このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ハンモックチェアの選び方のポイントは?意外と簡単な作り方も紹介!

ハンモックチェアの選び方のポイントは?意外と簡単な作り方も紹介!

投稿者:ライター 松岡由佳里 (まつおかゆかり)

2020年7月25日

南国のリゾート地を思わせるようなハンモックチェア。ハンモックとは違う乗り心地に人気が高まっている。アウトドアだけでなく、室内でも楽しめるためDIYに挑戦する方も多いようだ。憧れのハンモックチェアを手に入れたいときに失敗しない選び方とハンモックチェアの簡単な作り方を紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ハンモックチェアとは

映画のワンシーンや旅行ガイドなどでハンモックチェアを見かけることが多いが、ハンモックチェアとはどのような家具なのだろう。また、ハンモックとはどのような違いがあるのだろうか。

ハンモックチェアとハンモックの違い

同じように木や家の梁から吊るしたり、専用のスタンドで吊るしたりするハンモックチェアやハンモック。その大きな違いは用途にある。

ハンモックは主に寝そべって使う家具で、ハンモックチェアは主に座って使う家具だ。ハンモックチェアを使えば、座って飲んだり食べたり、本を読んだりと幅広い使い方ができる。

ハンモックチェアは体に負担がかかりにくい

では普通の椅子とハンモックチェアにはどのような違いがあるのだろう。まず、なんといっても心地よい揺れがあることだ。この揺れのおかげでリラックス効果が生まれるという。

さらに、ハンモックチェアは、体にかかる圧力を分散して負荷を和らげるため、長時間座っていても腰や背中、お尻など血行不良による痛みを防いでくれる。

2. ハンモックチェアの種類

ハンモックチェアには、大きく分けて「自立式」と「吊り下げ式」がある。それぞれ特徴があるので、自分が一番使い勝手のよいものを選ぼう。

自立式ハンモックチェアの特徴

自立式ハンモックチェアは、椅子の座面であるハンモックの部分と、ロープ・バランスバー・スタンドが一式となっている。

自立式ハンモックチェアのメリットは、ハンモックチェアを吊り下げる場所がなくても、ハンモックスタンドを使うことでどこでも吊り下げることができることだ。たとえば、マンションで吊るすべき梁がない場合や、借家で梁に穴をあけることを禁じられている場合に自立式ハンモックチェアなら気にせずに使える。

自立式ハンモックチェアのデメリットは、ハンモックチェアを支えるためのスタンドが、形によってはかなりスペースを必要とすることだ。
おすすめ商品

吊り下げ式ハンモックチェアの特徴

吊り下げ式ハンモックチェアは、屋外では丈夫な木に、屋内であれば梁に直接取り付けるタイプだ。ハンモックチェアの座面とバランスバー、ロープが一式となっている。

自立式のハンモックチェアよりも価格が安く持ち運びもラクだ。また、自立式のようにスタンドがない分、床面スペースをあまりとらないことがメリットといえる。

吊り下げ式ハンモックチェアのデメリットは、吊るす場所を確保しなければならないことだ。たとえば、初めて訪れるキャンプ場にハンモックチェアを吊るす場所がなければ、せっかく持って行った意味がなくなる。
おすすめ商品

3. ハンモックチェアの選び方

ハンモックチェアの心地よさを感じてみたいと思っても、たくさんの種類がありすぎてどれを選べばよいのか迷ってしまう。購入するときのココだけは押さえておきたいというポイントを紹介しよう。

サイズ

ハンモックチェアは、サイズが豊富にある。また形や硬さなどもさまざまだ。体型によっては、ゆったりしたサイズが心地よいかもしれない。または、体にぴったりフィットしていた方が安心感があるかもしれない。

このようにサイズ感というのは人それぞれなので、見た目で選ぶよりは実際にフィッティングしてみて選ぶ方が賢明だろう。

耐荷重量

ハンモックでも同じことがいえるが、ハンモックチェアの場合にも耐荷重量はとても大切だ。子供用や大人用、さらに1人用、2人用でも耐荷重量が違ってくる。

マックスでどれくらいの重量がハンモックにかかるのか、シミュレーションしてみることは大切だ。そのうえで、できるだけ耐荷重量にゆとりのあるハンモックチェアを選ぼう。

主に使う場所は外か室内か

外でハンモックチェアを使う場合は、比較的広い場所が確保できる。しかし、室内でハンモックチェアを使う場合には、スペースを確保することが大切だ。

また、ハンモックチェアは、設置するための最低限の高さというものが決められている。室内でハンモックチェアを使う場合には、天井の梁から床までがどれくらいあるかを測って、範囲内のハンモックチェアを選ぶことがポイントになる。

4. ハンモックチェアは自作できる?

ハンモックチェアは実にシンプルな作りになっていて、簡単に自作できる。いろいろな方法があるが、とくにわかりやすい自作方法を紹介しよう。

用意するもの

ハンモックチェアを自作する場合、これだけは最低用意しておきたいというものがある。それが「丈夫な布」と「パラコード」だ。

布は座面として人の体重を支えるものなので、とにかく丈夫な布を選ぼう。厚手のカーテン生地もおすすめだ。また、コットンも家庭用のミシンで縫いやすい。用意する布は幅1m、長さ2m以上を2枚用意しよう。

パラコードとはパラシュートコードで、体重を支えるハンモックチェアには欠かせないアイテムだ。このパラコードを2.5mにカットしたものを6本用意しよう。

ハンモックチェアの作り方:座面部分

1. 2枚の布を中表になるように重ねる。そして長い辺を両方とも縫い合わせて筒状にし、それを表に返す。

2. パラコードを通すための紐通しを作る。短辺を三つ折りにしてミシンで縫う。折り返し幅は8~9㎝を目安にしよう。反対側の短辺も同じように紐通しを作る。

紐通しの部分は、体重を支えるため負荷がかかりやすい。補強するためにも何度も縫い重ねておくことが大切だ。重ね縫いやジグザグ縫いなどをして8回以上は縫い重ねるようにしよう。

3. あらかじめ長さを整えておいたパラコート6本をまとめて紐通しに通す。反対側も同じように紐通しに通し、パラコードの端と端をギュッと結べば完成だ。

結論

ハンモックチェアは、くつろぎの家具としての機能を持ち、部屋のおしゃれなインテリアにもなる。自立式のハンモックチェアにすれば、マンションだからと諦める必要もない。ハンモックチェア選びで大切なのは「サイズ」「耐荷重」「使う場所」だ。最後は、座ったときのフィット感を大切にしよう。ハンモックチェアのある生活で、体も心も癒されてはどうだろう。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ