このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
万年筆のインクが出ない原因とは?困った時の対処法も解説

万年筆のインクが出ない原因とは?困った時の対処法も解説

投稿者:ライター 八木光代 (やぎみつよ)

2020年6月30日

万年筆は半永久的に使うことができるアイテムだ。オシャレな見た目で高級感があるが、時にインクが出なくなることがある。この記事では、万年筆のインクが出ない原因や対処法を解説する。また、正しい持ち方の解説もするので参考にしてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 万年筆のインクが出ない原因とは?

万年筆を使っていてインクが出なくなることがあるが、なぜなのだろうか?万年筆のインクが出ない原因を解説する。

ペン先のインクの乾き

万年筆のインクが乾くとペン芯が詰まった状態になり、インクが出ないことがある。長期間にわたって使用していなかったり、キャップを閉めずに保管したりするとインクが乾くので注意したい。使用後は、すぐにキャップを閉める習慣を身につけよう!

ペン先の損傷

誤ってペンを落としてしまったり、ペン先をぶつけてしまったりするとペン先が損傷してインクが出なくなってしまうことがある。ちょっとした不注意から損傷に繋がることがあるので、普段から取り扱いには十分注意してほしい。

2. 万年筆のインク出ないときの対処法

実際にインクが出なくなってしまった時はどうすればよいのか?万年筆のインクが出ないときの対処法を解説する。万年筆のインクが乾いて出ない時は、ペン先を洗ってインクの詰まりを解消するとよい。困った時に自身で試してみよう。また、取り扱いには十分配慮するとよい。

インクが乾いてしまった場合

【準備する物】
  • 深めのコップ
  • やわらかい布
【作業手順】
  • 万年筆のペン先の部分と胴を逆方向に回転させて取り外す
  • ペン先の部分からカートリッジを取り外す
  • 水の入ったコップに、ペン先部分を静かに入れる
  • そのまま一晩放置する
  • 一晩たったらペン先をコップから取り出し、流水で洗う
  • やわらかい布で水分をしっかり拭き取り乾燥させる

ペン先が損傷してしまった場合

ペン先を損傷させてしまった場合には自身で修理せず、必ず専門家に修理を依頼してほしい。万年筆は複雑な設計になっている。ペン先だけが湾曲しているように見えても、内部まで修理が必要なケースもある。落下などで損傷してしまった場合は自己判断せずに、すぐに専門店へ持っていこう。

3. 新品の万年筆のインク出ないときの対処法

購入したばかりの万年筆のインクが、出にくいことがある。購入したばかりの万年筆のインクが出ないときの対処法を解説する。
使いはじめだとインクがペン先まで浸透するのに時間がかかるので、なかなか出てこないこともある。カートリッジの中央部分を摘むようにして押してみると、インクがペン先まで浸透しやすくなるので試してみてほしい。
つい万年筆を振ったりペン先を強く押し当てたりしてしまいがちだが、ペンを落とす恐れやペン先が破損することもあるので絶対に避けよう。

4. 万年筆のインクが出ないのは持ち方が悪い可能性がある

万年筆の持ち方が正しくないと、インクが出ない場合がある。万年筆の正しい持ち方を解説する。インクが出ない時には、持ち方を見直そう!

正しい万年筆の持ち方

正しい持ち方は、ペン先の表面が上になるようにしてやさしく持つことだ。紙とペン先の角度は、ペンで書く時よりも角度をつけて、寝かせ気味にするとよい。
また、ペン先を紙に強く押し当てると、ペン先に力が加わりインクが出ないことがある。万年筆の重さで書くようなイメージで滑らせるように使うとよい。持ち方と筆圧に注意しながら使ってみよう。

結論

万年筆は長期間使っていなかったり、キャップを閉め忘れたりするとインクが乾いて出なくなる。万年筆のインクが出ない時に、この記事で解説した対処法を実践しよう。振ったり押し付けたりすると故障してしまうので注意してほしい。なめらかにインクが出る万年筆で、美しい字を書いてみよう!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ