このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
スープジャーの使い方や美味しく食べるコツとは?お手入れや注意点も

スープジャーの使い方や美味しく食べるコツとは?お手入れや注意点も

投稿者:ライター 渡辺恵司 (わたなべけいじ)

2020年7月11日

人気のスープジャー、試してみようか迷っている方も多いのではないだろうか?スープジャーの基本的な使い方や、より美味しく食べるためのコツなどをお伝えするとともに、お手入れ方法や注意点も解説する。スープジャーを使いこなしてイケてる男子を目指そう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 話題のスープジャーとは?使い方はアイデア次第

使い方の前に、スープジャーについて簡単に説明しよう。

ランチはどうしている?

ファストフードやラーメン店、コンビニなどでランチを済ませている方も多いのではないだろうか?料理が面倒な方や、仕事が忙しくランチの時間が限られている方もいるだろう。たしかに、ペコペコのお腹に大盛りの牛丼をかき込むのは幸せだ。だが、コストもかかるし健康面が気になることもある。そこでおすすめしたいのがスープジャーだ。

スープジャーとは?

使い方について詳しくは後述するとして、まずはスープジャーがどういったアイテムなのかを説明する。スープジャーとは保温性・保冷性に優れたジャー(容器)のことだ。ご家庭で調理した食品を熱いまま、あるいは冷たいまま持ち運ぶことができる。名前のとおり、スープを入れられるほど密閉性もしっかりしている。

スープ以外にもご飯やおかず、サラダといったお弁当、ときにはデザートなどを詰めて持ち運ぶこともできる。また保温調理といって食材を入れてスープジャーの中で調理することもできる。アイデア次第でさまざまな使い方ができるうえ、その使い方自体も簡単ということで、いまスープジャーを購入する方が増えているという。

2. スープジャーの使い方とより美味しくするためのコツ

スープジャーの基本的な使い方を見ていこう。美味しく食べるためのコツとあわせて解説する。

スープジャーの使い方

使い方といっても特別に難しいことはない。調理済みの食品あるいは保温調理をしたい食材を入れるだけだ。カレーや豚汁、水餃子にサラダうどんなど、さまざまな食品を熱いまま、あるいは冷たいままオフィスに持っていける。

スープジャーで美味しく食べるコツ

基本的な使い方は食品や食材を入れるだけだが、より美味しく食べるためのコツがあるので覚えておこう。まずは予熱・予冷だ。温かい食品を入れるなら、スープジャーに熱湯を注いでふたをせず1分ほどそのままにしよう。冷たい食品であれば氷水で予冷するのが一般的だ。

もう1つ、熱い食品は熱いうちに、冷たい食品は冷たいまま入れるのもスープジャーで美味しく食べるコツだ。その際、とくに熱い食品はたっぷり入れよう。少なすぎると冷めやすくなってしまうからだ。ただし、ふたを閉めたときに溢れるおそれがあるため入れすぎには注意してほしい。

スープジャーの基本的な使い方とあわせて、こうしたコツを覚えておくとより美味しくランチをいただけるはずだ。

商品ごとの使い方はメーカーのHPを

スープジャーはいろいろなメーカーから発売になっている。基本的な使い方は同じだが、各メーカーのホームページではそのスープジャーの特徴や使い方における注意点、スープジャーを使ったレシピまで公開しているところもある。スープジャーを購入したら、ぜひメーカーのホームページをチェックしておこう。

3. 使い方とあわせて覚えたいスープジャーのお手入れと注意点

使い方とあわせて覚えておいてほしいのが、スープジャーのお手入れ方法と注意点だ。最後にそれをお伝えしよう。

スープジャーのお手入れ方法

・食べ終えたらすぐに洗う
・ぬるま湯で薄めた食器用中性洗剤を使用する
・柔らかいスポンジを使う
・パッキンもすべて外して洗う
・流水で十分すすぎ、風通しのよい場所でしっかり乾燥させてからパッキンを戻す

スープジャーは使い方こそ簡単だが、きちんとお手入れをしないとにおいが残ったり雑菌が繁殖したりする。こうしたポイントを押さえておこう。なお、汚れが落ちないときは漂白剤を使って30分など浸け置きしておくとよい。ただし漂白剤には酸素系と塩素系がある。どちらを使用すべきか、またそもそも漂白剤が使用できるかどうかは、商品の取扱説明書などで事前に確認してほしい。オフィスで洗剤を使って洗うのが難しいときは、水洗いをして乾燥させておき、帰宅後すぐに洗剤で洗おう。

スープジャーを使う際の注意点

・スープジャーに入れた食品や食材は6時間以内を目安に食べ切る
・生ものは入れない
・熱い食品は十分加熱(沸騰)させ、すぐに詰める
・電子レンジで加熱しない など

スープジャーの使い方で注意したいポイントは意外と多い。上記は一例だが、取扱説明書に記載されているはずなので必ず目を通し、正しい使い方をしてほしい。とくに食中毒は夏も冬も関係なく起こりうる。使い方とあわせて注意点もきちんと理解しておこう。

結論

スープジャーの使い方は特別に難しいことはない。だがより美味しく食べるため、そして食中毒などのトラブルを防ぐためにも、正しく使うことが重要だ。取扱説明書やメーカーのホームページなどに書かれている注意点や使い方は正しく守ろう。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ