このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ETCの取り付け手順!注意点や業者に頼んだときの費用、時間目安も

ETCの取り付け手順!注意点や業者に頼んだときの費用、時間目安も

投稿者:ライター 渡辺恵司 (わたなべけいじ)

2020年6月24日

ETCを利用するには、車載器とカードが必要だ。今回はそのうち車載器を自分で取り付ける場合の手順や注意点をお伝えする。あわせて業者に取り付けを頼んだときの費用や時間の目安も紹介するので、ぜひ参考にしてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ETC取り付け前にセットアップを確認しておこう

ETCとは電子料金収受システムのことだが、本稿では便宜上「ETC=車載器」として解説を進めていく。まずは、ETCの取り付けに欠かせないセットアップについて知っておこう。

セットアップとは

ETCの取り付けに先立ち、セットアップを済ませておく必要がある。セットアップが済んでいないETCは、たとえ正しく取り付けられていても使用できないので覚えておこう。セットアップとは、車両情報を暗号化しETC本体に書き込んでいく作業のことだ。新規でETCを購入した場合はもちろん、車を買い替えた、ナンバーが変わったといった場合も情報を書き換える必要があるため、セットアップしなおすことになる。

セットアップは自分ではできない

残念ながら、ETCのセットアップを自分(個人)で行うことはできない。新車購入と同時にETCを取り付けするのであればディーラーや販売店に、後から取り付けるためにカー用品店などで購入したときは店舗(併設工場)にお願いしよう。そのほか、整備工場や中古車販売店で対応してくれることもある。対応してくれる店舗を探すのは、ETC総合ポータルサイトが便利だ。

2. ETCの取り付け手順と注意点

続いて、ETCを自分で取り付けする際の手順と注意点を解説する。なおETCにはアンテナ一体型、アンテナ分離型などがあるが、ここでは後者「分離型」で説明する。

ETCの取り付け位置

ETCは、取り付ける位置が重要なので覚えておこう。車載器をダッシュボードや元から備えられているポケットなどに設置し、アンテナをフロントガラスの上部中央付近に取り付けるのが一般的だ。車載器は、できれば車の外から見えない位置が望ましい。ETCカードの盗難リスクをできるだけ減らすためだ。アンテナは、検査標章と重なったり視界の妨げになったりしない位置を選ぼう。

ETCの取り付け手順

1.ETCに付属している電源コードにコネクターを取り付ける
2.ヒューズボックスから常時電源とACC電源を取り出す
3.通電が確認できたヒューズを抜き、フリータイプのヒューズを差し替える
4.アンテナを貼り付ける
5.車載器本体に電源コードとアンテナ配線を接続する

取り付け方をざっくりお伝えするとこのような流れになる。詳しくはガイドなどを参照してほしい。電源と車載器をつなぐだけなので作業は単純だが、知識がない方にとっては少々ハードルが高いかもしれない。無理をせず店舗やディーラーにお願いするほうがよいだろう。

ETCを取り付ける際の注意点

ETCの取り付けでは、ヒューズを差し替える際の向きに注意しよう。また、通信がうまくいかないと、いざETCレーンに進入した際にゲートが上がらないことがある。急ブレーキは後続車に追突されるといったリスクもあるため、アンテナの向きや取り付け位置などにも注意しよう。

3. ETCの取り付けを業者に頼むと費用や時間はどれくらい?

最後は、ETCのセットアップや取り付けを業者に頼んだ場合、費用や時間はどれくらいかかるのか目安をお伝えする。

ETCの取り付け費用

業者によって料金設定が異なるほか、その他の条件などによって多少前後するかもしれないが、ETC取り付けにかかる費用はおおよそ4,000〜8,000円ほどが目安になる。一方セットアップは3,000円前後を見ておくとよいだろう。

なお、カー用品店などでは「ETC本体」「セットアップ」「取り付け」までを10,000〜15,000円といったセット価格で提供しているところもある。自分で取り付けするよりも出費は膨らむが、セットアップのついでに頼めれば効率もよいだろう。

ETCの取り付けにかかる時間

ETCのセットアップと取り付けにかかる時間は、おおよそ60〜90分が目安となる。ただし混雑状況によっては大幅に待つ可能性もあるため、事前に確認しておこう。ちなみにセットアップのみなら20分ほどで終わることが多い。

結論

ETCは自分で取り付けできるが、セットアップだけは店舗やディーラーなどにお願いしなければならない。ETCを購入するときは時間に余裕を持たせて、セットアップから取り付けまですべてお願いしたほうが効率がよいだろう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ