このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
蚊取り線香入れの選び方とおすすめ!今年の夏は蚊の対策もオシャレに

蚊取り線香入れの選び方とおすすめ!今年の夏は蚊の対策もオシャレに

投稿者:ライター 渡辺恵司 (わたなべけいじ)

2020年7月13日

蚊取り線香といえば夏の蚊対策の代表的なアイテムだが、従来のように蚊取り線香をそのまま置くのではなく、蚊取り線香入れを使う方が増えているのをご存知だろうか?蚊取り線香入れの魅力や選び方を解説するとともに、おすすめや手作りアイデアも紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 蚊取り線香入れが人気の理由とは?

まずは、蚊取り線香入れが人気の理由を見ていこう。

オシャレなものが多い

近年の蚊取り線香入れは、とにかくオシャレなデザインのものが多い。従来の皿のようなものから、ふた付きのもの、和風のものやアジアンテイストのもの、吊るせるもの、一見すると蚊取り線香入れに見えない個性的なものなどさまざまだ。選ぶ楽しさや、ずっと眺めていても飽きないデザイン性の高さなどは、蚊取り線香入れ人気の大きな理由だろう。

素材が豊富になってきている

シンプルなスチール製、オシャレなブリキ製、高級感や落ち着きのある陶器製や南部鉄器製、涼感を覚えるガラス製など、蚊取り線香入れの素材も豊富になってきている。ほかにも、錆びにくくアウトドアや水まわりでも使いやすいスチール製、男らしさや重厚感があるアイアン製などがある。

豊富なデザインと素材があることから、より自分好みの蚊取り線香入れを選びやすい。それに、部屋に飾っておくだけでアクセントになるなど、インテリアとしての存在感も大きい。もちろん、蚊取り線香を買ったときのケースでも十分に日本の夏を感じることができる。だが今年は少し趣向を凝らして、市販の蚊取り線香入れを使ってみてはいかがだろうか?

2. 蚊取り線香入れ選びのチェックポイント

蚊取り線香入れは数多く販売されている。選ぶときのポイントを押さえておかないと、迷ってしまうかもしれない

蚊取り線香入れ選びのポイントは「サイズ」と「素材」

蚊取り線香入れのデザインが好みであることは大前提、そのうえで着目したいのがサイズだ。蚊取り線香の大きさと合わなければ使いにくい。毎回サイズを合わせるために途中で蚊取り線香を折るといったことになれば面倒で使わなくなってしまうかもしれない。サイズは必ず確認しておこう。

蚊取り線香入れの素材も重要である。アイアン製などは男らしくかっこよいが重量がある。持ち運ぶ可能性があるのなら、軽量のブリキ製やスチール製などにするとよいだろう。陶器製やガラス製などはオシャレだが、割れる可能性があるため取り扱いに気をつけなければならない。アウトドアなどでも使うなら、割れにくい(割れない)素材の蚊取り線香を選ぼう。

逆に持ち運ぶことなく据え置きで使うのであれば、部屋のインテリアに合わせて陶器製やアイアン製、あるいはガラス製やスチール製など好みで自由に選ぼう。

3. ブリキが人気?オシャレな蚊取り線香入れを紹介

続いて、オシャレな蚊取り線香入れを紹介する。もちろんこのほかにもオシャレな蚊取り線香入れはたくさんあるが、迷ったときは以下のような商品を参考にしてはいかがだろうか?

セトモノホンポ「茶香炉・蚊取り器 備前風豚(萬古焼)」

和のテイストに最適な、豚のデザインの蚊取り線香入れがこちら。手造りのため、商品ごとに柄などが異なる可能性がある。プレゼントをしても喜ばれるのではないだろうか?

山崎実業「蚊取りポット」

一見すると蚊取り線香入れには見えない、壺のようなデザインがオシャレな商品だ。陶器製でスタイリッシュ&高級感がある。シンプルなのでどこに置いても溶け込むだろう。

CINQ「フィンランドの蚊取り線香入れ」

こちらはふた付きのブリキ製の蚊取り線香入れ。軽量で持ち運びにも適している。シンプルでどこか懐かしさを覚えるデザインが魅力であり人気のようだ。

4. 蚊取り線香入れは手作りもできる

めぼしい蚊取り線香入れが見つからなかった、より個性的な蚊取り線香入れがほしいという方は、いっそ手作りするのはいかがだろうか?超簡単な蚊取り線香入れの作り方を最後に紹介する。

蚊取り線香入れの作り方

1.100均でブリキ缶と針金を揃える
2.針金をブリキ缶の直径よりやや長めにカットする
3.針金をペンチで丸めるなどしてブリキ缶に掛ける

これだけで、蚊取り線香入れができあがる。寝かせるのではなく蚊取り線香を縦にして針金に引っ掛けるイメージだ。そのため、針金を加工する際は中央に窪みを作っておこう。蚊取り線香が引っ掛けやすくなる。あるいは、針金ではなくブリキ缶に直接穴を開けてしまい、針金やボルトなどを通してしまう方法もある。いずれにしても簡単なので、ぜひチャレンジしてみてほしい。

結論

蚊取り線香入れはなくても困らないアイテムだが、デザインや素材が豊富でオシャレなものも多い。蚊取り線香入れを変えるだけで、夏の暑さで疲れた心も少しは和らぐのではないだろうか?ぜひお気に入りを見つけてほしい。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ