このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
書類整理や収納に便利!クリアファイルのサイズや種類を知ろう

書類整理や収納に便利!クリアファイルのサイズや種類を知ろう

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年6月 5日

クリアファイルは書類を整理できる便利なアイテムだ。最近デザイン性の高いオフィス用品も多くなっており、クリアファイルにもさまざまな種類がある。書類サイズや用途に合わせてクリアファイルを選べば、さらに整理整頓ができるだろう。より便利に活用するためにも、クリアファイルのことをよく知ろう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 一般的なクリアファイルの種類やサイズ一覧

クリアファイルは何を入れるかによって、購入する商品を決める。まずはクリアファイルの種類やサイズについて紹介しよう。

出し入れ簡単「ホルダータイプ」

ホルダータイプはもっともメジャーなクリアファイルだ。書類などの出し入れが簡単で、使用頻度の高いものの収納に向いている。しかしマチがないので、厚みがあるものの収納はおすすめできない。口部分が空いているので書類が落ちないように注意しよう。

書類がバラバラにならない「レールタイプ」

レールタイプはチャックをスライドすることで、中のものが落ちないように保管できる。口がしっかりと閉まるので書類がバラバラになる心配もない。透明ならチャックを閉めていても中身が確認できるが、入れ替えはホルダータイプよりも手間がかかる。

複数をまとめて管理できる「ブックタイプ」

一番収納力が高いクリアファイルがブックタイプだ。名前の通り複数のホルダーが本のようになっている。台紙があるぶん厚みが出るので、立てて保管することも可能だ。商品によって収納枚数はことなるが、同時に多数の書類を管理したいときはホルダーを追加できるタイプがおすすめである。

【クリアファイル】サイズ一覧

どのサイズの紙を入れるかによってファイルのサイズも変更しよう。ファイルの一般的なサイズ一覧を紹介する。

・A3:W310mm×H435mm
・A4:W220mm×H310mm
・A5:W153mm×H220mm
・A6:W110mm×H157mm
・B4:W270mm×H375mm
・B5:W193mm×H271mm

クリアファイルはA4サイズがもっともメジャーである。ファイルなどのサイズを表すA4、A3などは数字部分が小さくなればなるほどサイズも小さくなるので覚えておこう。

2. クリアファイルサイズのA判とB判の違い

クリアファイルにはA判とB判の2種類がある。この2種類のサイズはクリアファイルに入れて使う用紙によって決まっている。
A判の規格は19世紀末のドイツで考案されたもので、世界各国共通の国際規格(ISO)だ。一方、B判は日本独自の規格(JIS)となっている。用紙サイズを統一しようとした際に、もともと使われていた「四六判」というサイズがA版に対応できなかったため、B判が考案された。元となる紙のサイズがB判の方が大きいため、数字が同じでもA4よりB4、A5よりB5が大きくなる。

3. 用途別のクリアファイルのサイズの選び方

クリアファイルのサイズは、中に入れるものに合わせて選ぶ必要がある。使用頻度の高い2つのサイズの選び方を用途別に見てみよう。

A4サイズ

A4のクリアファイルはランドセルにぴったりと入る。一般的な書類などもA4のコピー用紙を使ったものが多い。また、履歴書やエントリーシートを郵送する際もA4を選ぼう。

B5サイズ

B5のクリアファイルはA4よりもひと回り小さく、大学ノートとほとんど同じサイズである。レポート用紙やルーズリーフなどもぴったりと入るため、学生に人気のサイズだ。

4. 【サイズ別】クリアファイルの収納活用方法

クリアファイルは収納アイテムとしても活躍する。最後にクリアファイルの便利な活用方法を紹介しよう。

A4ファイルで衣装ケースをアレンジ

透明なプラスチックの衣装ケースはそのまま使うと味気なく、中身が透けるため見栄えも悪い。A4のクリアファイルを使って衣装ケースの前面部分をアレンジしよう。ファイルの中に好きな柄の包装紙などを挟み、衣装ケースの内部から貼り付ける。そうすれば、中身が見えずにすっきりとおしゃれな収納ができる。

飾っておしゃれなトイレットペーパーケース

トイレットペーパーのストックをよく見える場所に置いてしまうと、トイレの中に生活感が溢れてしまう。クリアファイルを使っておしゃれなトイレットペーパーケースを作ろう。クリアファイルをトイレットペーパーと同じサイズにカットしたら、好きな柄の包装紙などを貼り付ける。トイレットペーパーのサイズに丸めたらテープなどで留めて完成だ。

結論

書類などの整理に最適なクリアファイル。さまざまな種類やサイズがあるため、どれを使ったらいいか迷うだろう。各種類にはそれぞれメリットやデメリットがある。用途に合わせて種類やサイズを使い分け、より便利にクリアファイルを活用しよう。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ