このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ビデオ撮影の基本とコツを押さえてスキルアップ!おすすめサービスも

ビデオ撮影の基本とコツを押さえてスキルアップ!おすすめサービスも

投稿者:ライター 渡辺恵司 (わたなべけいじ)

2020年7月21日

ビデオ撮影をしても思ったように仕上がらない、構図がイマイチといった悩みを抱えてはいないだろうか?ビデオ撮影のスキルは、基本やコツを押さえるだけで向上する可能性がある。初心者向けの基本やコツを解説するので、ぜひこの機会に身につけよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ビデオ撮影のスキルは基本を知るだけでアップする

ビデオ撮影は、ビデオカメラの電源を入れて録画ボタンを押せば簡単にできる。だが、それが思っていた作品であり見返したくなる作品であるかどうかは話が別だ。納得のいく作品が撮れない方は、まずはビデオ撮影の基本を学ぶところから始めよう。

ビデオ撮影にも基本がある

何ごともそうであるように、ビデオ撮影にも基本がある。たとえ教わらなくても直感的な操作でビデオ撮影はできてしまうが、基本を知っているのと知らないのとでは大きな差が出てくるのだ。

基本とは難しいものではない。初心者の方も「そんなことか」と感じるほどの内容のものがほとんどだろう。逆を言えば、そのほんの少しの差で撮影したビデオのクオリティーが変わってくるということだ。これからその基本やコツをお伝えしていくので、ぜひ習得して「撮影が上手だね」と言われるようになってほしい。

2. 初心者でも簡単にできる!ビデオ撮影の基本とコツ

今日からできる、ビデオ撮影の基本とコツを紹介していく。ただし多すぎると難しく感じてしまう方もいるだろう。ここではごく基本的な部分を、ポイントを絞ってお伝えする。

ビデオ撮影の基本

・撮影中にビデオカメラを動かさない
ビデオ撮影でありがちな失敗は「ブレ」だ。歩きながら撮影をしたりビデオカメラを左右に振ったり、闇雲にズームをしたりするのは控えよう。動き回る被写体には追い回したくなるかもしれないが、フレームアウトしたときは一時停止をしよう。

・ビデオカメラが安定する持ち方と姿勢をとる
ビデオカメラの持ち方や姿勢も大切だ。脇をしっかり締めて腹筋に軽く力を入れ、両手でビデオカメラを持って安定させよう。

・ビデオカメラを水平に保つことを意識する
被写体にばかり目がいってしまうと、いつの間にかカメラが斜めになっていることがある。斜めの映像は画面酔いなどの原因にもなるので、被写体だけでなく地面と水平であるかどうかも意識しよう。

うまく撮影するためのコツ

・ワンカット最低でも4〜5秒、できれば10秒撮影する
数秒でコロコロ切り替わるのもNGだ。何が映っていたのか認識できなかったり、逆にもっと見たいのに切り替わったりしてストレスになることがある。編集することを想定し10秒、少なくとも4〜5秒は撮影するよう心がけよう。

・録画開始時と停止時に余裕を持たせる
録画を開始する際や停止する際、ボタンを押すことでブレが生じる。あとから編集でカットすることを想定し、始めと終わりには3秒ほど余裕を持たせておこう。

・太陽を背にして撮影する
昼間に屋外でビデオ撮影する際は、とくに押さえておきたいコツだ。逆光では被写体の顔が黒くなってしまうなどはっきり映らない。太陽を背にすると覚えておこう。

・場面の移り変わりが分かるカットを撮影しておく
看板や建物の外観などを撮影しておくと、場面の移り変わりが分かりやすい。編集で差し込むことを考えればどのタイミングで撮影しても構わないので、あとから見返したときや初めてその映像を見る方にも分かりやすいように、場面の移り変わりが分かるカットを残しておこう。

・構図を決めてから録画を開始する
写真を撮影するときと同じように構図を決めてからビデオ撮影を開始しよう。たとえば地面と建造物といった構図は「地面1:建造物1.618」が黄金比とされる。同じように、海と空を水平に分割するときは「海2:空1」または空を見せたければ「海1:空2」といった黄金比も存在する。

いずれもごく基本的なものだが、こうした知識を備えておくだけでビデオ撮影のスキルは向上するはずだ。

3. 大切なイベントはビデオ撮影サービスの利用もおすすめ

ビデオ撮影の基本やコツを解説してきた。どれも難しくないので、ぜひ今度ビデオ撮影の機会があったときにでもチャレンジしてみよう。急激なスキルアップは望めなくても、繰り返し意識することで身についていくはずだ。最後に、ビデオ撮影サービスについても触れておこう。

ビデオ撮影サービスの利用もおすすめ

プロの機材で撮影や編集をしてくれるサービスだ。大切なイベントなど失敗できないシーンのビデオ撮影や、カッコよく仕上げたい作品あるいは手の込んだ編集をしたい作品などは、プロの手に委ねるのもよいだろう。その分費用はかかるが、きっと満足のいく作品に仕上げてくれるはずだ。

結論

ビデオ撮影の基本は、ブレを防ぐこととカメラを水平に保つことだ。これを意識するだけでビデオ撮影のスキルはアップする。基本が身についたら、ワンカット長めに撮影したり前後を長めに残したり、太陽を背にしたりといったコツを取り入れてさらなるスキルアップを目指そう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >