このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
湿度を下げる方法とは。習慣にしたい普段からできる湿度対策

湿度を下げる方法とは。習慣にしたい普段からできる湿度対策

投稿者:ライター 松岡由佳里 (まつおかゆかり)

2020年6月27日

高温多湿の日本の気候。湿度は私たちの健康にも大きな影響を及ぼす。とくに夏場の湿度を下げることができれば快適に過ごせるだけでなく、熱中症の予防やカビ・ダニの発生を抑えることができる。湿度が上がってしまった部屋の湿度の下げ方、普段からできる湿度対策などを紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 湿度を下げる前に知りたい!部屋の湿度が高い原因

部屋の湿度が高い原因は、いろいろある。自分ではどうしようもできない場合や工夫次第では湿度を下げることができる場合もある。

建物の構造

一戸建て住宅の場合には、湿度を下げるため、東西南北に風が通りやすいように窓を設けていることが多い。一方、マンションのような集合住宅では両隣に部屋があるため、風の通り道は玄関からベランダの一方向しかない。

また、窓が小さく普段から日中閉め切っていると湿度を下げることが難しくなる。このような建物の構造自体が湿度を溜め込んでしまう原因になる。

さらに、マンションの場合、1階の方が地面からの湿度の影響を受けやすく、立地的に近くに川が流れている場合にも建物に湿度がこもりやすくなる。

部屋干しをする

日中、仕事で家にいない方も多いだろう。とくに女性の場合、防犯上の理由もあって洗濯物を外に干せず部屋干しが多くなる傾向がある。閉め切った部屋で部屋干しをすると、衣類から蒸発した水分の逃げ場が無くなり、湿度が一気に上がってしまう。湿度を下げるためには、できるだけ部屋干しを避けることだ。

天候

雨が降り続く梅雨の時期になると、当然湿度も上がってしまう。それに気温の上昇が加われば、不快指数100%へと限りなく近づく。

さらに、冬場であっても外気温と部屋の温度の差によってサッシなどに結露ができてしまう。これによって湿度が上がり、カビの発生につながる。

天候は自分ではどうしようもないことだが、湿気対策をして湿度を下げることを考えなくてはならない。

2. 湿度を下げる前に知りたい!湿度が高いと起こること

部屋の湿度が高くなると、いろいろな不快の原因になる。健康上にも悪影響を及ぼすので注意したい。

ダニやカビの発生

湿度が65~85%、温度が25~28℃になるとダニが活発に動き回り繁殖を始める。また、湿度60%、温度20~30℃の環境下ではカビが発生しやすくなる。いずれにせよ、湿度60%を超えると、こうした不快なモノが私たちの生活を脅かす。

空気中に漂うカビの胞子やダニの死骸やフンなどは、アトピーや小児喘息などアレルギーの原因となることもある。湿度を下げることで原因を取り除こう。

体調の悪化

場合によっては、湿度を下げることが命を救うこともある。湿度が高くなることで、汗をかいても体温調節がうまくいかず熱中症になりやすくなるからだ。

とくに、近年は熱帯夜が続くことが多い。熱中症を予防するには部屋の温度とともに湿度を下げることが重要だ。

また、体内に熱がこもってしまうことで体がだるく感じたり、食欲不振になったりする。よく眠れない夜が続くと、体力を消耗して夏バテの原因になる。

3. 上がってしまった部屋の湿度を下げる方法

上がってしまった湿度を下げるためには、どのような方法が効果的なのだろう。

エアコン

手っ取り早い方法がエアコンだ。ただし、冷え性の方にとって長時間の冷房はかえって体調を崩す原因になる。部屋の温度を下げずに湿度だけ下げる運転をしよう。

エアコンには「弱冷房除湿」と「再熱除湿」という除湿方法がある。弱冷房除湿は、室温を下げながら湿度を下げる方法。再熱除湿は室温が下がらないように、空気を再加熱して湿度を下げる方法だ。

エアコンで体が冷えるのは避けたいがムシムシするのは嫌だという場合は、再熱除湿機能を使えば快適に過ごせる。

除湿機

エアコンよりも電気代が節約できると注目されているのが除湿機だ。本体自体もエアコンよりも安く、さらに工事も必要ない。持ち運びもできるので、湿度を下げたい場所に持って行って使うことができる。

部屋干しをしている部屋に持っていけば、早く洗濯物が乾くので生乾き臭もなくなる。空気清浄機機能、洗濯物乾燥機能などがついたハイブリッドな除湿機も人気だ。

4. 部屋の湿度を下げるために普段からできること

湿度は人が体感として感じるだけでなく、部屋のいろいろなところに溜まってカビなどの原因を作っている。普段から湿度を下げる工夫をすることで、湿度溜まりを少なくしよう。

家具の配置を考える

狭い部屋では、できるだけ効率的に家具を並べてスペースを取りたいと考える。しかし、壁に沿って隙間なくきっちりと家具を並べてしまうと、空気の流れが悪くなって湿気がこもってしまう。

湿度を下げるためには、家具を壁からわずかに離し、家具と家具との間も5㎝ほど開けるようにする。

空気の通り道を作る

部屋の中の空気の通り道を作ることが大切だ。その場合、空気の入口だけを作っても空気はスムーズに入れ替わってくれない。出口を作ることが肝心だ。対角線上の窓を開け、「入口は小さく」「出口は大きく」開けることで空気が勢いよく部屋の中を通過し、湿度を下げる効果がアップする。

除湿剤を使う

下駄箱やクローゼットにも湿気は溜まりやすい。定期的に扉を開けて空気の入れ替えをしてやることが理想的だ。うっかり忘れてしまいそうな場合には、除湿剤をセットしておこう。湿気は空気よりも重いので、必ず一番下にセットしておくことが効率的に湿度を下げるコツだ。

結論

湿度が高くなると、不快なだけでなく健康上にもいろいろな影響が出てくる。湿度が高くなる原因は、家の構造や立地、気候など仕方のないことも多い。しかし、工夫次第では湿度を下げることも十分可能だ。一度、部屋の中の空気の流れ、湿気が溜まりやすい場所などをチェックして湿気対策をしよう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >