このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
壁に写真を飾るなら?おしゃれに魅せる方法とおすすめアイテム

壁に写真を飾るなら?おしゃれに魅せる方法とおすすめアイテム

投稿者:ライター 吉田梨紗 (よしだりさ)

2020年7月21日

家族や風景など、お気に入りの写真を壁に飾っている方は多いだろう。しかし、飾り方を間違ってしまうと、雑多な印象になる。この記事では、壁に写真を飾るときのコツと、おしゃれに飾るアイデアを解説しよう。穴を開けない方法やインテリア性を高める100均アイテムなど、役立つ情報と併せてまとめた。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 壁への写真の飾り方のコツ

壁に写真をキレイに飾るにはコツが必要だ。知っておきたい2つのポイントを紹介するので、ぜひ実践してほしい。

直線を意識する

複数の写真を壁に貼り付ける場合、1辺を揃えるのがポイントだ。大きさがバラバラの写真でも直線を意識すると、スッキリとまとまった印象になる。

まっすぐな直線を用意して、その直線に沿うように写真を配置していこう。四角く囲った中に配置する、複数の直線を組み合わせるなどの応用も可能だ。

バラバラに配置する

上級者は、複数の写真をバラバラに配置する方法に挑戦してみよう。壁に写真でマークや絵を作れば、より個性的なインテリアになる。

絵葉書やフォトフレームと一緒に飾るなど、自分なりにアレンジしてみよう。お気に入りの写真で、自分だけの作品を仕上げてほしい。

2. 壁に写真をおしゃれに飾る方法

いろいろな工夫を加えれば、写真をよりおしゃれに飾れる。アイデアを2つ紹介しよう。

フォトフレームを使う

まず1つめは、壁にかけるタイプのフォトフレームを使う方法だ。壁に直接飾るよりも手軽で、おしゃれな仕上がりになる。飾りたい枚数や種類に合わせて、使用するフォトフレームを選ぼう。

大判印刷した写真を大きなフォトフレームに入れたり、複数枚用のタイプのフォトフレームを使ったりと、飾り方はさまざまだ。複数のフォトフレームを並べる場合は、同じ色で統一するとスッキリとした印象になるだろう。

ペグボードを活用する

もう1つはペグボード(有孔ボード)を壁に取り付けるアイデアだ。開いた穴に結束バンドでピンチを取り付けたら、写真を挟んで飾ろう。

専用のフックを取り付ければ、小物をかけて収納できる。フック付きの収納バスケットを設置してもよいだろう。写真とおしゃれな小物を一緒に飾ることで、実用性の高いインテリアになる。

3. 壁に穴を開けない写真の飾り方

押しピンで飾る方法だと、壁や写真に穴が開いてしまう。賃貸だから傷つけたくない、壁紙に穴を開けたくないと考える方のために、傷つけない飾り方を3つ紹介する。

粘着テープ

貼って剥がせるタイプの粘着テープで写真を貼り付ける。壁用を選べば、テープの跡が残る心配もないだろう。押しピンのように尖っていないので、お子さんと一緒に飾り付けたい方にもおすすめだ。

ワイヤーネット

壁に立てかけたワイヤーネットに、写真を吊るすアイデアだ。ワイヤーネットにクリップを取り付けたら、挟んで留める。写真の移動や入れ替えが簡単なので、季節や気分によって写真の配置を変えてもよいだろう。

リボンや紐

壁に紐やリボンの両端を粘着テープで貼り付けて固定しよう。クリップを取り付けて写真を挟むことで、おしゃれに飾ることができる。使う紐やクリップにこだわると、インテリア性がアップする。

4. 壁の写真がインテリアに変わる100均アイテム

100均で購入できるアイテムなら手軽に取り入れられる。壁の写真が、おしゃれなインテリアになるアイデアについて説明しよう。

マスキングテープ

100均ではさまざまな柄のマスキングテープが手に入る。壁に貼るのに使ったり、縁に貼って額縁風にしたりと、いろいろな用途で使えるだろう。

貼ったあとは手軽に剥がせるので、壁を傷める心配がなく、写真の入れ替えも簡単だ。マスキングテープの柄や太さ、貼り方にこだわるとより個性的な仕上がりになる。

ウォールポケット

透明タイプのウォールポケットを壁に設置して、写真を入れるアイデアだ。複数の写真を重ねて入れておけるため、入れ替えが簡単にできる。

いろいろなサイズのウォールポケットがあるので、写真がぴったり入るタイプを選ぼう。複数の写真を飾れる、ポケットが連なったタイプがおすすめだ。

ウッドピンチ

木製のウッドピンチは、写真を挟んで飾りたいときにピッタリだ。ナチュラルな色と質感が特徴で、デザイン性に優れている。

ペグボードやワイヤーネットに固定するとき、ウッドピンチを使ってみよう。マスキングテープを貼ったり、色を塗ったりと、手軽にアレンジできるのが魅力だ。

結論

飾り方を工夫すれば、写真はおしゃれなインテリアになる。ラインに沿って並べてみたり、バラバラに配置してみたり、基本的なコツをマスターしよう。剥がせる粘着テープやワイヤーネットを使えば、壁に穴を開けなくても飾ることが可能だ。インテリア性の高いフォトフレームや100均アイテムなども活用しながら、お気に入りの写真を飾ってほしい。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ