このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
シャンプーはボトルに入れずそのまま使う!詰替不要の便利グッズとは

シャンプーはボトルに入れずそのまま使う!詰替不要の便利グッズとは

投稿者:ライター 渡辺恵司 (わたなべけいじ)

2020年7月25日

シャンプーが切れたらストックをボトルに詰め替えて使う、というのは多くの方が行っている面倒な作業だろう。ところで今は、ボトルではなくそのまま使う方が増えているのをご存知だろうか?シャンプーをボトルに詰め替えることなく、そのまま使う方法を解説するとともに、そのまま使えるおすすめアイテムも紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. シャンプーはボトルに詰め替えるのではなくそのまま使うのが便利

シャンプーをボトルに詰め替えて使い続けるのは、もしかするともう古いのかもしれない。「そのまま使う」方が増えているからだ。

シャンプーをそのまま使うとは?

最初に買ったボトル入りのシャンプーがなくなったら、ほとんどの方はパウチに入った詰め替え用のシャンプーをボトルに移し替えて使うだろう。だが、そのパウチをそのまま使えたら...と考えたことはないだろうか?もちろん強引に使おうと思えば使えるが、口が小さいしポンプ式ではないため毎回適量を自分で自分の手に垂らす必要がある。髪や顔が濡れたままではやりにくいし、誤って倒せばせっかくのシャンプーが流れてしまうかもしれない。

シャンプーをそのまま使う、とは文字通りボトルに詰め替えることなく、パウチをそのまま使うということだ。ただし前述した「そのまま強引に使う」のとはワケが違う。ボトルに詰め替えずに済むよう、それ専用のアイテムが売られているのだ。シャンプーをボトルに詰め替えるのではなく、パウチをそのまま使うことでどんな利点や欠点があるのだろうか?

手間が省ける

もっとも大きな利点は「手間が省ける」ことだろう。シャンプーはやや粘質のためすべて詰め替えるのは時間がかかる。入浴中にシャンプーが切れていることに気づいたとしたら、体や髪が濡れたまま作業しなければならない。そもそも詰め替える作業自体が苦手で、いつもこぼしてしまうという方もいるだろう。ボトルに詰め替えることなくそのまま使えれば、そうした負担やストレスがなくなる。

衛生的&最後まで使える

それに、同じシャンプーボトルを使い続けていると雑菌が繁殖するおそれがある。詰め替えの際に皮脂や汚れ、シャワーの水(お湯)などが混入しボトル内で雑菌が繁殖してしまうことがあるのだ。パウチをそのまま使うことができれば、そうしたリスクもなくなる。ボトルが必要なくなるため浴室がスッキリするし、パウチのシャンプーを最後の最後まで無駄にせず使えるだろう。これといった欠点は見当たらないが、強いて挙げるとすれば、パウチのため置いておくと安定感に欠けるといった程度ではないだろうか。

2. シャンプーをボトルに詰め替えずにそのまま使うには?

シャンプーを、ボトルに詰め替えずにそのまま使う方法を紹介しよう。主流となっているのは以下の3パターンだ。

パウチごと詰め替える

シャンプーの詰め替え用のパウチを、そのままボトルに入れて使う方法がある。シャンプーの中身ではなく、パウチがそのまま入るボトルが販売されているのだ。詰め替え用のパウチの口を開けて、ポンプを差し込めば使用できる。なくなったら詰め替え用のパウチを入れ替えるだけで済むという手軽さも魅力だろう。

パウチの口に取り付ける

シャンプーの詰め替え用のパウチの口に直接取り付け、そのまま吊るすアイテムを使った方法もある。タオルハンガーなどに吊るすことになるため場所は確保しなければならないが、ボトルすら必要なくなるため逆に収納スペースを節約できる可能性もある。逆さに吊るすことでシャンプーを最後まで使い切ることができるし、床や棚に置かずに済むため汚れやヌメリなどが発生しにくいのも特徴だ。

3. シャンプーをボトルに詰め替えることなくそのまま使えるアイテム

シャンプーを、ボトルに詰め替えずにそのまま使えるアイテムを最後に紹介する。

三輝「詰め替えそのまま」

シャンプーの、詰め替え用のパウチの口にポンプを直接取り付けるアイテムがこちら。そのままタオルハンガーなどに吊るせば、シャンプーもコンディショナーもボディーソープもボトル要らずだ。シャンプーはポンプを軽くつまむだけで出てくる。
商品情報

花王「スマートホルダー」

花王製品をお使いの方に限られてしまうが、専用のパウチ商品をセットするだけでそのまま使えるアイテムだ。ボトルは前面のみのハーフタイプで、後面からパウチをセットしてキャップを外し、ポンプを差し込んで締めるだけで使える。
商品情報

無印良品「フタが外せるPET詰替ボトル」

シャンプーはもちろん、コンディショナーやボディーソープなどの詰替え用のパウチを、そのまま入れて使えるボトルがこちら。無印らしいシンプルなデザインがよいという方も多いだろう。パウチがむき出しになるのを避けたい方におすすめしたい。

結論

これからは、シャンプーがなくなったら中身をボトルに詰め替えるのではなく、そのまま使うというのが主流になるかもしれない。ボトルを購入するコストも抑えられるし、詰め替える手間も省ける。気になる方はぜひ、紹介したアイテムをチェックしてみてはいかがだろうか。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ