このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
タオル掛けをトイレに取り付けたい!種類や使いやすい位置を解説!

タオル掛けをトイレに取り付けたい!種類や使いやすい位置を解説!

投稿者:ライター 藤田幸恵 (ふじたゆきえ)

2020年8月10日

タオル掛けは種類が豊富なので、好みに合わせて多くのものから選べる。だが、種類が多い分、どのタオル掛けがトイレで使いやすいのか、悩む方も多いだろう。そこで、トイレのタオル掛けとしておすすめの種類や取り付け方について徹底解説する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. トイレにおすすめのタオル掛けの種類

トイレに設置するタオル掛けは、種類がとても多いので選ぶのが難しい。大まかなタオル掛けの種類や選び方を紹介する。

形状で分ける

トイレのタオル掛けは、種類によって形状が大きく異なる。主な形状は、リング型・バー型・フック型などである。形状によって、掛けられるタオルの大きさや形が異なる。また、タオル掛けと棚が一体になっているものもある。

素材で分ける

トイレのタオル掛けは素材もさまざまだ。真鍮製・アイアン製・木製・ステンレス製などのタオル掛けがあり、素材によって雰囲気が変わる。

取り付け方で分ける

トイレのタオル掛けは、取り付け方によっても種類分けできる。壁にネジ留めするタイプが多いが、壁に穴を開けられない場合には、吸盤やマグネット、粘着テープで取り付けられるものもある。

2. トイレのタオル掛けを取り付ける位置や高さ

トイレのタオル掛けを購入したあと、悩むのが取り付ける場所である。タオル掛けを取り付けるのに適切な場所は、トイレのタイプによって異なる。

手洗いタンク付トイレ

手洗いタンク付きのトイレの場合、トイレのそばにタオル掛けを取り付けると使いやすい。タンクの手洗いは、床から約90cmの高さにある。タオルの長さを考慮すると、バー型のタオル掛けなら床から120cmほどの高さに取り付けると、手を洗ったあとそのまま水平移動するだけで手を拭くことが可能だ。
リング型のタオル掛けを使用した場合、タオルはタオル掛けを設置した場所よりも下に垂れることになる。このため、リングの直径サイズにあわせて15cmほど高めに取り付けたほうが使いやすくなる。

手洗いが別にあるトイレ

手洗い場が別にある場合、タオル掛けは手洗いの近くに取り付ける。手を洗ったあとの動線を考えて、使いやすい場所を探してみよう。

3. トイレの壁を傷つけないタオル掛けの付け方

賃貸物件では、トイレに備え付けのタオル掛けがないことが多い。タオル掛けがないと不便だが、壁に穴を開けることができないため、ネジ留めのタオル掛けは設置不可能だ。壁を傷つけずにトイレにタオル掛けを取り付けるために、どのような方法があるのだろうか?

吸盤タイプのタオル掛けを使う

トイレのタンクに吸盤タイプのタオル掛けを取り付けて使えば、壁を傷つけずにタオル掛けを設置できる。トイレタンクは表面が滑らかなので、吸盤も取れにくい。

突っ張り棒を使う

トイレの壁に突っ張り棒を取り付ければ、それをタオル掛けとして使える。スペースに余裕があれば、タオルだけでなく掃除アイテムなどの収納としても活用できる。

4. トイレのタオル掛けを収納スペースに活用しよう

トイレに収納スペースが少なくて困っている方には、タオル掛けを収納スペースとして活用することを提案する。
最も簡単な方法は、収納棚付きのタオル掛けを設置することだ。棚に予備のトイレットペーパーや小物を置くことができる。備え付けのバー型タオル掛けに収納棚を装着する方法もある。ニトリで販売されている「タオルバーシェルフスクエア」は、タオル掛けに差し込むだけで棚を設置できる。デッドスペースを活用することで、トイレの収納スペースが増やせて便利だ。

結論

トイレのタオル掛けについて、種類や取り付ける位置などを説明した。トイレのタオル掛けは手洗いのすぐそばに必要なものだ。種類が豊富なので、トイレの雰囲気に合わせて選ぼう。また、使い勝手を考えると、最も大切なのはタオル掛けを取り付ける位置だ。床から約120cmの高さが取り付ける適正な位置だが、タオル掛けの種類によって多少異なる。実際に取り付ける前に、使いやすいかどうかを確認しておこう。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ