このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
雑誌のサイズを一覧で紹介!規格や比率など基本的な知識をまとめた

雑誌のサイズを一覧で紹介!規格や比率など基本的な知識をまとめた

投稿者:ライター 吉田梨紗 (よしだりさ)

2020年5月22日

雑誌のサイズに種類や違いがあることをご存じだろうか。雑誌は一般的な書籍よりサイズが大きいため、「本棚にスッキリ収まらない」といった経験は多いだろう。この記事では、雑誌の規格やサイズについて紹介する。サイズの一覧や雑誌のサイズが必要なシーンと併せて、詳しく解説していこう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 雑誌のサイズのA判とB判の違い

雑誌や本のサイズを確認する場合、A判とB判に分かれる。どのような違いがあるのか、基礎知識を紹介しよう。

版型とは?

版型(はんけい)とは本の規格を表している。A4やB5といった呼び方を聞いたことがある方は多いだろう。書籍や雑誌、事務用品のサイズを区別することが可能だ。

コミックや画集、小説、雑誌など、本の種類によって適した判型は違う。版型について学ぶことで、雑誌の正確なサイズを把握できるだろう。

A判とB判の違い

ドイツの物理学者「オズワルド」が考案したとされるA判は国際規格、B判は日本の和紙「美濃判」を基にした日本国内の規格だ。B判は日本人向けの書籍や雑誌に使用されることが多い。

A判とB判の発祥は異なるが、縦横の比率は「1:√2」で共通している。「白銀比」と呼ばれており、半分に折りたたんでも、縦横の比率が変わらない。

2. 雑誌や本のサイズ一覧

一般的な書籍の規格と寸法について紹介しよう。また、雑誌サイズの種類や違いについても、詳しく解説するのでぜひ参考にしてほしい。

基本的な版型を紹介

A判のサイズを紹介しよう。数字の小さい方がサイズが大きくなるのは、A判とB判で共通しているので、注目して確認してほしい。

【サイズ:幅×高さ】
  • A4判:210×297mm
  • A5判:148×210mm
  • A6判:105×148mm
次はB判のサイズだ。A判と比較してサイズが大きいのが分かるだろう。

【サイズ:幅×高さ】
  • B4判:257×364mm
  • B5判:182×257mm
  • B6判:128×182mm
例えば、A4判の場合は写真集や美術全集、B4判だと大きな画集やグラフ雑誌が主だ。A6判は文庫本、B6判は単行本のサイズと考えてよいだろう。

文芸書の単行本に多い四六判(127×188mm)、絵本などに使われる重箱版(182×206mm)など、他にもいろいろな判型がある。また、出版社や書籍によっては、多少サイズに差がでることがあるので注意しよう。

雑誌のサイズは?

雑誌にはいろいろな種類があり、版型にも違いがある。文芸雑誌や総合雑誌の版型はA5判、一般雑誌はB5判が一般的だ。

他にも大きめの雑誌に使われることが多いAB判(210×257mm)もある。実際に雑誌を購入するときは、版型のサイズにも注目してほしい。

3. 雑誌や本のサイズが必要になる時は?

いつも購入している雑誌のサイズについて、知らない方も多いだろう。なぜサイズを知る必要があるのか、3つの理由について解説する。

本棚を選ぶとき

文庫本や単行本と比べてサイズが大きい雑誌は、本棚に入らないことが考えられる。お気に入りの雑誌をキレイに並べたいなら、棚板の間隔が広い本棚が必要だ。

版型と寸法を知っておけば、棚板の高さや奥行きを雑誌のサイズと合わせられる。大切な雑誌が無駄なくスッキリと収まり、「入らない......」といったトラブルもなくなるだろう。

バッグを購入するとき

バッグに雑誌が入らないと、折り曲げたり、手に持って歩いたりする必要がある。手軽に持ち運びたいなら、スッポリと入るサイズのバッグを用意したい。

いつも購入する雑誌のサイズが分かれば、バッグを選ぶときの目安になる。雑誌を購入するときや持ち運ぶときに役立つだろう。

ブックカバーの購入や自作に

ブックカバーのサイズは書籍や雑誌と共通している。所有している雑誌と同じ判型のブックカバーを選べば問題ない。

また、ブックカバーを自作するときにも、雑誌のサイズを把握しておくと役に立つ。文庫本や単行本と比べると雑誌サイズに合うブックカバーは少ないので、手作りしてみてもよいだろう。

4. 女性ファッション雑誌のサイズは?

女性用のファッション雑誌のサイズは、一般的な雑誌と少し異なる。詳しく解説しよう。

女性誌のサイズは統一されている

以前は出版社によって女性ファッション雑誌には1~2mmほどの差があった。しかし、現在では大手出版社で発売している女性ファッション雑誌のサイズは、232×297mmで統一されている。

一般的なA4判(210×297mm)に比べて横のサイズが長い「A4変型」だ。横長にすることで、中の写真をキレイに見せる効果がある。

バッグサイズが人気

一般的な女性ファッション雑誌をそのままコンパクトにした「バッグサイズ」「ミニサイズ版」が人気を集めている。判型はB5なので、一般的な女性ファッション雑誌と比べて小さい。

「重たい雑誌を持ち歩きたくない」といった女性の要望に応えた形だ。小さめのバッグに収まる、電車やバスでも読みやすいといったメリットがある。

結論

雑誌は、種類によって細かいサイズが異なる。一般的な書籍に比べると大きいので、本棚やブックカバーなどを購入する場合は、正確なサイズが必要だ。A判とB判の違いや版型の知識を持っていれば、正しいサイズが分かるだろう。ただし、女性ファッション誌のサイズは少し特殊なので、また別に確認してほしい。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ