このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
レンジテーブルは据え置きガスレンジの心強い見方!選び方とおすすめ

レンジテーブルは据え置きガスレンジの心強い見方!選び方とおすすめ

投稿者:ライター 渡辺恵司 (わたなべけいじ)

2020年6月19日

キッチンのスペース不足に悩むご家庭は多いだろう。収納もそうだが、作業スペースが足りずに困ることもある。今回は、その中でも据え置きタイプのガスレンジに最適なレンジテーブルの選び方や、おすすめのレンジテーブルを紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. スペース不足を解消!レンジテーブルとは?

キッチンのスペース不足解消に大きく役立つというレンジテーブルは、そもそもどういったアイテムなのだろうか?特徴や利点・欠点などをお伝えしよう。

レンジテーブルとは

レンジテーブルとは、主に据え置きタイプのガスレンジの下に設置するテーブルのことを指す。引き出し式で、必要なときにだけ簡易的なテーブルとして使用できるのが一般的だ。

レンジテーブルの利点と欠点

ガスレンジの下に置くだけなので手軽に設置できる点、作業スペースやカットした食材の一時的な保管場所が簡単に作れる点などは、レンジテーブルの大きな利点だろう。据え置き型のガスレンジをお使いで、キッチンが狭くスペース不足に悩むご家庭であればぜひともほしいアイテムだろう。

ただし、レンジテーブルは万能というわけではないので注意が必要だ。とくに気をつけたいのが耐荷重だろう。レンジテーブルは、商品ごとに耐荷重が設定されている。超えてしまうと破損したり置いてある食材が落下したりするリスクがある。熱い汁物などをこぼしてしまえば火傷を負うおそれもある。耐荷重にだけは十分注意しよう。また、ガスレンジの目の前にテーブルが出るため、炒めものの最中などは使いにくいかもしれない。こうした点は、レンジテーブルの欠点として覚えておこう。

2. 失敗しないレンジテーブル選びのポイント

レンジテーブルはさまざまなメーカーが製造し販売している。選ぶときに失敗しないように、ポイントを押さえておこう。

レンジテーブル選びのポイント

まずチェックしたいのが大きさだ。据え置きタイプのガスレンジには60cmや56cmといった規格がある。当然、レンジテーブルもそれに合わせて造られているので迷うことはほとんどないはずだが、念のためお使いのガスレンジとレンジテーブルの大きさは確認しておこう。

次にチェックしたいのが耐荷重だ。一般的なレンジテーブルの耐荷重は5kg程度と、そこまで高くはない。上述のように、耐荷重を超えてしまうと壊れたり載せているモノが落ちたりして危険なので、耐荷重は必ずチェックし守るようにしよう。

もうひとつ、お手入れのしやすさもチェックしておきたいポイントだ。レンジテーブルはガスレンジの目の前で使うため、油が跳ねたり汁物がこぼれたりなどどうしても汚れやすい。フッ素加工で汚れが落ちやすいレンジテーブル、錆びにくいガルバリウム鋼板のレンジテーブルなどもあるので、素材にも忘れずに目を向けよう。

3. フッ素加工も!おすすめのレンジテーブル

おすすめのレンジテーブルを最後に紹介する。フッ素加工やガルバリウム鋼板のレンジテーブルもあるので、ぜひ選ぶ際の参考にしてほしい。

イワタニ「レンジテーブル IR-100F」

油汚れなどを落としやすいフッ素加工が施されたレンジテーブルだ。テーブルは2枚あり耐荷重は5kgだ。テーブルを引き出したときのサイズは幅590×奥行415×高さ37mm。

サミック「テーブルを外して洗えるレンジテーブル SV-100-4」

外して洗えるレンジテーブル。錆びにくいガルバリウム鋼板が使われている。テーブルを引き出したときのサイズは幅590×奥行427×高さ35mm、耐荷重は合計で5kgだ。

ゴトウ「スライド式ガスレンジテーブル」

こちらも、錆びにくいガルバリウム鋼板を使ったレンジテーブルだ。テーブルは左右2枚あり、耐荷重は合計5kgとなっている。上記2商品と同様に59cmのガスレンジ用だ。

結論

据え置きタイプのガスレンジをお使いでスペース不足にお悩みなら、ぜひレンジテーブルを検討してみてはいかがだろうか?サイズや耐荷重など気をつけていただきたいポイントはあるが、限られた空間に新たなスペースが生まれるのはさぞ感動だろう。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ