このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
スニーカーを部屋にオシャレにディスプレイする方法やアイデアを解説

スニーカーを部屋にオシャレにディスプレイする方法やアイデアを解説

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年8月 9日

こだわりの一足をコレクションしているマニアの方も多い、スニーカー。たくさん集めたそのあとは、「お店のようにオシャレにディスプレイしたい」「部屋に飾って眺めていたい」という願望に駆られるはずだ。そこで今回は、お気に入りのスニーカーを部屋に飾る方法を紹介する。見せる収納と飾らずに保管する方法、飾る前の掃除方法などを解説するのでぜひ参考にしてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. スニーカーを部屋に置くのは汚いの?

インテリアに映えるデザインをしていてもスニーカーとは本来、外履き用のアイテムであり、一度でも履いたものであれば必ず汚れがついてしまう。部屋に飾る場合は、あらかじめ汚れを落として室内を汚さないように注意しよう。汚れを落とすべき箇所や掃除方法は以下の通りだ。

汚れを落とすべき箇所

1.スニーカーの内側と外側
2.ソールの側面
3.アウトソール(地面との接地部分)

部屋に飾る前に簡単に汚れを落とす方法

1.スニーカーの内側に入り込んだ汚れを掻き出し、外側についた汚れをブラシで払い落とす。
2.古歯ブラシや消しゴムなどでソールの側面についた汚れを目立つ箇所だけ簡単に磨く。
3. ウェットティッシュなどでアウトソールの汚れを水拭きする。

ウェットティッシュにはアルコール配合のタイプを使うと、除菌効果を高めることができる。部屋に飾る際は、見た目のおしゃれさだけでなく、こういった衛生面にも気を配ろう。

2. スニーカーを上手に部屋に飾る方法

ゴツくて大きなスニーカーは、オシャレに飾ろうと思っても場所を取ってしまうことがネックになる。そんなときは、部屋の壁に棚を取り付けてオープンに見せるかたちでディスプレイし、スニーカーの魅力をアピールしよう。スニーカーマニアに実践してほしい部屋に飾る場合の具体的な方法は、以下の通りだ。

・部屋の壁に棚を取り付ける
・棚付きのシューズラックにディスプレイする
・柱を2本立て、その間に棚を取り付ける

3. スニーカーマニアの部屋を真似してみよう

上記でご紹介したアイデアを踏まえて、ここではスニーカーのコレクターの方々が実践している収納方法を解説する。部屋のインテリアやスペース、持っているスニーカーの数などから自分に合う方法を取り入れよう。

カラーボックス

大きなスニーカーは、カラーボックスに一足ずつ保管して縦に収納する。幅40×奥行30×高さ170cm程度の6段タイプであればたくさんの量がスッキリと片付き、使用する際も余裕を持って出し入れできる。

ワイヤーネット

壁にワイヤーネットを取り付けて、ワイヤー同士を専用バンドで固定する。片側一足につき、スニーカーを支えるフックをソウルの前後の合計2箇所に設置すれば飾り棚の完成だ。部屋の中や廊下など、場所を選ばずに飾ることができる。

突っ張り棒式のシューズラック

「飾り棚のDIYは苦手!」という方におすすめなのが、突っ張り棒式のシューズラック。縦に突っ張るだけで、スニーカーをスタイリッシュに飾ることができる。一足ずつ縦に飾るものからワイドサイズまでさまざまなタイプがあるので、部屋の空きスペースに合わせて商品を選びやすい。

ラブリコなどのDIYグッズ

柱を2本立て、ラブリコ(DIYパーツブランド)などのグッズで上下を固定する。柱と柱の間に棚を設置すれば、スニーカーの飾り棚ができあがる。壁に穴を開ける必要がないので、賃貸にお住まいの方にもおすすめだ。

ウォールシェルフ

壁にウォールシェルフを取り付ければ、スニーカーの飾り棚として活用できる。木製のものからステンレス製までさまざまなタイプがあるので、好みに合わせて選ぶとよいだろう。

4. スニーカーを部屋に飾らない収納方法

見せるタイプの収納方法は上記でお伝えした通りだ。ここでは、「スニーカーを見せないで部屋をスッキリさせたい」「スニーカーにホコリが溜まるのがイヤ」という方のために、見せないタイプの保管方法を紹介する。

箱に入れたまま保管する

スニーカーマニアの方であれば、購入したときの箱を大切に保管している人もいるはずだ。使わないまま置いておくのではなく、箱はスニーカーの保管場所として有効活用しよう。箱の側面にスニーカーの写真を貼っておけば、どの箱にどのスニーカーが入っているのかが一目で分かる。縦に積むと、よりたくさんの量を収納できる。

目隠しカーテン付きシューズラック

部屋をスッキリと見せたいときは、目隠しカーテン付きのシューズラックがおすすめだ。ラック全体をカーテンで覆うようにして目隠しできるので、部屋のインテリア性を損ねる心配もいらない。

扉付きのカラーボックス

扉付きのカラーボックスは、見せない収納アイテムとして外せない。縦横のサイズ展開やカラー、デザインなどが豊富なので、見た目や使い勝手にこだわって商品を選ぶことができる。

結論

やっと手に入れたお気に入りのスニーカー。コレクターとしては、ただ集めるだけでなく収納方法やディスプレイにもこだわりがあるはずだ。今回は見せるタイプと見せないタイプをご紹介した。これら2通りの収納方法をうまく取り入れて、スニーカーライフをさらにエンジョイしよう。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ