このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
カッターナイフの刃の折り方を知っておこう!コツや注意点も解説

カッターナイフの刃の折り方を知っておこう!コツや注意点も解説

投稿者:ライター 八木光代 (やぎみつよ)

2020年7月31日

カッターナイフは、さまざまなシーンで使える便利なアイテムだ。ところで、カッターナイフの正しい刃の折り方をご存知だろうか?この記事では、カッターナイフの刃の正しい折り方を解説する。コツや注意点も解説するので、合わせて確認してほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. カッターナイフの刃の折り方を知っておこう

なぜ、カッターナイフの刃を折る必要性があるのだろうか?刃の折り方を習得する前に、カッターナイフの刃を折る必要性を知っておこう。

刃の切れ味を復活させるため

カッターナイフは使い続けると、刃の切れ味が悪くなってしまうことが多々ある。切れ味の悪くなった刃は、扱いづらい。しかしカッターナイフの刃を折ることで、先端を新しい刃にすることができる。切れ味も復活し、使いやすくなるのだ。次項で説明する正しい刃の折り方を参考にして、自身でも刃を折ってみよう!

2. カッターナイフの正しい刃の折り方

どのようにしてカッターナイフの刃を折るのか?カッターナイフの刃の正しい折り方を解説する。間違った折り方をすると大変危険なので、しっかりと折り方を確認してから作業してほしい。

1.カッター ナイフの刃を、1マスだけスライドさせて出す
2.カッターナイフの溝がある面を上にする
3.ペンチで刃の1マスを挟む
4.溝が山折りになるように刃をポキッと折る

3. カッターナイフの刃の折り方のコツ

カッターナイフの刃の折り方のコツを解説する。先ほど解説した折り方と合わせて覚えておくとよい。

カッターナイフの溝が山折りになるように折る

カッターナイフの刃は、ペンチを使って折る。この時、刃を折る向きに注目してほしい。刃を折る時に上に向かって折ってしまうと、自身の方に折った刃が飛んでくることもあり非常に危険だ。刃を折る時は板チョコレートを割る要領で、カッターナイフの溝が山折りになるよう下に向かって折ってほしい。

折器を使うと簡単に折れる

カッターナイフの刃は、折器を使った折り方もおすすめだ。折器の差し込み口に刃を差し込んで折るだけで、簡単に刃を折ることができる。折った刃は折器の中に溜まっていくので、まとめて処分できるのもメリットだ。

4. カッターナイフの刃の折り方の注意点

鋭い刃は時にケガをする要因にもなるので、慎重に取り扱おう。カッターナイフの刃の折り方の注意点を解説する。折り方には十分注意して作業してほしい。

素手で折るのは危険

いくら切れ味が悪くなったとはいえ、カッターナイフの刃は鋭利で鋭く尖っているため、素手で折ると怪我や事故に繋がる危険性がある。万が一のことを考えて、カッターの刃を折る際は必ずペンチなどの工具を使用してほしい。

折った刃は注意して捨てる

カッターナイフの刃を正しい折り方で折った後は、捨て方にも配慮してほしい。刃を処分する時は新聞紙で包み「危険」などの表記をしよう。ごみ収集の方や近隣の方がケガをしないように配慮して破棄することが大切だ。

結論

カッターナイフは使っていくうちに、切れ味が悪くなってしまう。切れ味が悪くなってきたと感じたら、この記事で解説した刃の折り方を参考に自身で刃を折ってみてほしい。鋭利な刃は大変危険なので、安全には十分配慮しよう!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ