このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
セロハンテープカッターの上手な選び方は?おすすめ商品も!

セロハンテープカッターの上手な選び方は?おすすめ商品も!

投稿者:ライター 松本マユ(まつもとまゆ)

2020年7月 7日

セロハンテープを簡単に切れる「セロハンテープカッター」は、梱包や工作、掲示などあらゆる用途に役立つアイテムだ。便利で使い方が簡単なので、子どもから大人まで重宝している方も多いだろう。最近はインテリア性の高いオシャレなセロハンテープカッターも売っていて、「選ぶのに迷う」という声も聞かれる。この記事では、セロハンテープカッターの選び方やおすすめ商品を紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. セロハンテープカッターのメリット

セロハンテープは透明で貼っても目立たないため、家庭や学校、オフィスなどさまざまなシーンで使われる。そんなセロハンテープを効率的にカットするのに役立つのがセロハンテープカッターだ。

セロハンテープカッターが幅広く使われる理由は、テープを取り付けるだけで楽にカットできるためだといえる。セロハンテープは手ではなかなか切りにくく、ハサミなどを使わないとうまくカットできない。しかしセロハンテープカッターには刃が付いているため、テープを軽い力ですばやくカットでき、作業を効率的にしてくれるのだ。

2. セロハンテープカッターの種類

セロハンテープカッターには「卓上タイプ」と「ハンディタイプ」の2種類がある。それぞれメリットとデメリットがあるため、どちらの種類を買うべきか検討しよう。

片手で使いたいなら卓上タイプ

セロハンテープカッターを頻繁に使う方におすすめなのが卓上タイプだ。このタイプは底の部分におもりが入っているため、どっしりしていて安定感がある。セロハンテープを引いても滑らないので、片手でも楽に使える。動かないよう、おもりが1kg以上あるものを選ぶといいだろう。
ただし重いため持ち運びには向かない。またデスクの上でスペースを取りやすいというデメリットもある。

持ち運びするならハンディタイプ

セロハンテープカッターを学校やオフィスに持ち運びたい場合は、ハンディタイプがおすすめだ。このタイプは小型で軽量なため、手に持って使える。コンパクトなので、置く場所がない場合やたまにしかテープを使わない場合に向いている。
デメリットは片手でテープをカットできないことだ。

3. セロハンテープカッターの選び方

セロハンテープカッターを選ぶコツは、「セロハンテープカッター本体」と「刃」の両方をしっかりチェックすることだ。以下のポイントに注意して見てみよう。

テープの巻芯径や幅が合うか

スリムなデザインのセロハンテープカッターには、幅が太いテープが入らない場合もある。またテープホルダーの直径が大きい場合、巻芯径の小さいテープが取り付けできないことも。購入前にサイズや幅はチェックしておきたい。

デザインや機能

セロハンテープカッターのデザインは非常に豊富だ。最近は木製のオシャレなセロハンテープカッターなど、インテリアになじみやすいものも売っている。機能もさまざまで、マグネット付きのものや修正テープのように使えるものもある。

刃の素材

セロハンテープカッターの刃は、主に金属製とプラスチック製の2種類に分けられる。金属製は切れ味がよく耐久性も高いが、誤って触るとケガをするおそれもある。プラスチック製は金属製よりも切れ味が劣るものの、子どもでも安全に使えるだろう。

刃の形状

刃の形状も主に2通りあり、ギザギザの刃とストレートの刃に分けられる。オーソドックスなのはギザギザの刃で、切れ味がいい。ストレートの刃は見た目がキレイに切れるため、梱包や包装に向いている。

刃が交換できるか

セロハンテープカッターを長く使うには、刃を取り外して交換できるタイプを選ぶといい。切れ味が悪くなると効率も下がるため、定期的に新しい刃に交換しよう。

4. セロハンテープカッターのおすすめ3選

ここからは、おすすめのセロハンテープカッターを紹介する。インテリア性の高いものや持ち運びに便利なもの、使いやすい機能を持ったものなど、個性豊かなセロハンテープカッターを3つピックアップした。

オークヴィレッジ「テープカッター 大」

国産ナラで作られた、温かみのあるオシャレなセロハンテープカッター。本体のみならず、テープホルダーも無垢の木を削り出して作っている。インテリアを彩ってくれるだろう。

ミドリ「XS テープカッター」

世界最小クラスのセロハンテープカッターで、持ち運びが非常に便利だ。小さいサイズながらも使いやすく、テープを指ですくい上げるスペースもしっかりと確保されている。

ハリマウス「ハリマウス テープカッター」

修正テープのように使えるセロハンテープカッター。テープを貼りたい面に押し当て、スライドさせるだけで貼り付けられる。梱包や包装、封筒にテープを貼る場合にも役立つ。

結論

自分に合ったセロハンテープカッターを選ぶには、種類や機能、デザインなどのほか、刃の素材や交換できるかについてもチェックするといい。意外と注目すべき点が多いと感じたかもしれないが、使いやすい一台を選ぶためにもしっかり検討してほしい。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ