このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ベッドサイドチェストで寝室を使い勝手のよいオシャレな空間へ!

ベッドサイドチェストで寝室を使い勝手のよいオシャレな空間へ!

投稿者:ライター 宗形ミナ (むなかたみな)

2020年7月30日

本や目覚まし時計、携帯など、ベッドの近くに置いておきたい物は意外と多い。しかし置き場所がないために、仕方なく枕元に置いている方もいるのではないだろうか。そんな方におすすめなのが「ベッドサイドチェスト」だ。このベッドサイドチェストを使えば、寝室をより快適な空間へと変化させることができる。ここでは、ベッドサイドチェストの種類や選び方を解説する。おすすめ商品も紹介するため、参考にしてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ベッドサイドチェストとは

ベッドサイドチェストと聞いても、いまいちどんなものか分からない方もいるだろう。ここでは、ベッドサイドチェストの定義を簡単に説明する。


ベッドサイドチェストとは、ベッド脇に設置するチェストのことだ。ベッドサイドに置くことで、ベッド周りの小物収納や読書、勉強などに使うテーブルとして活用できる。また、デザインも豊富であるため、設置するだけでベッド周りを自分好みのオシャレな空間に仕上げることが可能だ。

2. ベッドサイドチェストの種類

ベッドサイドに合うチェストの種類は豊富にある。ここでは、ベッドサイドにピッタリなチェストの種類を収納タイプ、材質、チェストの底面部分の違いに分けて紹介する。自分に合っているチェストはどのようなものなのか、確認してみてほしい。

収納タイプ

まずはチェストの収納タイプを見ていこう。収納タイプには、大きく分けて「引き出し収納」と「ラック収納」の2種類がある。

・引き出し収納
引き出し収納なら、アクセサリーやリモコンなどの小物類もキレイに収納することが可能だ。引き出しの大きさや数によっては、小物類だけでなくA4サイズの書類なども分けて保管できる。

・ラック収納
引き出しには収納できない、ゴミ箱など大きめな物の収納にピッタリである。引き出しタイプとは違い、収納したものをすぐに取り出すことも可能。また「見せる収納」ができるため、オシャレなインテリアとして活用できる。

材質

チェストの材質には大きく分けて、木製とプラスチック製の2種類がある。それぞれの特徴をみていこう。

・木製
木製のチェストは、木材の種類によって雰囲気が大きく変わる。カラーやデザインも豊富にあるため、北欧系、ヴィンテージ系などさまざまなテイストに合わせることが可能だ。

・プラスチック製
プラスチック製のチェストは、軽量で動かしやすい。木製のものに比べて価格も安く、手軽に入手可能だ。しかし、通気性が悪いため、定期的に引き出しを開けて換気する必要がある。

チェストの底面部分

チェストの底面は、基本的に平らになっているものが多いが、なかには脚付きタイプやキャスター付きタイプもある。ここでは、脚付きタイプとキャスター付きタイプについて紹介する。

・脚付きタイプ
底面に脚が付いているチェストのことだ。底が平らになっている一般的なチェストは、部屋に圧迫感を与えてしまうが、脚付きタイプは軽さを演出でき圧迫感を軽減できる。北欧系のインテリアにも、よく似合うタイプだ。

・キャスター付きタイプ
チェストには、キャスターが付いているものもある。このタイプは簡単に移動できるため、掃除やベッドサイド以外で使用したいときにも便利である。

3. ベッドサイドチェストの選び方

ベッドサイドへの設置にピッタリなチェストにはさまざまな種類があるが、どの種類を選べばよいのかは目的によって異なる。ここでは、ベッドサイドチェストの選び方を解説する。

目的をはっきりさせる

まずは使用する目的をはっきりさせることが大切だ。ベッド周りの小物をスッキリさせたいのなら収納力、インテリアとして利用したいのならデザイン、仕事や読書のためなどに使用したいのなら機能性を重視しよう。

置き場所に合ったサイズを選ぶ

自分の目的に合っていて、かつ部屋の雰囲気にピッタリなチェストであったとしても、すぐに決めると後悔することになるかもしれない。なぜなら、チェストはサイズもさまざまであり、置き場所に合っていないとイメージと違う印象を受けたり、設置しても邪魔になってしまったりする可能性があるからだ。置き場所のサイズを事前に測定しておき、そのサイズに合ったチェストを選ぶようにしよう。

収納力で選ぶ

ベッド周りにあるものをスッキリさせたいという方は、チェストの収納力を重視して選ぼう。引き出しの数や大きさにも種類があるため、収納したいものに合わせて選ぶとよい。リモコンやアクセサリーなどの小物を収納する程度であれば、引き出し3杯程の小ぶりなチェストがおすすめだ。書類なども一緒に収納したいときには、A4サイズの書類が入る大きさかどうか確認するとよい。また、収納したいものがたくさんある方は、たっぷり収納できる幅が広いチェストを選ぶとよいだろう。

高さで選ぶ

ベッドサイドで使用する際は、ベッドとの高さ関係も考える必要がある。一般的に使いやすい高さの目安は、ベッドに寝た状態でチェストの天板に手が届く程度とされている。事前にベッドの高さを測定しておき、ちょうどよい高さのチェストを選べるようにしよう。

デザインで選ぶ

ベッドサイドチェストはデザインも豊富である。オシャレな空間に仕上げたい方は、部屋のテイストに合ったチェストを選ぼう。北欧系であれば、明るめのアースカラーをベースとしたナチュラルな風合いのもの、アジアンテイストにしたい方は濃い茶色系を選ぶとよい。また、チェストの圧迫感を抑えたい方は脚付きチェストを選ぶとよいだろう。

チェストをベッドサイド以外でも使用したい方は、一人で簡単に移動させられるようなキャスター付きがおすすめだ。キャスターにより部屋の雰囲気が壊れてしまうのが心配な方は、キャスターを隠せるタイプを選ぶとよいだろう。

4. ベッドサイドチェストの使い方

ベッドサイドチェストはさまざまな用途に使用できる。工夫次第では、より使い勝手のよいものに変化させることも可能だ。ここでは、ベッドサイドチェストの使い方を紹介する。

小物・書類の収納

寝室で使う携帯やリモコンなどの小物はもちろんのこと、仕事の書類や本などの収納に利用できる。寝る前に読書をすることが多い場合は、ラック収納にすれば簡単に本を出し入れすることが可能だ。

テーブルとして

チェストの天板は、読書やPCを使用する際のテーブルとしても活用できる。照明を設置したり飲み物を置いたりすれば、より使いやすいテーブルに変えられる。また、コンセント付きのチェストを選べば、PCや携帯を充電しながらの使用も可能だ。

雰囲気を変えるインテリアとして

ベッドサイドにチェストを設置するだけで、部屋の雰囲気を変えられる。そのため、収納やテーブルとしてではなく、インテリアとしてチェストを活用する方もいるようだ。チェスト自体が凝ったデザインでなくても、花や写真立てなどを飾るだけでオシャレな印象の空間に変えられるだろう。また、ラック式の収納には部屋のテイストに合ったものを飾ることで、雰囲気を乱さずにより洗練された空間になる。そのため、インテリアにこだわりたい方にも、ぜひ取り入れてほしいアイテムだ。

5. ベッドサイドチェストのおすすめ3選

ベッドサイドチェストには数多くの商品があるため、自分に合ったものを探し出すのは大変かもしれない。ここでは、ベッドサイドにおすすめのチェストを3つ紹介する。自分に合った商品がないかチェックしてみてほしい。

エアリゾームインテリア「ARAIN」

ベッドサイドでの使用にちょうどよいサイズ感のチェストである。チェストの天板には、あらかじめマガジンやリモコンを収納できるスペースが設けられているため、キレイに収納できる。また、大きさの異なる3杯の引き出しがあるため、小物からA4サイズの書類まで分けて保管することも可能だ。天板や引き出し前面には、汚れにくいメラミン樹脂が使用されているため、掃除も楽にできる商品といえるだろう。
商品情報

ヘント「サイドチェスト」

コンパクトなサイズ感で、ベッドサイドの使用にピッタリな商品だ。ヘリンボーンという模様があしらわれており、北欧系・男前・アジアンスタイルなどさまざまなテイストに合わせることができる。ちょっとした小物収納とオシャレなデザインにこだわりを持つ方におすすめな商品だ。
商品情報

箱屋の八代目「ノクトゥルナ2」

部屋の雰囲気を壊さず、かつ掃除の際にも便利な隠れキャスター付きの商品だ。コンセントも2口付いているため、スマホやPCなどの充電に利用できる。また、引き出しとラック型収納の両方を兼ね備えているため、小物や雑誌類などを取り出しやすいように分けて収納することも可能だ。色々なものを収納したい方にはピッタリだろう。

結論

ベッドサイドにチェストを置けば、ベッド周りの小物収納やオシャレなインテリアとして、また読書やPC用のテーブルとしても活用できる。しかし、チェストにはさまざまな種類があるため、選ぶ際には目的をはっきりさせることが重要だ。現在ベッド周りの収納に困っている方は、ベッドサイドにチェストを設置して、寝室を使い勝手のよいオシャレな空間へと変えてみてはいかがだろうか。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ