このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
自転車のチェーン交換にかかる料金の目安と交換後のメンテナンス方法

自転車のチェーン交換にかかる料金の目安と交換後のメンテナンス方法

投稿者:ライター 渡辺恵司(わたなべけいじ)

2020年4月20日

自転車の調子(乗り心地)がどうもおかしい、チェーンから異音がするというときは、チェーン交換の時期が近づいているのかもしれない。今回は、自転車のチェーン交換を業者にお願いした場合の料金の目安や、交換後のメンテナンス方法などを解説する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 自転車のチェーン交換を業者にお願いすべき理由

自転車のあらゆる部品はすべて消耗品である。とくにチェーンは消耗が大きく、定期的に交換しておかないと走行中に切れるなどし、思わぬ事故につながりかねないため注意しよう。

まずは、一般的な自転車のチェーン交換のタイミングと、業者にお願いすべき理由を解説する。

自転車のチェーン交換のタイミングとは

自転車のチェーン交換は「切れたら」「錆が発生して動きが鈍ってきたら」と思っている方は、気をつけたほうがいいだろう。お伝えしたように、チェーンが切れてしまえばケガや事故などのリスクが生じる。それにチェーンの寿命は、錆が発生する前に迎えてしまうことも多い。

見た目でわからない分、自転車のチェーン交換のタイミングは意外と難しい。一般的には「1年」もしくは「3,000〜5,000km」が目安とされているが、自転車の乗り方などによって前後することもある。

自転車を購入した販売店で定期的にメンテナンスを受けておくと、チェーン交換の適切なタイミングを教えてもらえるはずだ。

自転車のチェーン交換を業者にお願いすべき理由

すでに何度もチェーン交換をしたことがあり、勝手がわかっているという方なら自分で交換したほうが安くあがる。だが、慣れない方はチェーンを切断したりつなげたりなど、繊細な作業に手間取ってしまう可能性がある。

それに、チェーンは安全な走行に欠かせない重要なパーツでもある。交換は確実に行うことが重要だ。料金はかかってしまうが、自転車のチェーン交換は業者にお願いすることをおすすめしたい。

2. 自転車のチェーン交換にかかる料金の目安

自転車のチェーン交換を業者にお願いした場合、料金はいくらくらいかかるのだろうか?

自転車のチェーン交換にかかる料金(作業工賃)の目安

自転車のチェーン交換の料金は、業者によって設定が異なるほか「全ケース」「半ケース」などによっても変わってくる。全ケースとは、チェーンがすべてケースで覆われているもの、半ケースとは、主に上側部分がケースで覆われているものを指す。

また自転車のチェーン交換にかかる料金は、交換するチェーンの種類などによっても変わってくる。そのため正確には見積もりを出してもらう必要があるが、一般的な自転車のチェーン交換にかかる作業工賃は「全ケースで3,000円程度」「半ケースで1,500〜2,500円程度」が目安となり、ここにチェーンの代金が加わる。

なお、自転車のチェーン交換とあわせてケースを交換する際も、別途料金がかかるので覚えておこう。

3. 自転車のチェーン交換後のメンテナンスについて

自転車のチェーン交換が済んだら、次はメンテナンスだ。せっかく無事にチェーン交換が済んでも、メンテナンスをせずに走り続けてしまうとチェーンが弛み、走行中に切れてしまうといったリスクがある。それに、汚れが溜まれば錆などが生じてしまう。

自転車のチェーン交換をしたあと、少しでもよい状態をキープするためのメンテナンスについて、最後にお伝えしよう。

自転車のチェーンのメンテンナンス

1.ウエスをあてがい、パーツクリーナーをスプレーする
2.「1」で塗布した部分をウエスでぬぐい、汚れを拭き取る
3.上記の作業を、ペダルを回しながらチェーン1周分行う

下にウエスをあて、スプレータイプのパーツクリーナーを吹き付けよう。その際、車輪やローターなどにかからないように気をつけてほしい。ブレーキパッドが当たる部分に油が付着すれば、ブレーキの利きが低下してしまうおそれがあるためだ。

チェーン交換が済んでキレイになっても、自転車に乗っていればすぐに汚れが溜まってしまう。汚れの放置はチェーンの劣化につながるため、この手順で定期的にメンテナンスをしよう。

結論

自転車で安全に走行するためにも、チェーン交換は正確に行う必要がある。確かに料金はかかってしまうが、知識や技術がある方を除き、チェーン交換は業者にお願いすることをおすすめしたい。チェーン交換後は、定期的にメンテナンスをして劣化を防ごう。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ