このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
傘に目印を付けて取り違いや盗難から守ろう!おすすめのアイテム紹介

傘に目印を付けて取り違いや盗難から守ろう!おすすめのアイテム紹介

投稿者:ライター 渡辺恵司 (わたなべけいじ)

2020年6月 8日

まもなく梅雨がやってくる。外出時に傘を差す機会も増えるだろう。雨は年中降るものだが、梅雨の時期にとくに気をつけたいのが傘の取り違えや盗難だ。目印を付けることで大切な傘を守ろう。傘の目印にピッタリのおすすめアイテムなどを紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 傘の目印の必要性について

傘の取り違えや盗難を防ぐには、目印が役に立つ。まずは目印の必要性を考えていこう。

傘の取り違えは雨の日「あるある」

雨の日に傘を差して飲食店に入り、ランチを食したあとお店を出ようと思ったら傘がない...誰しも一度くらいは経験したことがあるのではないだろうか?ショックとともに「別の傘を持っていくわけにはいかない。だが濡れてしまうのは困る」などさまざまな感情が一瞬にしてよぎることだろう。目印がない傘でしばしば起こる事件だ。

コンビニでの出来事であればすぐに買うことができるが、近くになければ濡れたまま歩かなければならない。わざと持ち去るケースもあるが、似ていて(またはまったく同じで)間違えてしまったというケースもあるため、なんとも言いようのない気持ちだけが残る。

目印の必要性

目印の必要性について考えてみよう。安価なビニール傘などであれば「また買えばよい」と切り替えられるかもしれない。だが高級な傘だったらそうはいかない。今、目の前に自分の傘がないという現実が変わることもない。前述のようにコンビニの目の前で起こったのならまだしも、傘を売っているお店が近くにないときで、1人のときなどは本当に困ってしまうだろう。目印があるだけで取り違えや盗難リスクを大きく低減できるのであれば、ぜひ取り付けておくべきだ。

2. 目印を付けたほうがよい傘とは?

傘といっても100均で買えるものから数万円以上するものまでいろいろある。目印を付けたほうがよい傘とはどういった傘なのだろうか?

ビニール傘は目印がおすすめ

とくに見間違えることが多いのはビニール傘だろう。透明や白のビニール傘は全国各地のコンビニやドラッグストアなどで容易に手に入るため、持っている方も多いはずだ。お店の入り口の傘立てに同じような傘がズラッと並んでいれば、取り違えてしまうのも理解できる。ビニール傘は目印を付けたほうがよい傘の筆頭といえるだろう。

個性的なデザインの傘は中程度

一方、デザインだったり色だったりが個性的な傘は取り違えられにくい。目立つので盗難に遭うリスクも低いと考えられる。そのためビニール傘と比べると、目印を付ける必要性は感じられないかもしれない。ただし取り違えや盗難のリスクはゼロではないので、念のため目印を付けておけば安心だろう。

高級な傘もできれば目印がほしい

絶対に取り違えられたくない、盗まれたくない高級な傘も目印を付けたほうがよいだろう。目印を付けることによってオシャレ度が低下しないかといった心配もあるかもしれない。だが、高級な傘は買い直すのも大変だし何より悔しい。ほかの傘と似たようなデザインや色の場合などはとくに、目印を付けておくことをおすすめする。

3. 傘の目印におすすめのアイテム3選

最後に、傘の目印におすすめしたいピッタリのアイテムを紹介する。可愛らしいデザインのものが多いのだが、男性にもおすすめできるものを厳選した。目印をお探しの方はぜひ参考にしてほしい。

HUKURO「カサタグ」

傘の持ち手に取り付けるレザー製のタグだ。シンプルでさりげないが、しっかり目印の役割を果たしてくれる。ビニール傘はもちろん、個性的な傘や高級な傘の目印としても使えるだろう。

清和産業「傘杖ぴたっシュ」

こちらはネームタグのような商品で、同じく持ち手やシャフト(玉留めあたり)などに取り付けできる。目印になるだけでなく、開いてデスクなどに引っ掛ければ簡易的な傘立てにもなる。

BEE&BLUE「アンブレラハンガー」

同じく持ち手に取り付けると、デスクなどに傘を引っ掛けられるようになる簡易的な傘立てだが、存在感があるので目印にもなる。ポップなデザインと豊富なカラーバリエーションが特徴だ。

結論

目印を付けるだけで、取り違えや盗難から大切な傘を守れる確率はグンと高くなるはずだ。オシャレなデザインのものも多いので、探してみるとよいだろう。悲しい思いや悔しい思いをしないためにも、傘の目印をおすすめしたい。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ