このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
網戸には目隠しシートがおすすめ!その効果やシートの種類を解説

網戸には目隠しシートがおすすめ!その効果やシートの種類を解説

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年6月 1日

外からの視線や日差し、光熱費をカットする「網戸の目隠しシート」。網戸に取り付けておくと、のぞかれることなく自然の風を室内に取り込み、エコロジーな生活を満喫できる。そこで今回は、目隠しシートの種類や効果、取り付けるメリットなどを解説する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 網戸に目隠しする効果とは?

網戸に目隠しを設置すると、さまざまな効果が得られる。主に3つの効果を解説する。

遮光してUVカットできる

網戸に目隠しを設置すると、光を遮り紫外線の影響を受けにくい。特に、夏の暑さや冬の水平に差し込む日差しに体力を奪われて体調を崩しやすい方におすすめだ。また、家具や家電の日焼けによる劣化を防ぎ、室温を下げて光熱費を節約する効果も期待できる。

目隠しによって部屋に差し込む直射日光を遮ることができれば、それだけで居心地よく過ごせるのだ。

外からの視線を遮り部屋のアクセントにもなる

網戸の目隠しは幾何学的な模様であったり、霞がかった色をしていたりなどさまざまなタイプがある。これらのデザインは部屋のアクセントとしてもオシャレで、なおかつ外からの視線を遮る効果が期待できる。

カーテンに比べて、風通しのよさや窓を開けっぱなしにして過ごせる開放感を体感できるだろう。

蚊などの虫の侵入を防げる

目隠しを取り付けると、蚊などの小さな虫の侵入を網戸とダブルの効果で防ぐことができる。網戸の一部に穴が開いてしまった時の応急処置としてもおすすめだ。

2. 網戸の目隠しにはシートがおすすめ

網戸の目隠しシートとは、網戸に設置する目の細かいシートのことで別名「網戸カーテン」とも呼ばれている。窓を開けたまま外からの視線や紫外線などをブロックして、風を取り込むためのアイテムである。風で波打つカーテンにテレビの視聴が妨げられたり、窓際に飾ってあるインテリアがカーテンの裾で払い落とされたりといった煩わしさが解消されるのが大きな特徴だ。

サイズは腰壁の高さくらいのものと窓全体を覆うタイプの2通りがあり、窓に合わせてサイズ調整も可能だ。設置も簡単で、網戸に直接貼り付ける目隠しシートや窓枠にマジックテープのような面ファスナーを取り付け、脱着して使うタイプなどがある。簡単に取り外しができるのも嬉しい。網戸の目隠しシートは、エコロジーな暮らしをさらに快適にするためのマストアイテムだ。

3. 網戸の目隠しシートの種類

身近な100均やニトリでは、夏場は特にさまざまなデザインの目隠しシートが販売されている。ここでは目隠し対策として、窓にシールを貼る方法と網戸に直接設置する方法の2通りをご紹介する。

100均

100均で販売されている窓用目隠しシートも、網戸の目隠しシートとして活用できる。あくまで窓用となるため直接網戸に貼ることはできないが、シートを貼った窓を半開きにすれば網戸全面が丸見えになることはない。窓の一部や片開き窓に貼ってみるといい。程よく外の視線からプライバシーを守りつつ、風通しを確保できるだろう。価格も安くデザインも豊富なので、季節ごとに張り替えるのも楽しみのひとつとなるはずだ。

ニトリ

ニトリの「網戸用目隠しシート」は通気性を保ちつつ網戸に直接貼ることができる。遮光率約70%、使用可能期間は6ヶ月とされており、性能や耐久性の高さも魅力だ。シートはハサミでカットできるので、窓のサイズに合わせて見栄えよく仕上げることができるだろう。

4. 網戸をシート以外で目隠しする方法

シート以外で網戸を目隠しする方法としては、すだれや日除けシェードが有力だ。和風の外観であればすだれ、洋風の外観なら日除けシェードがおすすめである。選ぶ際は、家の外観に合うかどうかも重視しよう。

すだれ

日本人に馴染みのある日除け「すだれ」は、網戸の目隠し対策として部屋の内側と外側のどちらにも設置できる。夏になるとすだれを取り扱う100均が増えたため、お試しで購入してみるのもいい。

1階の面格子がついている窓には、紐で面格子とすだれを固定しよう。紫外線対策にもなるので、部屋の中の温度を下げて光熱費を節約できる。

日除けシェード

日除けシェードは洋風の外観の建物によく映える目隠しだ。外側から広い範囲にわたって窓を覆うことで、窓を全開にしていても外から網戸越しにのぞかれる心配が少ない。UVカット率も80%以上ある製品が多く、子どもがいるご家庭でベランダプールをする際の紫外線対策としてもおすすめだ。

結論

外から人に見られる心配が少なく、紫外線対策にもなる「網戸の目隠しシート」。網戸に取り付けておくと、自然の心地よい風を感じながらエコロジーな生活を満喫できる。年々暑くなる日本の夏には、暑さ対策も兼ねて網戸の目隠しシートを上手に活用しよう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >