このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ICカードケースを活用しよう!混信を防ぐ便利グッズの選び方

ICカードケースを活用しよう!混信を防ぐ便利グッズの選び方

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年8月30日

電子マネーや交通系カードなど、非接触型ICカードの利用者は年々増加傾向にある。非接触型のICカードは財布などに入れたままでも使えるが、2枚以上持っていると混信することがある。今回は、複数のICカードをまとめて管理するためのICカードケースについて紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. そもそもICカードケースとは?

ICカードを持っているがケースは使ったことがないという方もいるだろう。そもそもICカードケースにはどのような効果があるのだろうか?

ICカードってなに?

ICカードとは集積回路(IC)が組み込まれたカードのことだ。ICカードには接触型、非接触型、ハイブリッド型の3種類がある。接触型はカードリーダーに差し込み、接触して情報を読み取るタイプ。非接触型は微弱な電波を利用し、端末にかざすだけで通信ができるタイプ。ハイブリッド型は接触型と非接触型の機能を両方搭載したタイプである。

ICカードケースの効果

非接触型ICカードは財布などに入れたままでも使用できるため、わざわざケースに入れる必要を感じないかもしれない。しかし、非接触型ICカードは微弱な電波を使用しているため、2枚以上のカードがあると混信してエラーになる可能性がある。カードをケースに入れて分けておけば、混信を防ぎ便利に利用できるだろう。

2. ICカードケースの種類や選び方

ICカードケースにはたくさんの種類があるため、どれを買えばいいのか迷うだろう。次はあなたにぴったりのアイテムが見つかる、ICカードケースの選び方を紹介する。

デザインで選ぶ

カードケースは使用頻度が高く毎日目にするもののため、気に入ったデザインを選ぶことも重要だ。カバンなど他の小物とカラーを合わせたり、かわいいキャラクターものを選んだりすれば、使うのが楽しみになるだろう。

便利機能で選ぶ

ICカードケースにはたくさんの便利機能がある。出し入れしやすいものが良ければ、リール付きやストラップタイプがおすすめだ。また、カード部分に小さなスリットやスライド窓が付いているものは、カードがケースにくっつかず取り出しやすい。よりコンパクトに持ち運びたい方向けにスマホケースに収納できる薄型タイプもある。

収納量で選ぶ

ICカードケースには他のカードも一緒に収納できるものもある。しかし、通常カードの収納数と、ICカードの収納数は別である。ICカードを複数持ちたい方はケースを選ぶ際に「ICカード」が何枚入るかを確認しよう。

3. ICカードケースが反応しない場合の対処法

ICカードをケースに入れていたが、急に反応しなくなった経験はないだろうか?このようなトラブルはICカードが磁気不良となり起こっていることが多い。
磁気不良とはICカードに付いている「磁気ストリップ」が破損する現象であり、これが起こるとICカードの読み込みができなくなる。ケースの中に入れていたとしても、磁気が強いものの近くに置いたり、他のカードと重ねて保管したりすると磁気不良の原因となるため注意しよう。ケース自体も長期間使用すると劣化する。見た目などで劣化を感じたら交換を検討するといいだろう。

4. オシャレなICカードケースの作り方

より個性的なICカードケースが欲しい方はケースを手作りする方法もある。ICカードケースの手作り方法は3つだ。布や端切れから手縫いする方法、既製品をリメイクする方法、オリジナルグッズをデザインする方法だ。
裁縫や手芸が得意な方は布からケースを手作りすると材料費も少なくオシャレなものが作れる。細かい作業が苦手な場合は100円ショップなどのシンプルなICカードケースを購入し、デコレーションするといいだろう。また、最近ではオリジナルグッズを1つから作れるサービスもあるので、ペットやお気に入りの写真を使ってケースをデザインするのもおすすめだ。

結論

今回はICカードケースの効果や選び方などを紹介した。ICカードの磁気不良を防ぎ、快適に使用するためにもICカードケースはおすすめのアイテムだ。カードケースは多くの種類が発売されている上に、手作りすることもできる。毎日使うものだからこそデザインにこだわり、お気に入りのケースを見つけよう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ