このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
玄関マット枕で肩こりや不眠症状を改善!効果や作り方を徹底解説

玄関マット枕で肩こりや不眠症状を改善!効果や作り方を徹底解説

投稿者:ライター 宗形ミナ (むなかたみな)

2020年6月21日

日頃、肩こりや不眠の症状に悩まされていないだろうか。寝るときに使っている枕が合っていないことが原因かもしれない。オーダーメイドで枕を作れれば一番よいが、仕事や家事などで忙しく、枕を作りにいく時間が取れない方もいるだろう。そのようなときは、まず「玄関マット枕」を試してみてはいかがだろうか。この記事では、玄関マット枕の効果や作り方を解説する。肩こりや不眠に悩まされている方は、ぜひ参考にしてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 玄関マット枕とは

「玄関マット枕」と聞いて、どんなものか想像がつかない方もいるだろう。ここでは、玄関マット枕がどのようなものか解説する。

玄関マット枕とは、玄関マットとタオルケットで作る枕のことだ。これは、長年睡眠姿勢を研究している医師が考案したもので、睡眠中の理想的な姿勢を保ち快眠へ導くとされている。以前、NHK「ガッテン!」でも快眠枕として紹介され話題となったこともある。

2. 玄関マット枕の効果

快眠枕としてテレビで紹介されたこともある「玄関マット枕」。しかし、玄関マットとタオルケットで作った枕に効果があるとは思えないという方もいるだろう。ここでは、玄関マット枕の効果を解説していく。

玄関マット枕で得られる効果は以下の通りだ。

・肩こりが改善する
・快眠できる

枕は身体に合ったものを使用しないと首や肩に負担がかかり、コリの原因となってしまう。また、睡眠中の姿勢が悪化し熟睡できない原因にもなる。

既製品の場合、自身に合わせて高さを調整することはできないため、自身に合っていないものだと上記のような問題が生じてしまう。しかし、玄関マット枕の場合は、自身に合わせて高さ調整が可能。玄関マットの硬い素材によって、頭をしっかり支えることができ、スムーズな寝返りを実現できる。

そのため玄関マット枕を自身に合わせて調整すれば、肩こりが改善するのはもちろんのこと、スムーズな寝返りの実現により快眠効果も得られるのだ。

3. 玄関マット枕の作り方

玄関マットとタオルケットさえ用意すれば、玄関マット枕を作ることができる。家にあるもので簡単に作れて、肩こり改善や快眠効果が得られるとなれば利用しない手はないだろう。ここでは、玄関マット枕の作り方を紹介する。

必要なもの

・玄関マット(座布団でも代用可)
・タオルケット(バスタオルで代用可)

作り方

1.玄関マットを3つ折り(Z字型)にする
2.タオルケットの端をしっかり合わせた状態で、じゃばら折りにする
3.玄関マットの上に2を重ねる(バスタオルの場合は、2~3枚重ねる)

上記の3ステップで玄関マット枕は完成する。タオルケットを重ねるときには、輪の部分を下向きにすると安定しないため、必ず輪が上向きになるようにしよう。

調整方法

玄関マット枕が完成したら、自身に合った高さに調整する必要がある。仰向け・横向き・寝返りが快適になるように合わせることが重要だ。

まず、玄関マット枕の端部分に肩がくるようにして仰向けで寝る。タオルケットをめくりながら、頭から肩にかけての力が抜ける高さに合わせよう。続いて、横向きになり頭から腰までが布団と平行かどうかを確認。このとき、全身鏡などの大きな鏡を横に立てかけて置くと、全身を確認しやすい。最後に、手をクロスした状態で胸に当て、力を入れなくても寝返りがスムーズに打てる状態かどうか確認しよう。

4. 玄関マット枕作りのポイント

玄関マット枕を作る際には、いくつか押さえてほしいポイントがある。このポイントを押さえないと、せっかく作った枕が意味のないものになってしまうため、要チェックだ。

硬い素材を選ぶ

玄関マット枕作りに必要な玄関マットやタオルケットの素材は、毛足が短く硬いものがよい。柔らかい素材だと、寝返りがスムーズにうてなくなるからだ。座布団やバスタオルで代用する場合は、使い古して硬くなっているものや、ゴワゴワしているものを選ぼう。

普段使っている寝具の上で作る

玄関マット枕を作る際は、寝るときに使っている寝具の上で試しながら作るとよい。他の場所で作った枕は実際に寝具の上で使うと、高さなどが合わない可能性があるからだ。

枕の高さはミリ単位で合わせる

枕の高さは数ミリ変えただけでも、寝返りのうちやすさに変化が出る。適当に決めることなく、玄関マット枕のタオルケット部分を1枚ずつめくりながら、ちょうどよい高さに合わせよう。

結論

肩こりや不眠は、枕が合っていないことによって生じている可能性がある。仕事などで忙しいときにオーダーメイドの枕を作ったり、お店へ探しに行ったりするのは大変だが、玄関マット枕なら家にあるもので簡単に作れる。肩こり解消や快眠のために、玄関マット枕を試してみてはいかがだろうか。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >