このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
雑誌は切り抜きで保管しよう!解体方法からおすすめの整理方法を紹介

雑誌は切り抜きで保管しよう!解体方法からおすすめの整理方法を紹介

投稿者:ライター 吉田梨紗 (よしだりさ)

2020年5月25日

雑誌の保存に困っているなら、切り抜きがおすすめだ。必要なページや部分だけを厳選して残すことができるし、上手に整理して保存すれば、あとから見返すときもわかりやすい。この記事では、雑誌の切り抜きをする方法や、おすすめの保存方法を紹介する。著作権に関する知識や便利なアプリについても解説するので、ぜひ参考にしてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 雑誌の綺麗な切り抜き方法

雑誌を切り抜きする場合、カッターで切り取ると他のページを傷つける可能性がある。キレイに切り抜くためには、雑誌を解体する必要があるだろう。製本によって解体方法は違うので、「中綴じ」と「無線綴じ」に分けて解説する。

中綴じの解体方法

製本が中綴じだと、雑誌の真ん中を針で留めてあるのが確認できる。芯を取る専用のリムーバー(除針器)を用意しておくと便利だ。

雑誌には大きな芯が使われているため、ホチキスについている簡易的なリムーバーだと解体するのは難しい。切り抜きしたい雑誌のページを破くことなく芯を除去したいなら、専用の商品を用意しておこう。

無線綴じの解体方法

針や糸が確認できない場合は、のり付けによる無線綴じで加工されている。のりは熱に弱いので、温めることで解体することが可能だ。

背表紙にアイロンやドライヤーを当ててみよう。高温で加熱すると火傷したり、切り抜きする前に雑誌が傷んだりといったリスクがあるので、まずは低温から始める。電子レンジで1分ほど加熱する方法なら、時間や手間をかけずに解体できるだろう。

2. 雑誌の切り抜きの上手な保存方法

雑誌の切り抜きをしたあとは、無くさないよう上手に保存したい。大事な切り抜きをわかりやすく整理する3つの方法を紹介する。

スクラップブックを作る

帳面に雑誌の切り抜きを貼り付けてスクラップブックにする方法だ。レイアウトは自由に決めることができ、メモも自由に書き込める。

たとえば、レシピの雑誌なら、味の感想や自己流のアレンジを書き加えてもよいだろう。少し手間はかかるが、自分だけの大切な作品になる。

ファイルで分類する

クリアファイルに雑誌の切り抜きを入れれば、中が透けて見える。いくつかのファイルを用意しておき、雑誌の種類や期間で分類するとわかりやすい。

また、切り抜きを残すか迷ったときにも、ファイルは便利だ。その場では保存して後から見直すことで、本当に必要な雑誌の切り抜きを厳選できる。

クリアフォルダー

雑誌の切り抜きをクリアフォルダーに入れれば、冊子のように保存できる。ページをめくるだけで、内容を確認することが可能だ。

バインダーとクリアポケットリーフを活用してもよいだろう。ページが足せるので、雑誌の切り抜きが増えても安心だ。

3. 雑誌の切り抜き行為は著作権違反なの?

雑誌の文章や写真は著作権で保護されている。切り抜き行為の違法性について、基本的な知識をまとめた。

切り抜きに違法性はない

雑誌の切り抜きは違法ではない。著作権には違反していないため、自由に楽しむことが可能だ。

自分で購入した雑誌であれば、家族や友人との回覧についても認められている。切り抜きを他人に見せても違法ではないので安心しよう。

コピーに注意

自分や家族で楽しむ私的使用以外で、雑誌をコピーすることは複製権の侵害にあたる。(※1)雑誌をコピーして切り抜き、他人と回覧すると違法になるので注意しよう。

また、雑誌の内容をインターネットにアップするのも、著作権侵害となる。無断に転写すれば「公衆送信権」や「送信可能化権」に抵触するので、切り抜きにとどめよう。

4. 雑誌の切り抜きはアプリを活用しよう

雑誌の切り抜きが簡単にできるアプリをご存知だろうか。メリットや機能など役立つ情報をまとめたので、ぜひ参考にしてほしい。

専用アプリがおすすめ

雑誌の切り抜きが多くなると、保存するのが大変だ。劣化したり破れたりといったリスクも考えられるだろう。スクラップアプリなら写真で撮影するだけで、切り抜きとして保存ができる。

解体したり、切り抜いたりといった手間もなく、誰でも簡単にスクラップすることが可能だ。スマホ一台に切り抜きがまとまるので、外出先でもすぐに閲覧できるだろう

便利機能を活用しよう

雑誌の切り抜きを作る以外でも、アプリにはさまざまな機能がある。数多くのスクラップアプリがあり、それぞれ機能も違うので、いろいろと比較してみよう。

たとえば、メモをしたり、マーカーを引いたりといった機能を備えたアプリは多い。検索機能があれば、見たい切り抜きがすぐ見つかるだろう。

結論

雑誌を切り抜きすれば、本当に必要なページや情報のみを手元に残せる。キレイに解体したあとは、大切に保管しよう。ファイルを使ったり、スクラップブックを作ったりと、わかりやすい方法で整理してほしい。紙の状態で残すのが難しいなら、便利な切り抜きアプリを活用してもよいだろう。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ