このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
マスキングテープを壁に貼ればあっという間!賃貸OKのオシャレ空間

マスキングテープを壁に貼ればあっという間!賃貸OKのオシャレ空間

投稿者:ライター 渡辺恵司 (わたなべけいじ)

2020年7月25日

壁に貼れるマスキングテープが人気だ。賃貸物件にお住まいの方も、マスキングテープを使えば思い通りに壁をアレンジできるようになるかもしれない。マスキングテープの基礎知識を解説するとともに、壁に貼るアイデアやおすすめなども紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. マスキングテープとは?いま「壁用」がアツい

そもそもマスキングテープとはどういった類のテープなのだろうか。まずは簡単にマスキングテープの基礎知識を身につけよう。

マスキングテープとは

マスキングテープの本来の用途は、塗装やシーリングなどにおける養生だ。塗装しない部分にマスキングテープを貼っておき、塗装が終わって乾いたら剥がすといった使い方をする。剥がすことを前提として作られているため、粘着力が弱い。しかも剥がしたあとも糊が残りにくいという特徴があることから、仮止めに用いられることもある。そんなマスキングテープを壁に貼る方が増えているという。

壁に貼れるマスキングテープが人気

上述のように、マスキングテープは粘着力が弱いため剥がしやすく糊などが残りにくい。こうした特徴は壁に貼るのにピッタリだ。とくに賃貸物件にお住まいの方には朗報だろう。壁にアレンジを施すと賃貸契約違反になったり、退去時に修繕費用を請求されたりするおそれがある。だが、マスキングテープは壁に貼っても簡単に剥がせるうえあとも残りにくいので、賃貸物件でも壁に貼って手軽にアレンジを楽しむことができる。

建設現場などで使われているマスキングテープは単色のものが多いが、壁などに貼ることを目的としたマスキングテープはカラーラインナップやデザインが豊富にある。テープ幅もさまざまなので、じっくり探せば自分好みの壁にアレンジできるはずだ。

2. 賃貸OK!マスキングテープを壁に貼るアイデア

マスキングテープを壁に貼るといっても、具体的にどう使うのかいまいちイメージが湧かない方もいるだろう。一例を紹介するので、ご自身でマスキングテープを使って施工する際のヒントにしてほしい。

お気に入りのアイテムを壁に貼る

まずはごく基本的な使い方だ。お気に入りのポスターやポストカード、ラベルシールなどをお持ちなら、マスキングテープを使って壁に貼ってみてはいかがだろうか?壁もアイテムも傷めることなく飾ることができるし、普通の透明テープを使うよりもオシャレに見える。

壁をストライプ柄にアレンジする

テープ幅や色、デザインなどはお好みだが、たとえば白い壁に青のマスキングテープを縦に貼っていくとしよう。その際、壁の色も生かして10cm間隔などでマスキングテープを貼っていけば、あっという間にキレイなストライプ柄の壁が完成する。もちろん、ボーダー柄もできるし斜めやジグザグに貼ることもできる。カラーやデザインの異なるマスキングテープを組み合わせて貼るといった、手の込んだアレンジも可能だ。

壁を自由にデコレーションする

マスキングテープをマス目状に貼っていけば、壁がカレンダーに早変わりする。目に付きやすい場所に貼れば予定を忘れにくくなるだろう。好きな文字や目標、テンションが上がる言葉などをマスキングテープで作って壁に貼る方法や、写真を貼ってオシャレなマスキングテープで額縁を作るといった方法もある。一例だが、アイデア次第でいくらでも壁をアレンジできるのがマスキングテープの魅力だ。

マスキングテープに両面テープを使うワザも

壁にマスキングテープを貼り、その上に両面テープを重ねて貼る。このとき、マスキングテープよりも幅が狭い両面テープを使うのがコツだ。はみ出すと剥がすのが大変になるので気をつけよう。さらに、その両面テープの上に壁紙などを貼れば壁全体をアレンジすることも可能だ。

ただし賃貸物件の方は慎重に

マスキングテープは壁に貼っても剥がしやすく糊などのあとが残りにくい。とはいえ、貼ったり剥がしたりする際に壁紙を傷つけたり、あとが残ったりするリスクはゼロではない。賃貸物件にお住まいの方は、そうしたリスクがあることも念頭に置いておくことが大切だ。

3. 壁のアレンジにおすすめのマスキングテープ3選

最後に、壁をアレンジするのにおすすめのマスキングテープを紹介しよう。

カモ井加工紙「マスキングテープ mt CASA FLEECE」

幅23cm、長さ5mという、壁など広い面に貼りやすいマスキングテープだ。古いレンガ、錆びたトタン、コンクリート、タイル・ヴィンテージなど個性的なデザインが豊富にある。

ニトムズ「デコルファ インテリア マスキングテープ」

幅10cm、長さ8mのマスキングテープがこちら。カラフルなデザインが特徴的だ。壁一面にというよりは、アクセントとして部分的に貼る方に向いているかもしれない。

カモ井加工紙「マスキングテープ mt CASA basic」

幅は10cmと5cmの2タイプ、長さ10mのシンプルなマスキングテープだ。カラーにはマットホワイトもあり、この上に両面テープを重ねて壁紙を貼るのもよいし、油性ペンなどで文字を書き込むのもよい。

結論

マスキングテープを壁に貼れば、あっという間にオシャレな空間が完成する。男らしいデザインのマスキングテープも数多く販売されているので、ぜひじっくり探してみよう。賃貸物件にお住まいの方は、施工の際に傷つけるといったリスクがゼロではないので、慎重に作業に当たるとともに、くれぐれも無理はしないでおこう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >