このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
災害発生時に役立つ意外なアイテムを解説。備蓄本当に足りてますか?

災害発生時に役立つ意外なアイテムを解説。備蓄本当に足りてますか?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年9月 9日

自然災害はいつ起こるかわからない。災害によりガス、水道、電気などのライフラインが止まり、復旧のめどがたたない状況となる可能性もおおいに考えられる。そういった万が一に備えて、用意しておきたいものが「備蓄」だ。備蓄は災害時に生活するための食料や必需品を指す。今現在、自宅でどれくらいの備蓄が用意できているだろうか?自然災害を想定し、十分な量の備蓄があるか見直そう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 自然災害の備蓄の必要性

どうして災害のために備蓄が必要なのか。災害が起こったあとで食料品や生活必需品を買おうと思っても、スーパーやコンビニが品切れで購入できない可能性もある。災害後は支援物資が支給されることもあるが、それもすぐに届くわけではない。

そのため、最低でも家族が数日生活できるだけの物資を、各自で備蓄することが大切だ。ガス、水道、電気などのライフラインが止まってしまっても困らないように水、食料、日用品を自宅で備蓄しておこう。

2. 自然災害時の備蓄の種類【食料品】

災害が起こる前に必ず備蓄しておきたいものが食料品だ。私たちは飲食をせずには生活できない。

災害時に役立つ水の備蓄

災害時には飲料水がとても貴重になる。水は飲む分だけでなく調理に使う分も計算に入れておこう。2Lのペットボトルで人数分の水を備蓄するのが一般的だ。しかし、人数によっては2Lを飲み切るのが難しいため、飲料水として500mlのペットボトルを数本用意しておくと便利だ。

非常食におすすめの食料品

災害時には長期保存ができて、なるべく火を使わずに食べられる食事が重宝される。乾パンや缶詰、レトルト食品などを家族の人数に合わせて用意しておこう。また、はちみつや野菜ジュースは栄養豊富なため、災害時の栄養不足に効果的である。

食料品は入れ替えしながら備蓄する

非常食にも賞味期限がある。いざ災害が起こり備蓄を使う際に、賞味期限が切れていては意味がない。食料品や水の備蓄は賞味期限を定期的にチェックし、入れ替えを行いながら保管しよう。

3. 自然災害時の備蓄の種類【道具】

そのほかにも災害時に備蓄しておきたい道具を紹介する。

まず、カセットコンロとボンベがあれば、災害によってガスや電気が止まった状態でもお湯を沸かしたり調理したりできる。災害時でも温かい食事が摂れれば、空腹だけでなく精神的にも満たされるだろう。

また、電気がない場所で行動するために、懐中電灯と替えの電池は備蓄しておきたい。ろうそくとマッチも備蓄しておけば、電気の復旧まで時間がかかったとしてもより安心である。

4. 自然災害時の備蓄の種類【あると便利なもの】

災害時は普段と違い、生活に多くの制約を受ける。そのなかでもより快適に生活するために備蓄しておきたい、あると便利なものを紹介する。

災害時には十分な手洗いや消毒ができない可能性がある。ウェットティッシュを備蓄しておけば手やテーブル、食器などが清潔に保てるだろう。また、ラップはお皿に敷いて使うことで皿洗いの手間が省け、油性ペンと使えば丈夫なメモがわりにもなる。

そのほかにも包帯、タオル、ポリ袋、新聞紙など汎用性の高いものの備蓄は、災害時のいざという時に役に立つだろう。

5. 自然災害時の備蓄は何日分必要か

災害が発生したあと、すべての家庭にすぐに支援物資が届くわけではない。食料品の備蓄は最低限3~5日分は用意しておこう。食料品の備蓄イメージは1日につき水が3Lと食事が3食、これを家族の人数分用意する。3人家族であれば1日に必要な食料品の備蓄は水が3L×3人で9L、食事は3食×3人で9食分である。家族の人数が増えれば増えるほど、災害時に必要な備蓄は増えていく。日頃から少しずつ災害への意識を持ち、準備を進めるといいだろう。

結論

いつ災害が起こり、私たちの生活に影響が及ぶかわからない。もしもの時に備え、避難生活に困らないための備蓄について考えよう。災害後すぐは人命救助が中心となる。そのため、支援物資に頼らず、自分たちである程度の水や食料を揃えておくことが重要だ。いざというときに家族が困らないためにも、今回紹介した内容を参考に備蓄を充実させてもらいたい。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ