このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
蚊取り線香ホルダーが進化中!オシャレなホルダー3選と自作アイデア

蚊取り線香ホルダーが進化中!オシャレなホルダー3選と自作アイデア

投稿者:ライター 渡辺恵司 (わたなべけいじ)

2020年8月 5日

蚊取り線香ホルダーがどんどん進化している。オシャレなものはもちろん、個性的な蚊取り線香ホルダーなども続々登場中だ。選ぶときにチェックしておきたいポイントやおすすめとともに、蚊取り線香ホルダーの自作アイデアも紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. オシャレな蚊取り線香ホルダーが増えている

蚊取り線香といえば円筒状の缶に入っていることが多い。ふたを裏返し、付属のスタンドに蚊取り線香を立てればすぐに使えるように考えられている。もちろんそれでまったく問題はないし、そうしているご家庭も多いだろう。だが今、蚊取り線香ホルダーにこだわる方も増えているのをご存知だろうか?

オシャレな蚊取り線香ホルダーが次々と登場

デザイン性が高く、インテリアとしても十分魅力的な蚊取り線香ホルダーが増えている。とくに素材が豊富なのが大きな特徴だろう。スチールやステンレス、ブリキといったスタンダードな素材から、アイアンや陶器、ガラス、木といった蚊取り線香ホルダーもある。南部鉄器や信楽焼など高級感、重厚感のある商品も販売されている。

探すのが楽しくなるほどデザインも豊富だ。従来の円型や定番の豚型はもちろん、中が見えないポット型、吊り下げるモロッコランプ型などもある。蚊取り線香を立てて使うようにデザインされたホルダーも多い。とにかく、選ぶのが大変なくらいオシャレな蚊取り線香ホルダーが続々と登場しているのだ。純正品でもよいが、せっかくなら今年は市販の蚊取り線香ホルダーでちょっとだけオシャレな夏を過ごしてみてはいかがだろうか?

2. 蚊取り線香ホルダーを選ぶ際のポイント

蚊取り線香ホルダーは種類が多すぎて、選ぶのが大変だ。もちろん好みのデザインであることが大切だが、それだけで選んでしまうと後悔しかねない。次のようなポイントも忘れずに押さえておこう。

素材

お伝えしたように、蚊取り線香ホルダーは素材が豊富にある。お手入れのしやすさや熱伝導性の低さを考慮するなら陶器、耐久性や軽量性を求めるのであればスチールやステンレス、男らしさを重視するならアイアンなどがよいだろう。清涼感やオシャレさならガラス素材もおすすめだ。

サイズ

お使いの蚊取り線香が問題なく入るサイズかどうか、忘れずにチェックしておこう。デザインだけに気を取られてしまうとうっかり見逃してしまうおそれがあるため要注意だ。あるいは、まだ蚊取り線香を購入していないのであればホルダーありきで探すのもよいだろう。

機能性

素材の特徴とサイズを間違えなければ、あとはお好きなデザインの蚊取り線香ホルダーを選ぶだけだが、蚊取り線香ホルダーのちょっとした機能にも目を向けてみよう。たとえば持ち運びができるもの、火消しが付いているものなどもある。とくに後者は、消し忘れによる事故などを減らすのに役立つだろう。

3. この夏におすすめの蚊取り線香ホルダー

続いて、この夏におすすめしたい蚊取り線香ホルダーを紹介する。

TSBBQ「ステンレス蚊とりホルダー」

商品情報
スタイリッシュなステンレス製の蚊取り線香ホルダーだ。腰からぶら下げて持ち運べるため、アウトドアでも活躍してくれるだろう。

Bali Direct「蚊取り線香ホルダー」

涼し気なガラス製の蚊取り線香ホルダーがこちら。夏の蒸し暑さを吹き飛ばしてくれそうな、水色のバリガラスが特徴的だ。
商品情報

E BY ELEMENTS「ミリタリー風 蚊取り線香ホルダー」

アイアン製の箱型の蚊取り線香ホルダーで、男らしい、無骨、タフといった印象を与えてくれる。インテリアとしてもオシャレだ。
商品情報

4. 蚊取り線香ホルダーを自作するには?

蚊取り線香ホルダーを自作する手もある。100均で揃うアイテムで簡単に作れるので、余裕がある方はぜひチャレンジしてみてはいかがだろうか?

蚊取り線香ホルダーの自作アイデア

たとえば、100均で買える缶を蚊取り線香ホルダーにするというのはいかがだろうか?缶の上部を取り外し、同じく100均で手に入る蚊取り線香スタンドをはめ込むだけだ。もちろんサイズが合わなければNGだが、ピッタリはまるサイズがあればあっという間に蚊取り線香ホルダーができあがる。

もしくは、既製品をリメイクする方法もある。市販の蚊取り線香の缶にレンガ調のリメイクシートを貼る、もしくはアクリル絵の具でペイントを施すだけだ。後者の場合、絵の具を塗らない部分はマスキングテープで養生すれば失敗を防げるだろう。仕上げにステンシルシートを貼れば、オリジナルの蚊取り線香ホルダーの完成だ。リメイクシート選びやペイントのスキル、デザインのセンスが求められるが、コストはほとんどかからないので失敗してもダメージは少ないだろう。

結論

蚊取り線香ホルダーはとにかく種類が豊富にある。置いておくだけでインテリアとして機能する蚊取り線香ホルダーも多い。素材やサイズといったポイントを押さえつつ、デザインがお好みの蚊取り線香ホルダーを選ぼう。100均アイテムを使っても簡単に自作できるので、こだわってみたい方はチャレンジしてみてはいかがだろうか。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ