい方におすすめ。熱による除菌効果も得られる。またコードリール式なので、収納する際もスッキリ収まるだろう。

コルビー「ズボンプレッサー 3300JC」

高級感のあるデザインが特徴の一台で、素材にやさしい加熱方式を採用している。ズボンの自動引き伸ばし機能も搭載されているので、ピシッと決めたい方におすすめしたい。

結論

ズボンプレッサーは、アイロンよりも手軽にシワが伸ばせる便利なアイテムだ。使い方は簡単なので、デキる男に見られるためにもぜひ、この機会に覚えておこう。リーズナブルな商品も多いので、ご家庭に一台備えておいてもいいかもしれない。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >