このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
通気口フィルターの効果とは?簡単なお手入れ方法も紹介!

通気口フィルターの効果とは?簡単なお手入れ方法も紹介!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年4月30日

通気口フィルターは、人が健康的に生活していくために欠かせないものだ。今回は、通気口フィルターの効果を紹介する。また、初めての方でも簡単にできる掃除方法も紹介するので、時間があるときに実践してほしい。家族が気持ちよく生活できる空間にしよう!

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 通気口フィルターの役割

家にある通気口フィルターには、どんな役割があるのか?通気口フィルターの役割を紹介する。通気口は、24時間換気システムで部屋の空気と外の空気を入れ替えるためのものである。シックハウス症候群を予防するため、2003年に改正された建築基準法により設置義務が課せられている。通気口に取り付けるフィルターの役割は、空気中に漂うホコリなどを遮断して、クリーンな空気が通るようにすることだ。

2. 通気口フィルターの効果

通気口フィルターには、どんな効果があるのか?通気口フィルターの効果を紹介する。

多くの通気口フィルターは、ホコリだけでなく、花粉や黄砂・PM2.5などを遮断する効果がある。花粉やPM2.5は、人体に影響を与えてしまうことがある。特に小さい子どもがいる家庭は、子どもがクリーンな空気を吸えるように注意したい。また、花粉症や喘息などを持っている方も気をつけたい。新鮮な空気を部屋に取り入れるためにも、通気口フィルターで花粉やPM2.5が室内に侵入してこないようにしよう。

3. 通気口フィルターの種類

通気口フィルターにはどんな種類があるのか?通気口フィルターの種類を紹介する。

貼るだけのタイプ

屋内や室外の通気口に貼るだけの通気口フィルターだ。貼るだけのタイプは基本的に薄型で、簡単にフィルター交換できるメリットがある。四角や丸型など色々なかたちがあるので、大きさやかたちに合わせたものを購入しよう。

スポンジタイプ

スポンジ型の通気口フィルターは厚みがあり、貼るタイプのフィルターが使えない場合に適している。本体の内側にセットしたり、はさみ込んだりするタイプがある。

4. 通気口フィルターの交換方法

通気口フィルターはどのような手順で替えればよいのか?通気口フィルターの交換方法を紹介する。通気口フィルターは簡単に交換できるので、ぜひ実践してほしい。

【貼るだけのタイプの交換手順】

1. 古いフィルターを端からゆっくり剥がす
2. 新しいフィルター裏の接着部分に貼ってあるフィルムを剥がす
3. 通気口のかたちに合わせてフィルターをうえから貼りつける

【スポンジタイプの交換手順】

1. 通気口本体についているカバーを取り外す
2. 新しいフィルターと交換する
3. 通気口のカバーを元どおりに取りつける

5. 通気口フィルターのお手入れ方法

通気口フィルターのお手入れ方法を紹介する。掃除の頻度は2~3ヶ月に1回を目安にするとよい。定期的に掃除して、新鮮な空気が室内に入るようにしたい。

【手順】
1. 通気口カバーとフィルターを取り外しホコリを取る
2. フィルターとカバーを水洗いする
3. フィルターとカバーをよく乾かす
乾かす際は、直射日光に当ててしまうと熱でカバーが変形してしまうことがある。必ず日陰で乾かすようにしよう。
4. 濡れた雑巾で通気口の汚れを拭き取る

結論

通気口フィルターはホコリや花粉などを遮断して、室内に循環する空気をクリーンにしてくれる。フィルターの交換方法は簡単なので、ぜひ実践してほしい。また、2~3ヶ月に1回を目安に掃除するとよい。家族の健康を考えて、通気口フィルターをキレイに保ちたい。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ